いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

ストイックな生活がビジネスに良い効果をもたらすかもしれない

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191024224733j:plain

 

皆さん、筋トレはされていますか。今、筋トレやっている人が多いです。筋トレでなくても良いです。ジムに通っている人は意外といるんですよね。それは24時間通えるジムが増えたというのがあるのかもしれません。

私もかつてジムに通っていました。子どもが生まれる前です。子どもが生まれる前は比較的自由で、体を鍛える目的で通っていました。水泳もやってましたね。しかもフリーランスだったので、日中から通えたわけですね。お年寄りばかりなり。

ただこうしたジム通いは続かないのが悪いところなのですが、途中で行かなくなってしまいまして、辞めてしまいました。それからは行っていません。今は子育ても仕事も大変なので、とてもジムに行く時間なんてないです。あのころは良かったな―。

そんな過去を懐かしんでいても仕方がないことです。それで今回、ジムの話を書こうと思ったのはゆきにー (id:yuki_2021)さんの以下の記事を読んだからです。

「筋トレは必ず人生を成功に導く」(Testosterone著)を読んだ。 - 超メモ帳(Web式)@復活

そこでこのような記述があります。今回はこのストイックとビジネスについての話です。

こういう毎日修行みたいなストイックな生活を送り続けていると、ビジネスにおいて必要な自己抑制の精神なんかは筋トレであっさりと身についてしまいます。

 「筋トレは必ず人生を成功に導く」(Testosterone著)を読んだ。 - 超メモ帳(Web式)@復活

ストイックな生活とはどんな生活か

ストイックな生活とは人によっていろいろと違うわけですが、ある程度我慢をする生活ではあるんですよね。我慢ってそんなに日常的にあるわけではないので、意識的に作り出す必要があります。

それはスポーツで行っている人が多いんですよね。筋トレもそうですし、マラソントライアスロンもそうです。楽な道は目の前に常に用意されていて、それを選択しないということで、ストイックな生活を維持するわけです。

そんなことをわざわざする必要もないし、そんなことをしてもお金は儲からないと思うかもしれませんが、ビジネス界を見ていると、スポーツだけではなく、ストイックな生活をしている人が多いです。食事制限、睡眠を削るなど。自分の知人の社長はトライアスロンをやっています。

ストイックな生活とビジネスの関係

「孫さんが口酸っぱく言うのは、『圧倒的なナンバーワンになれ』ということ。部下にはとにかく1番になることを命じます。かつてソフトバンクのCMにSMAPを起用したのも、彼らが芸能界のナンバーワンだったから。孫さんは普通のお金持ちと違って、車や酒、女性などには全く興味を持ちません。1番になるために、わき目もふらず邁進するんです」(全国紙経済部記者)

日本一の大富豪・孫正義氏 行動原理は「とにかく1番」|NEWSポストセブン

ソフトバンクの孫さんについて書かれた記事ですが、1番になるためにわき目もふらずに仕事していくわけです。これが凄いわけですね。つまり日常そのものがストイックなのです。知人の社長はスポーツでストイックさを実現しようとしていますが、孫さんレベルは日常がストイックなんですね…。

いずれにせよ、こうしたストイックな生活をスポーツなのか、日常なのかに取り入れることは精神的にプラスの面をもたらします。ビジネスの世界は勝負の世界です。ストイックでないと勝ちきれないと思うんですよね。

あらゆることに耐えてこそ、利益というボーナスがもらえるという勝手なイメージを自分は持っているので、私もなるべくストイックな生活を心がけるようにしています。もちろんスポーツではありません。

運動をしない私が実践しているストイックな生活

それで私が実践しているストイックな生活方法は食事制限です。基本的には一日一食を心掛けています。もちろん付き合いなどもあるので、たまに2食になるのですが、基本は昼ご飯のみの生活をしています。

一日一食が体にいいのかどうかは議論が分かれるところなので、健康的になるからおすすめするというわけではありません。ただ減量はできます。私はだいたい7キロぐらい痩せました。

ビジネスをしているとストレスは食事やアルコールに出ることが多いんですよね。私もそれが出てしまいました。食べる方に出てしまったので、太ったんですよね。これではダメだと思ったのですが、なかなかコントロールできないんです。

ストレスそのものを無くせばいいと言えますが、仕事していたらストレスは無くならないわけです。そこで考えたのが食べない。食べられると思うから、食べてしまうんですよね。だから食べないと決めたのです。

食べないのは結構ストイックです。その代わり昼はしっかり食べます。何か我慢することでご褒美があるのではないかと思ってやっているわけですが、それがどれほどのご褒美をもたらしているのかは分かりません(笑)。

まとめ

ここまでストイックな生活とビジネスについて書いてきましたが、気持ち的に良い効果があるであろうということで、実際にあったかどうかは分かりません。しかし、ビジネスに対する感覚は研ぎ澄まされているのかなと思います。それも今後のビジネスの成否によって判断されるわけですが…。

皆さんもぜひ一度、ストイックな生活をやってみてください。結構楽しいですよ!!