いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

ツイッターで出会う人たちと作る異質な空間

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191224095322j:plain

忘年会シーズン、みなさんはどのようにお過ごしでしょうか。私は忘年会はほとんど参加せず、自社の忘年会もなんとか開催している状況です。社員の皆様は強制参加ではありませんので、当日、欠席の方もいます。

人数少ないのに当日欠席ということで、忘年会としての体を成していないのではないかとは思いますが、そんな緩いところがあっても良いでしょう。

そんな話は置いておいて、昨日はツイッターの皆様の飲み会に2次会から参加してきました。参加者の皆様は以下の方々です。

米陀さん

trends-mania.xyz

ネコさん

nekosanlife.com

マサさん

masaaki.blog

このお馴染み?のメンバーでの会でしたが、アフィリエイトやブログの話はほぼなく、他の話で盛り上がったのであります。

 

ツイッターでなければ出会うことが無い人々

ツイッターが面白いのは普段では会うことが無い人たちと会えるところですね。もちろん、ツイッターだけの世界で十分間に合うわけで、わざわざ会う必要はないという意見もありますが、実際に会うと普段とは違った感覚に襲われます。

忘年会含め、飲み会というのはすでに知っている人と飲むことが多く、仕事の延長でしかありません。初めての方とお会いしても、名刺交換から始まり、「どんなビジネスをされてるんですか?」「へえーすごいですね」みたな話になるわけですね。

「すごく興味があるので今度伺います」と言って、来る人は本当に少ない。連絡しても「もう少ししたら伺います」っていつなの?となるわけですね。

 

www.gerge0725.work

合コンとか、仕事の延長ではない出会いもあるのでしょうが、そういうことやる立場ではありません。私、既婚者ですから。モテコンサルは既婚者もモテろ!!というでしょうけど、私には興味がありません。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

一方、ツイッターは匿名でやっているのもあるので、仕事の延長で付き合わない。仕事の内容を説明しても鼻をほじって聞いている感じです。まともに聞いてないのです。

f:id:gerge0725:20191224100831j:plain

でも女性同士は女子会なるものがあって、仕事以外の会話があるのかもしれないですが、男同士って男子会みたいなのないんですよね。すぐに仕事の話になってしまいます。あるとしたら「奥さんとうまくいかない」という愚痴でしょうか(笑)。

そうした会話もたまにはいいのですが、すぐにお腹いっぱいになりますよね。もっとくだらないモテコンサルの話や有料noteの話で盛り上がるのが良いではないですか。実に生産性がない。実にくだらないのです。 

 

くだらない話ができる異質な空間がないかもしれない

自分は仕事をしながらもnote書いたり、ツイッターやったりくだらない時間を確保しようとしておりますが、それでも仕事しながらくだらない時間を確保しようとするので、くだらない時間は少なくなってしまいます。

マサさんに「最近、ツイッター出没率が低い」と言われたのは、大変な反省材料です。それはくだらないことができる余裕がないということを意味しています。「そんなくだらないことをやらないで仕事しろ!!」というのは一見すると正しい意見ですが、仕事はほとんどがくだらないところからスタートしていると思うのです。

特に事業をやっていると「それ、実にくだらない」ということが受けることがあるんですね。先ほども言いましたけど、「くだらないことをやる」=「仕事ではない」と思っている人が多い中で、「くだらないことをやる」=「仕事にする」とやっていくと差別化にもなります。

そうはいっても日常の業務が増えていくと、そうしたくだらない時間は減ってしまいます。強制的に仕事を断ち切ってくだらない時間を確保することがとても大切。そうです、飲み会は仕事しながらできないですから、こうした「異質な空間」は確保すべきものなのです。

仕事を考えた場合、仕事を徹底する人は多いのですが、くだらないことを徹底することが少なくなったなと最近、感じるのです。先ほども書きましたけど、どこか仕事の付き合いみたいになってしまう。

ツイッターでの出会いは、こうしたくだらないことを徹底できる「異質の空間」て提供してくれていると思います。だからよく分からないけどリアルで会うのが楽しいと思えます。こういう時間は人生の中で確保すべきものだと改めて感じましたね。

SNSは変な人もいるので会う時は注意も必要

ツイッターで出会った人と異質な空間へGO!!」となるわけですが、世の中には悪い人がたくさんいますので、そうした人たちにリアルな世界で会ってしまう場合もあります。そのため、変な人と会わないように注意すべきです。

といってもツイッター上で良いこと言っていても、実際に会うと最低な奴もいますので、気を付けようがないわけですが、これはリアルに出会う人でも同じですよね。そのため防衛手段としては、複数が参加する飲み会に参加すること、セミナーなど大勢が参加しているところで出会うこと、フォロワーを確認することなどが上げられます。

ひとりで会うというのは危険を伴いますので、やめた方が良いでしょう。あとしばらく観察していると最初の印象と周りの評価が違うこともあるので、観察していくのは良いですね。

そうは言っても変な人に会ったら、その次は会わなければいいだけでもあるので、上記ルールを守っていれば、そこまで危険な人に会うことは無いと思います。

 

まとめ

昨日は途中からの参加でしたが、次は新年会もやらないといかんです。くだらない新年会ね。その時までにツイッターでもネタを確保しつつ、くだらない空間を楽しめるようにして行こうと思います。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu