いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

「運動会必要ないんじゃない?」問題~運動会の改善案を考えてみる

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190604220027j:plain

運動会、終わりました。誰も聞いていない最後のあいさつしましたよ。PTA会長としての職務を全うしました。そんな運動会ですが以下のような記事が上がっていました。いわゆる運動会不要論です。

kamiyakenkyujo.hatenablog.com

topisyu.hatenablog.com

この二つの記事に書かれていることはほとんどの小学校で共通していることではないでしょうか。もちろん田舎の学校であれば、全校児童が少なくて、自分の子どもの応援をしっかりできるという方がいるかもしれません。

私が卒業した小学校も1学年1クラスしかなかったので、そんな感じでした。だから田舎の父と母が読んでもこれらの記事は何のことだか分からないかもしれません。それでこの記事ではPTAと運動会の関りと「運動会必要ないんじゃない?」問題について書こうと思います。

PTA活動と運動会

PTA活動は学校によって違いがあるので、私の経験したことが他でも通用するかというとそれはありません。ただし、学校行事という意味では大きな行事になりますので、PTAが少なからず関わっている学校が多いかと思います。

主体は学校ですので、学校が運営その他を行うのですが、PTAは準備や片付けの手伝い、あと昨今では学校に怒鳴り込んでくる危険人物もいますので、受付の人員として駆り出されます。

PTA主催の活動ではないので、PTA役員そのものの負担はそれほど大きくはないのですが、PTA役員以外の参加が必要なので、保護者の方はいろいろやらされているという感じになるかもしれません。

私たちのところは行いませんが、学校によってはPTA競技なるものがありまして、そちらの準備が大変だというところもあります。何で学校の運動会でPTA競技があるんだと思うのですが、意外と人気が高く参加する保護者も多いようです。それぐらいPTA活動にも参加してくれればいいのに(笑)。

子どもの様子を知りたいなら土曜参観で良くないか?

運動会なのですが、6学年あるわけですから、子どもの出番は少ないんですよね。しかも人数多いので、子どもを発見できないんですよ。全体競技なんて全く分からない。そして父親はですね、朝早くから並んで場所取りするんです。

これがまたコンサートのチケット取るとかそんなレベルではなく、開門するとみんな一斉に走るんですよ。「危険ですよ!!」と言われても関係ありません。運動会の位置取りが大切なんですね。繰り返しになりますが、そこまでしても自分の子どもがでる競技は少ないんです。

それで思うんですよね、自分の子ども見るなら土曜参観で良いんではない?と。土曜参観の方が子どもの様子も分かるんですよね。その後保護者会もあるし、先生と話す時間もあるし、それで良くないか。そんな風に思ってしまいます。

地域の運動会といっしょにやってしまえ!!

いやいや運動大事だろうという意見もあるでしょう。私はやるなら親子競技で良くないかと思うんですよね。親子で一緒に運動するイベントにしてしまう。親子イベントなので、参加は任意でオーケー。それで地域の運動会と一緒にやればいいんですよ。

地域に人と楽しめるし、親子で運動できるし、嫌なら出なくても良いしで、それで十分ではないでしょうか。やっぱり運動苦手という子もいるんですよ。うちの息子も苦手だし、運動会の練習で足が痛くなったから早く運動会終わってほしいと言うんですよね。本当に何のために運動会やっているか分からないです。

もちろんですね、運動会の勝ち負けに執着している子どもたちもいます。勝ったら嬉しいし、負けたら悲しい。確かに泣いている子もいました。しかし、それが運動会である必要があるのかということなんですよね。

赤白対抗競技の時にある生徒が「先生、白の方が生徒少なくないですか。あれズルくないですか」と言っていたんですね。その競技は生徒が少ない方が有利になる協議だったんですけど、先生は「そんなことは良いんだよ」と言っているわけです。勝負にこだわる子どもにとっては良くないことですよね。

こんな雑な感じでやっているわけですから、勝ち負けを決めることそのものがどうかと思うんです。だったらしっかりと能力別にして、しかもリレーだけにするとかでも良いんです。分かりやすいし。中途半端に勝負が決まると勝負にかけている子どもにも悪いです。

そんなことを思ったので、親子で運動するということで、地域の運動会で良くないですか?という話です。とはいえ、そんなことにはならないのが学校行事なんですよね。なんかもっと良いやり方はないものか。

それでも無くならない運動会を改善する

地域の運動会で良いのではなんて、そもそも学校主催の行事なので、保護者が提案できることではないのですが、あえて考えることとしたら自分の子ども以外も応援できるものにすることと組み分けをしっかりと行うことでしょう。

皆さん自分の子どもの姿を見に来るわけですから、それ以外は見ていないわけですね。そこを改善する。学校が配るプログラムはかなり貧相なわけですよ。保護者の皆さんに見てもらうということで、もっと工夫すれば自分の子どもが出てなくても楽しめますよね。音楽発表会って楽しめるんですよ。そんな感じに変えてしまう。

あと組み分けですね。あれはもっと工夫できるはずです。むしろ1年から6年まで同じ組とか、トレードアリとかまあ面白さも踏まえていろいろあると思う。そこを工夫して、せめて面白い運動会にしてほしいですね。

まとめ

「運動会無くても良いよね」はその通りなのですが、学校行事として無くなることは無いと思うんですよね。そうであるならば少しでも改善できればと思うのでした。運動会があるのは小学校だけではありません。この先もあるでしょう。ただ中学の場合、公開していないところもあるようですね。小学校の運動会もこれから変わってくると良いなと思います。

 

子どもの勉強に!!