いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

誰か止めてあげて!会社を辞める時期は考えるべきだ

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190808140305j:plain

4月から会社に入社した人は4か月以上たっているわけですね。皆さん、会社を辞めたいと思いますか。私は役員なので、雇う側でもあり、働く側でもあります。毎日仕事行くの辛いという気持ちもよく分かります(笑)。

私たちの会社も中小企業ですが、ひとり雇っていますので、新入社員が会社を辞めるというのは他人ごとではありません。特にすぐに辞めてしまうということは会社としてどうかというよりも、「君は大丈夫か?」と思ってしまいますね。

やりたくない仕事を続ける必要なないのですが、その仕事がやりたくないことかどうか分からないの辞めてしまったり、次が決まってないのに辞めてしまうのは大変危険なことかなと思います。

会社をすぐに辞めた人の言い分 

「管理の仕事かなと思ったら、販売スタッフとまったく一緒。これじゃアルバイトや派遣と一緒じゃんって絶望しました。私は社員として、陳列や入荷、店舗売り上げを任されると思っていたので。上司からは販売スタッフから役職が上がったら管理する側になるよと言われましたが信用できなくて……」。また、研修中や派遣先を含め、社員は関西人が多く、笑いをとって話さなければならないことにもストレスが溜まっていったという。

入社初日3時間で会社辞めた新卒の言い草 「やりたいことないまま就職した」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

このようにそもそも会社の雰囲気が合わない、やりたいことができないということはよくあることですよね。もちろん下調べをしっかりしなければならないわけですが、それもしっかりできていなかったということです。

「面接官からは『もう辞めたの?』『なんで?』と聞かれるし、やっぱり根性がないと捉えられちゃうみたい。いま思えば、就活中からもっと人に相談すればよかったです」

現在はどんな職を希望しているのか。「そこまでバリバリ働きたくないので、事務職を希望しています。人をサポートするのが好きなので、自分に合っていると思って。でも、そのやる気が面接官にはうまく伝えられていないみたいで内定はいただけていないですね」。

入社初日3時間で会社辞めた新卒の言い草 「やりたいことないまま就職した」 (2/2) | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「バリバリ働きたくない」→「やる気が伝わらない」というのは当たり前のような気がしますね(笑)。やはりやる前から「バリバリ働きたくない」だと難しい気がしますね。とりあえずは頑張ってみるというのが伝わらないと採用はできないかな。これは採用する側の意見です。

1年ぐらいはやってみるべき

何でもそうなのですが、1年ぐらいはやってみるべきだと思うんですよね。最初に感じた違和感を1年ぐらい通して検証していく。その検証結果が予想通りであれば辞めればいいし、もう少しやってみようと思えばやればいいと思うんですよね。

今、私のところにも学校の先生で1年目なのですが、もう辞めたいから雇ってくれと言ってきているんですよね。そこは1年はやってみてくれと言っているわけで、そこで彼が何を学ぶかですね。

まあ私のところに来ても君を雇う余裕はないと言っているわけですが、それでもやりたいと言っているので、売上作りに追い詰められています(笑)。でも本当に1年ぐらいはやった方が良いですね。

私は塾業界に入った時に1か月ぐらいで辞めたくなりましたけど、2年はやりました。やっぱり最悪の会社だったので、別の塾に移ったのですが、ノウハウは学べたのでそれはとても良かったです。

 

社畜上等!: 会社で楽しく生きるには

社畜上等!: 会社で楽しく生きるには

 

 

保険をかけておくのはとても大切

1年頑張ったから仕事を辞めて良いというわけではもちろんありません。1年はあくまで検証期間なのでその間に次の就職先を考えておく必要があります。もし1年以内でも良い転職先が見つかるのであれば、転職してしまっても良いわけですよね。

世の中には保険をかけることに反対する人たちがいます。保険なんかかけていたら本気になれないよというわけです。しかし、あなたの生活費は誰もあなたのために払ってくれません。

何かするにしても生きていなければできません。これは当然のことです。そのためには生きる術を見つける必要があります。それが現在の仕事であれば、不本意であっても続けるべきです。しかし、転職活動は頑張る。そして次が見つかってから転職する。

フリーランスとして働いてみると分かるのですが、お金がないというのは大変な恐怖なのです。これは経験しないと分かりません。「こんな会社辞めてやる」と思うかもしれませんが、いったん冷静になって考えるようにしましょうね。 

まとめ

今回は会社を3時間で辞めてしまった人の記事を紹介しました。辞めるのは簡単なのですが、次の仕事を探すのは意外と難しいものです。精神を病むまで仕事はすべきではありませんが、1年ぐらいはやってみる必要はあると思います。転職活動をしつつ目の前の仕事をこなしてみましょう。そこから見える世界もあると思いますよ。

 

転職・起業を考えるならこちらから