いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

金曜日の夜に仕事頼んだり、週末に仕事の連絡したりするのは法律で禁止しよう

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191206232647j:plain

世の中は働き方改革をしようぜ!!という流れになっておりまして、とにかく会社から早く帰ろうという運動が繰り広げられています。某コンサル会社の知人が「以前は会社で寝ている人が多かったが、今はみんなすぐに帰る」と行ってました。

会社がとにかく厳しく残業を管理しているらしく、厳しく取り締まっているようです。この残業は別に悪いことではなくて、残業したい人もいるわけですよね。中には残業手当を含めて生活費を計算している人もいました。

それはそもそも基本給が安すぎるのだという批判はもっともです。ただ時間外でも働いてお金ほしいという人もいます。そういうのも一律カットしていきますので、副業が推奨されるわけですね。気づけばトータルの労働時間は長くなるなんていうこともあります。

「何のための働き方改革だ!!」と叫んでも始まらないので、我々はただひたすら副業をするわけです。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

働き方改革はサービスの低下を受け入れること

しかし、今回話したいことはそんなことではありません。今、これだけ働き方改革だと言っているのにも関わらず、他人の働き方改革については全く意識が無い人が多いのです。働き方改革は自分の働き方を変えるだけでなく、人の働き方が変わることを受けいれて初めて成立するものです。 

つまりこれまで受けていたサービスが受けられない可能性も受け入れないとダメなんだぞということなんですよ。簡単に言うとコンビニが24時間でなくなることもあるということです。そうしたことも受けれいていく必要があるんですよね。

なんか「働き方改革大切だから」となって、よく分からずに行われてませんかね。その一方で、副業推奨していたら、働く時間変わらないんですけどね。自分の働き方だけでなく、他人の働き方も受け入れるのです。

金曜日に頼んで月曜日の朝は無いだろう

なんでこんな話をしているかというと、金曜日に頼んで「月曜日の朝までにお願いします」みたいなメール未だにあるんですよ。「なるはやでお願いします」とか「なんだそのメールは!!」「なるはやっていつまでだ!!」となるわけですね。

「なるはや」が明日だと、企業としてもさすがにマズいわけですよ。「なるはやはなるはやだ」と言って、「勝手に週末に仕事して納品してきた」みたいにしたいわけです。こういうのズルい手段ですよね。

あと金曜日にメールしてきて「今日中にお願いします」というやつね。いやいや、今日中って今何時ですか?となるわけですよ。「今日中にお願いします」メールを彼らは帰るときに送ってくるんですね。だから時間が遅いわけです。

我々の働き方改革はどうなったの?と思うわけですが、そんなことを考えてないんですね。しかも帰ってるんです。「ちょっと待て、帰るんだったら今日でなくても良いよね」と思いますよね。だって確認できないわけですから。

でも今日中って言うんです。「無理なら月曜日の朝までで良いです」って、あのさあ、同じよ、それ。結局、休みの間も仕事するわけですよ。あなたが遊んでいる時も仕事すんですよ。

 

残業している社員を監視するのではなく、残業させる企業を取り締まれ

これらの取引先とは縁を切るのが一番で、自分たちはもう付き合わなくなったのですが、そんなことを人に強いる会社はつぶれるか、法律で取り締まるしかないです。こういう人たちのせいで働き方改革が進まないこともあると思うよ。

働き方改革ができるのは、こうした取引先がいないことが条件ですよね。「いや、そんな取引先がいても大丈夫だ」という人もいるかもしれません。我々は定時に帰っていると。しかし、です。中には家に持ち帰って仕事をしている人もいるんですよ。

そうした企業のおかげで週末を家で仕事している人がいるわけです。金曜日に頼まれて、まあ仕方がないと仕事している人もいます。それは残業代出てないですよね。そっちの方が問題ではないですか。

週末は社員間のメールもLINEも禁止にしよう

それで今、金曜日の夜に仕事を頼んでくる例を挙げましたけど、今は便利な世の中で、週末も社員と連絡取れるんですよね。だから週末に連絡して、仕事頼む人もいるんですよ。アホですね、これ。頼まれたら断れないでしょうよ。

「今年はフレックスタイムとリモートワークを導入しました。水曜日はオフィスを午後5時半に閉め、金曜日の午後8時から月曜日の朝7時まで電子メールの送受信は絶対禁止。休日にはしっかり休んでほしいのです。生産性を上げるにはオンとオフでメリハリをつけないと」

「週末はメール禁止」エスティローダー流の働き方改革|女性|NIKKEI STYLE

アメリカの会社の話ですが、生産性をあげるにはオンとオフのメリハリが必要なんだぞ!!こうした連絡も取ってはダメです。これも法律で禁止!!週末LINEやメールで社員と連絡取ったらスマホは取り上げます!!

 

まとめ

皆さんの会社はどうですか?金曜日の夜に仕事頼んだり、週末に仕事の連絡が来たりしませんか。そういうの何とかしないと、働き方改革ってただ働く場所が変わっただけで終わると思うんですよね。しかも会社だと残業代出るのに、家だから出ないとかどういうこと?となります。

もうねえ、金曜日なんて働いてはダメです。世界のエリートは金曜日の夜に働かないらしいよ。

私がかつて働いていたグローバルファームでは、1週間のうち、オフィスから人がいなくなる時間帯がありました。それは金曜日の夜です。連日遅くまで働いている人たちも、金曜日になると仕事を早めに切り上げて帰る人が多いのです。

彼らにとって、金曜日の夜は週末の一部です。その時間にオフィスに残って仕事をしていると、緊急性の高い仕事を除いて、オン・オフの切り替えが苦手なワーカホリックな人に見えかねません。

仕事は、つねに目の前にあるもので、すべてを片付けようとしても無理があり、キリがありません。そのため、意識的に自分の仕事を切り上げて、オフィスを早目に出るようにしないと、気分転換はできないものです。

世界のエリートは"金曜日の夜"に働かない やるときはやり、休むときは休む | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

みんな大好きな世界の基準です。みんな、金曜日の仕事を断ろう。

(※この記事は金曜日の夜0時に書きあがりました)

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu