いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

大学は出ているはずですが…大卒でもダメな人の特徴とは

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200113085854j:plain

最近、「大学は行かなくていい」という人もいて、そうした意見を信じて大学へ行かなかったり、大学を中退してしまったりする人もいます。しかし実際には、大学でしっかりと学ぶかどうかでその後の社会人人生は大きく変わります。

では大卒なのにダメな人はどんな人でしょうか。この記事ではその特徴を3つ紹介します。また大卒なのに、ダメな人の特徴に当てはまってしまったあなたには、そんなダメな人からの脱出方法も紹介しますよ。

大学でこれから学ぶ人は以下の記事を参考にしてください。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

 

大卒なのにダメな人の特徴

大卒なのにダメな人の特徴としては、次の3つが考えられます。これら3つの条件にすべて当てはまっている人は、会社でダメな大卒と言われているかもしれません。

1.アルバイトやサークルに一生懸命だった人

大学に入るとほとんどの人がアルバイトをはじめます。生活が大変で、アルバイトをしなければ大学に通えないという方もいたはずです。そういう方の場合は、大学に通う目的がはっきりしているので、アルバイトをしながらも勉強していたのです。

しかし大学で勉強することよりも、アルバイトが楽しくなってしまうという方もいます。アルバイトが楽しくなると、学校に行くよりもアルバイトに行く時間の方が増えていき、やがて大学にはほとんどいかなくなるのです。

またアルバイトと並んで、大学生が力を入れることが多いのがサークルです。たしかにサークル活動は楽しいわけで、サークル活動に力を入れてきたから、大卒者としてダメであるということはありません。

アルバイトと同じように、サークル活動しかやらなくなってしまうことが問題なのです。サークル活動には出てくるのに、大学の授業には出てこないという方もいます。

このようにアルバイトやサークル活動に時間を費やしすぎると、当然ではありますが勉強する時間は少なくなります。勉強する時間が少ないわけですから、他の大学生に比べて学力が低くなることは否定できません。

そのため大卒なのに、こんなことも知らないのかと言われてしまうこともあります。そのためアルバイトやサークル活動にばかり力を入れていた人は、ダメな大卒者と言われてしまうことが多いのです。

2.人脈作りに一生懸命だった人

大学に行くといろいろな人と知り合って人脈を作りたいという人がいます。人脈を作るために、他の大学生が参加するパーティーに出席したり、いろいろな会社の開くイベントなどに参加したりします。

他の大学生や企業の方と知り合うことが、決して悪いことではありません。しかし問題なのは、人脈を作ることが大学生活の目的になってしまうことです。本来人脈というのは、自分が必要とされる人間であるからこそ作れるものです。自分が必要だから人脈が欲しいと言って、よい人脈が築けるわけではありません。

しかし人脈の作り方を勘違いして、間違った人脈作りばかりをしていたら、自分の能力はどんどん下がっていきます。そしてよい人脈は作れないという結論になるわけです。人脈も作れず、能力も上がっていないというのがダメな大卒者の特徴なのです。

3.本を読まなかった人

大学時代にしなければいけなかったことの1つに、本をしっかりと読むということがあげられます。社会人になるとよくわかるのですが、本を読む時間は思った以上にありません。

大学時代に本をたくさん読んで勉強していけば、それだけ社会に出て有利になります。そのため大学時代に本をほとんど読まなかったという人は、大卒者であっても大卒者の知識を持っているわけではありません。本を読まなかった人もダメな大卒者だと言われてしまいます。

 

今からでも間に合う!ダメな大卒者からはこうやって脱出しよう

ダメな大卒者の条件を3つ述べましたが、この条件に当てはまった人は、ずっとダメなままというわけではありません。ダメだと気づいただけで一歩前進です。もう過ぎてしまったことは仕方がないので、今からダメな大卒者から脱出する努力をしていけばよいのです。

ダメな大卒者を脱するためには、大学で一生懸命勉強してきた人と同じことを社会人になった今、するしかありません。つまり勉強をしっかりするということです。勉強するといっても、これから大学に通うことはできません。

そこでまず本屋や図書館に行ってみましょう。本屋や図書館で面白そうな本を見つけて、ぜひ読んでください。読書の習慣を身につけるためにも、毎日決まった時間を読書に当ててみてください。習慣化することで、継続的に本を読めるようになります。

また社会人は、休日をどのように利用するかがとても大切です。休日に努力することで、ダメな大卒者からの脱出ができるようになります。休みの日には、本を読んだり、勉強したりしてみましょう。またセミナーや講演会などに出かけて積極的に勉強するのもよいでしょう。

 

まとめ

ここまで大卒でもダメな人の特徴と、そうしたダメな人からの脱出方法について説明してきました。社会人になってみると、大学時代になんでもっと勉強しなかったんだと思うこともあるでしょう。

しかし勉強するのは、今からでも遅くはありません。もしダメな大卒者に当てはまってしまった人は、今からでも努力して、優秀な大卒者になって、会社にも社会にも評価される人間になりましょう。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu