いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

東京一極集中は変わらない?田舎から東京へ出てくること

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190822211409j:plain

皆さんは東京生まれ東京育ちですか。それとも地方で生まれて東京へ出てきたのでしょうか。私は地方で生まれて首都圏に出てきました。東京には住んでいませんが、東京で仕事をしています。
私が田舎暮らしが嫌で東京へ出てきた過程は以下の記事に書いています。田舎の雰囲気が好きではないんですよね、私は。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

    

    スポンサードリンク 

 

東京へ向かう若者が多いのはなぜか

 市民に「よそに出ていかないで」とお願いするのではなく、妥協しないキャリア選択をしたうえでも選ばれる自治体になることだ。移住者には「うちの街に来て何をしてくれるのか?」と問うのではなく、来てくれた移住者が持っているポテンシャルを発揮させてあげられるようにサポートできる自治体・地域になることである。

 自治体・地域の目線で施策を行うのではなく、今いる市民、移住検討者の目線から施策を作るには、これまでの中央集権的な補助金パッケージモデルでは決してうまくいかない。

newswitch.jp

田舎から東京へ行く人たちが多いのは、今の政策が自治体の存続のために行われているとのことです。つまり、そこに住んでいる人のための政策になっていないのです。それでは田舎から若者は出ていってしまうのは当然です。

確かに田舎を捨てて東京で働いている身としては、田舎での生活がイメージできません。まず何をして働くのかということです。田舎の就職状況は悲惨です。少なくとも私の田舎は景気が良いなどとは感じられません。

会社の売上が上がらないため、給料が上がらないだけでなく、人も雇えない状況が続いでいます。特に製造業は悲惨で、景気のいい話はほとんど聞きません。私の弟が勤めている会社は人が雇えない状況が続いて、社員である弟は残業ばかりとなり、ついに精神を病んで休職することになりました。未だに復帰のめどは立っていません。

まずは働けること、そのためには企業が元気になること、そしてそこに住んでいる人が幸せに暮らせるということが必要です。

東京一極集中は罪か

さてそうは言っても、東京に集中することはそれほど罪なことなのかとは思うんですよね。ある意味、それは仕方がないことです。これだけ魅力的な場所なわけですし、仕事もあるわけですから、東京で働きたいと思うのは当然です。また以下のような指摘もされています。

ライターの速水健郎氏は、著書『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』で、興味深い事例を紹介している。

インターネット広告代理店業である(株)サイバーエージェントは、オフィスから2駅以内に住む社員に3万円の補助を出すという制度(2駅ルール)を2005年ごろに導入した結果、社内コミュニケーションの活発化等予想外にメリットは大きく、この成功を見て、多くのITベンチャーが制度として導入していったという。情報技術を扱い、遠隔地で仕事ができるような環境にある会社ほど都心にオフィスを構え、従業員は会社の近くに住むという一種の逆転現象がこの日本でも確かに起きている。

さらに速水氏は、経済学者のエドワード・グレイザーの説を引用して、情報テクノロジーの発達が、むしろ人と人の間の直接的なコンタクトの需要を生んでいると述べる。すなわち、FacebookTwitterを通じたコミュニケーションは、実際に人と人とが対面して会う時間、人間関係の重要性を高めており、そこで深まった関係性が、リアルな現実の場で以前よりも強化/補完されるという

東京への人口一極集中の必然とメリットを理解すべき時が来ている | ハフポスト

どこかの界隈の人が「山奥でも仕事ができるぜ」みたいなことを言っていましたが、そうではなくて、こうしたツールが発展することで、対面でのコミュニケーションが必要になってくるわけです。

確かにこれまでは出会うことが無かった人がSNSで出会うようになれば、会いましょうとなりますよね。こうしたツールが無ければ知り合わなかった人と知り合えるわけですから、出会いの可能性が広がったわけです。私もこの前素敵な飲み会をしてしまいました。

 

www.gerge0725.work

 

中川さんがこのように言っていますけど、これが真実だと思うんですよね。自分も仕事ができているのは東京の近くに住んでいるからです。今の仕事を地方でやろうと思ってもできません。そしてビジネスとして成立しないのです。

 

「東京に住むのは高い」は幻想?

それでよく「東京に住むの高いよね」とまだ「東京で消耗しているの?」なんて本を書いた人がいましたが、今はその著者が地方で消耗しているわけですね。東京が嫌いだと言いつつ東京で出稼ぎしている時もあります。

 

東京で生活している方の真実がここにあるわけです。そして私のように神奈川県に住んでいれば家賃もそこまで高くはありません。そして教育レベルは高いし、仕事はあるし、こんなに良い所は無いと思います。 

まとめ

このように東京一極集中は弊害も指摘されているものの、現状として集中せざるを得ない状況になっています。そして住んでいても楽しいわけですよ。なぜ東京を離れないといけないのか。田舎が目指すべきところは田舎の良さではなく、東京の良さを真似ることのなのかもしれません。

 

東京に出たいならまず賃貸物件を検索してみよう!

東京で一人暮らしをするためには部屋が必要になります。家賃は削ることができない固定費ですので、とても重要です。それを基準に生活費を考える必要があります。まず家賃がどれくらいかかるのか、家賃が安い地域はないのか、物件を検索することをおすすめします。 

賃貸物件の検索はこちらから