いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

2019年も終わりに近づいたので教室事業の2019年を振り返る

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191226222414j:plain

2019年もいよいよ終わりに近づいてきましたね。しかし、全く年末という感じもせず、私はひたすらライターとして記事を書いております。ただ教室事業については金曜日で仕事納めです。2019年で新規事業としての教室運営も3年間続けることができました。

フランチャイズですが、教室も増えてきまして、あと2つぐらい開こうと思っていたものの、人手が足らずに開けないで終わっています。そんな教室事業の2019年を振り返ろうと思います。

 

生徒の人数が増えて教室に入らない

生徒も人数がかなり増えてしまったんですよね。生徒の人数が増えると教室に入らなくなります。それで教室に入らないということは、教室を広くしなくてはいけないんですけど、教室を広くすると固定費がかかるんですよね。

固定費がかかるということは、それだけ払うものが増えてしまうので、なかなか広くするのは、難しいというのがあります。でも、このままだと入塾したいと方がいても断らないといけないようなレベルになってます。これが悩みで2020年は教室を広くするのかどうするのかというのがひとつの課題になります。

しかし、あまり遠くに教室を移動できないですよね。今の教室に通っている子供たちが通えなくなってしまうと困るので。なるべく近くに移動しなければいけません。しかし、その物件がおそらくないです。ということで、近くでもう一つ小さな部屋を借りるというのが現実的なのかもしれません。

もちろん、それも探してみないと分からないんですけどね。こういうところが教室授業の難しさかもしれないです。生徒が増えるというのは、すごくうれしいことなので、うれしい悩みになるわけですが。

人材確保の難しさ

生徒数が増えてくると、今度は教える先生が必要になってくるわけですね、その教える先生も確保しないといけないんですけど、それがまた難しいわけです。今の時代、時給をかなり上げても、なかなか人材を確保できないというのがあるので、知人に聞いたりしながら、新しい先生を雇おうとしています。

ただそれでもなかなか人が集まらないので、学生などにも協力お願いしながら募集をしているんですけども、それでも難しさがあります。アルバイトではなく正社員で雇うということも考えられますけど、それを2人とか3人とかどんどん増やしていくまでには、もう少し時間がかかりそうです。

人材を確保するためには売上をあげなきゃいけないんですけど、売上を上げて人材を確保しようとすると、いい人材がいないので、先に確保しなきゃいけないというところもあって、そうすると今度は経営が苦しくなります。

これは中小企業あるあるだと思います。それでも社員が3人とか4人、あとアルバイトが3人4人いるので、なんとかそれで回っていくという感じです。でも先ほども言ったようにそれだと新しいところが出せないので、またこれも難しいところです。

 

紹介で来てくれるのはありがたい

教室事業なんですけども Web での集客もしているんですが、基本的な紹介なんですね。最初はリスティングとかしてましたけど、なかなかうまくいかなかったです。入会まで持っていかないといけないので、説明会に来てもらって、入会までしてもらうためには、やっぱり紹介が一番良いという結論です。

ただ紹介の場合はある程度生徒の人数がいないと、紹介で来てくれる人はいないので、生徒の人数が確保できた後に、紹介が増えてきたなという印象です。そうやって紹介で来てもらえるというのは、すごくありがたいことなので、紹介してくれた保護者の方を裏切らないように、やっていかないといけないなと思っています。やっぱり口コミだと入ってくれるか率はかなり高いですね。

FCを増やすとオーナーの意識の違いがハッキリ分かる

教室はですね、また増えてはいるんですけど、直営店ではなくて FC 契約なんですね。別にオーナーさんがいて、その中の一つのコースのような形で、学習塾をやってもらっているんですけど、やはりオーナーによってですね、意識が全然違うんですね。

その差がはっきり分かりまして、やっぱりしっかりやるオーナーは事業全体として、うまくいっている印象です。しっかりやれていないようなの会社は、全体的に事業がヤバイ感じになっているので、そういう差がはっきりと分かるというのが面白いです。

やっぱり駄目な人がやると、全部駄目だということがすごくよくわかります。教室をどんどんどんどん展開していくことはとても大切なんですけど、いい加減な人がやると、逆に悪い評判が立ってしまうので、それはちょっと気をつけないといけないなという風に思っています。

ある程度契約金なども高く設定しておけば、変なオーナーさんが来ないということが分かりました。お金が払えるということは、それなりにうまくいっているっていうことなので、一つの基準にはなるということがよくわかりました。ものすごく高く設定しているわけではないので、その金額が払えないというところと一緒にやるというのは、なかなか難しいなと思っているところです。

 

2020年は店舗数を増やすことと本もまた出したい

2020年は店舗をさらに増やしたいですよね。どんどん増やしていきたいんですけど、基本的には FC 契約なので、それぞれの教室の一部になるわけですね。そうやって少しでもやってくれる人達が増えるといいなと思っています。

また、本もどんどん出していきたいなと思っているので、色々なところで文章を書きながら、それがまとめられたらいいなと思います。店舗数を増やすっていうことは、売上を上げるということに繋がるんですけど、先ほども言ったように、変な人にやってもらうと逆に悪いイメージがついてしまうので、熱意のある方にやってほしいなと思います。

これまでは生徒を教室に呼ぶという集客だったんですけど、これからは教室を開きたいという人に対して営業するので、またちょっと違う段階に入ってきてるわけですね。子どもたちと保護者の方の意見を聞く、話を聞くっていうことではなく、これからは B to C ではなく BtoB になるのでちょっとやり方を変えなきゃいけないし、勉強もしてかなきゃいけないなと思っているところです。

 

まとめ

2019年もあっという間に終わってしまったので、2020年もあっという間に終わりそうなんですけど、来年はですね、さらに飛躍の年にしたいなと思います。あと実はこれは音声入力で文章を書いてます。

Windows で書いているんですけど、WindowsGoogle 入力ですね。 iPhone だと句読点も打てるということだったんですけど、とりあえずパソコンでやってみています。結構快適に入力できますね。

2020年は音声入力にも挑戦できたらなという風に思っています。これはブログの目標ですけどね。ライターの方で音声入力っていうのはちょっと難しいかな。まだもう少し2019年も残ってますので、このブログも継続して更新できたらいいなと思います。

そのための音声入力ですけどね。これが楽であればライターの仕事が忙しくても、更新ができるかなと思っています。来年の仕事始めは1月4日です。頑張ります!!

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu