いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

子どもたちの誕生日にゲーム機を購入!購入したゲーム機はこれだ

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190815211852j:plain

スイッチをついに購入しました。ずっと長男が欲しいと言っていましたが、高いのですよね、高い。どうしましょうと考えていましたが、私の弟たちが買ってくれました。大感謝です。息子は寝るときに「夢じゃないよね」とかなり喜んでいました。

しかし、スイッチを買うにあたりいくつか気になることや約束事があります。それはそもそもゲームを買って大丈夫なの?ということとしっかり約束を守って使えるの?という話なんですよね。今回はそんなお話しです。

 

そもそもスイッチで良いの?

スイッチを購入したいとなった時に長男がスイッチを買いたいという理由は以下のものです。

1.友達が持っているから

友達が持っているという理由はとても大きいですよね。友達と一緒に遊びたいと思うのが普通です。それが大きな理由で、他の理由はそんなになさそうです。そもそもスイッチがあるというのも友達経由で知っているわけですからね。

2.妖怪ウォッチのゲームが出るから

妖怪ウォッチのゲームをやりたいというのも理由の一つです。結局そのゲームを買ったのですが、そのゲームで楽しく遊んでおります。ロールプレイングゲームのようで、なかなか難しいようですが、あれこれと質問してくるので、いっしょにやっている感じはありますね(笑)。

それで子どもが買う理由はそれでいいのですが、スイッチ以外にもゲーム機はありますよね。DSとかプレイステーションとかありますよね。Wiiもありますね。今だとプライステーションは考えてみたのですが、ゲームが難しいです。大人は良いかもしれないですが、私はゲームしないんですよね。妻もしないです。

それで友達と遊びたいのにプレイステーションでは友達と遊べないです。それでは意味がないので、買うならスイッチ一択になったわけです。

あと斗比主さんの以下の記事を読んで、スイッチが良いなと思いました。

我が家のSwitchとの付き合い方はこんな感じでしょうか。友達との話題の一つにもなっているし、ゲームをしたくてしたくて日常生活を過ごせなくなるようなことは起きていないし、何よりゲームをしているときの子どもたちの反応を見ているのは超楽しいので、Switchがあって嫌だとは私は思っていません。

「テレビゲームは子どもが何年生から与えるべきか?」に答えは持たないけれど、今のゲームの素晴らしさを我が子には体験して欲しい! - 斗比主閲子の姑日記

ゲームしていて大丈夫なの?

ゲームを購入するというのはどこでも抵抗がありますよね。勉強の対極に位置するのがゲームだと思われているかもしれないです。ただ脳にも良いという研究も出ているので、ゲームを禁止することよりも約束を守ってゲームを楽しんだ方が良いと思うんですよね。

週に5時間のアクションゲームで学習能力がアップすることが判明! | バズプラスニュース

あと以下のような本も出ていて、ゲームにはいろいろな可能性があると思うんですよね。あとはマインクラフトはすでにやっています。こちらはipadでやっているわけですが、結構飽きずにやっているわけです。そして凄いものが出てきています。

 

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る

 

マインクラフトに関しては本を買って調べることも多いです。そして4歳の次男も楽しく遊んでいるんですよね。4歳の次男もマインクラフトの本が欲しいというので買ってあげたのですが、字は読めません(笑)。

 

マインクラフト 超ワザ800+α 究極コレクション(レッドストーン建築・コマンドもまるごとわかる!)

マインクラフト 超ワザ800+α 究極コレクション(レッドストーン建築・コマンドもまるごとわかる!)

 
Nintendo Switchで遊ぶ! マインクラフト最強攻略バイブル

Nintendo Switchで遊ぶ! マインクラフト最強攻略バイブル

 
マインクラフト建築ガイド: 絶対つくれる設計図つき (Gakken Computer Mook)

マインクラフト建築ガイド: 絶対つくれる設計図つき (Gakken Computer Mook)

 

自分も子どもの時にゲームしていました。それなのにゲームをさせないというのはおかしいですよね。それに自分はそんなにはまりませんでした。それよりもやりたいことをさせない方が問題かなと思ったんですよね。

 

ルールを守ってゲームできるの?

それで結局、自分でルールを守ってゲームをできるかが重要なんですよね。宿題や勉強などやることをしっかりやる、時間を決めてゲームをするという単純な約束なのですが、マインクラフトも同じようにできているのですから、そんなに問題はないかなと思っています。

今はまだ小学校2年生なので、ある意味素直です。4歳の次男の方が意外にダメなのですが(笑)、ゲームする時間とそれ以外の時間をしっかりと分けていくことはとても大事かなと思います。

周りにも大人であるのに、ゲームにはまっている人がいます。なぜそうなるのかと思って考えてみると、それまで自分で決めてこなかったのかなと思うんですよね。自分で決めて自分で守るということをやってきていれば、大人になって急にゲームばかりするようにはならないのかなと思うのです。

また人間関係で挫折する人も多いのです。私の身近にも人間関係がうまくいかずにゲームに熱中している子もいます。こちらはスイッチではありませんが、ネットゲームやスマホゲームをやるとなった時には注意が必要です。

そもそも依存症になりやすい傾向や、勉強や友だち関係で挫折するなど、子どもの側にも問題があると思う人もいるのかもしれない。

子供をスマホゲー依存から守るために、親に伝えたい3つのアドバイス(鈴木 優) | 現代ビジネス | 講談社(3/3)

やはり約束が重要ですよね。それはどのゲームでも同じです。こうした問題は将来起こるかもしれませんが、そうならないように今から準備が必要ですね。

子どものスマホゲーム依存症を防ぐには、最初にスマホを与えるときから使い方や使用時間についてきちんと約束を決めて、子どもがスマホで何をしているかに常に注意を払い、問題が起きそうな兆しが少しでもあれば、すぐに子どもと話し合うことが親の務めではないだろうか。

まとめ

スイッチを購入して見たという話ですが、今のところ、ルールを守りながらゲームができているようです。これから大きくなると分からないのですが、自分でルールを決めて、しっかりと守っていけるようになってほしいなと思います。