いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

昭和・平成・令和~社会に影響を与えられるようになりたい

f:id:gerge0725:20190501093341j:plain

はせさんの以下のエントリー楽しく読みました。綱島温泉でお会いしたことがあるので、あれからいろいろなことがあったのだなと感慨深くなっております。まさかお子さんも生まれているとは!!

hase0831.hatenablog.jp

 

www.gerge0725.work

出遅れた感はありますが、元号が変わるということで今後のこれまでの人生の振り返りと今後の目標などを書こうかなと思います。

昭和生まれ・ロスジェネ世代(平成前半)

今話題のロスジェネ世代でございます。まあ私の場合、就職活動はせず大学院に行ってしまい、そのままフリーランス、さらには役員となっていますので、まともな就職活動もせず、ここまで来ております。

高校まではあまり楽しいことはなくて、辛い人生だったなあ。それで大学に行ったけど、どこまでが良い人生だったのか。ちょうどバブルが崩壊した後だったので、経済的な恩恵を受けた記憶もなく、大学院に進学したわけです。

 

www.gerge0725.work

 

www.gerge0725.work

 

研究していた時期(平成25年ぐらいまで)

平成の後半は研究活動をしていましたね。その間に結婚もして子育ても経験しました。今も子育て中。本当にいろいろなことがあったなあ。

 

www.gerge0725.work

でも結婚して子どもが生まれたことはとても大きいですね。とにかく寝ない子たちで、寝ない子育児にはとても苦しみました。

 

www.gerge0725.work

 

さらに次男の場合、トキソプラズマ感染症にかかっているかもしれないという大変な問題が浮上。しかし、無事に生まれ、今も元気に育っています。これは本当に良かったです。 

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

その間、仕事は塾の先生や教材を作ったりしていました。まあ何とか生きられる感じではありましたが、先が見えない感じでしたね。会社員ではないですが、使われる側だったので、今後、収入が伸びていくイメージが持てなかったんですね。

そこで思い切って仕事を変えることに。それと同時に研究時代は終了となります。お金稼がないと子どもを育てることはできないですからね。研究を辞めたことには後悔がなのですが、別の分野、今関わっている教育分野でまた研究できればいいなと思っています。いつになるかは分かりませんが…。 

役員時代~令和へ

それでしばらくフリーランスでやっていて、今も特に変わらないのですが、役員を頼まれ、毎日、会社へ行っています。決して楽な経営環境ではないですが、かなりチャレンジしていまして、何とか赤字は回避できるぐらいまでは来ています。

経営に携わって思うのは、人を使うのは難しいということですね。自分と同じようにはできないと分かっていますが、それを上手に社員に伝えていく。役割分担を上手にする。売上を上げる方法を考えるのは楽しいし、そこまで楽なんですよね。それを実施するには人もいりますし、お金もかかります。そこのアイディアはとても重要です。

経営をしているといろいろな人が来ますので、どの人に仕事を頼むかはなかなか難しいところですが、今は見分けることができるようになってきました。令和も引き続き事業を頑張っていきたいと思います。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

あとPTA会長もすることになりました。教育事業をしているので、学校教育に関わりたいという思いはありました。2年の任期なので、どこまでできるか分かりませんが、子どもたちの役に立つことができればと思います。挨拶の回数多いし、平日もボランティアで大変ですけどね…。やり方を考えないといけないですね。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

今後の目標

今後事業を大きくしていくのはもちろんなのですが、その先は社会に貢献できるようになりたいですね。教育事業なので、すでに社会に貢献できているという自負はあるのですが、今やりたいことは大学院で研究を諦めた人に働いてもらうこと。

自分たちの会社が大きくなれば、そうした人たちを雇うこともできますし、他の会社を紹介することもできます。紹介業の免許を取るのもありですね。私自身、研究をしていた時はお金に困っていましたので、研究を辞めた今、研究を続けたい人の支援をしたいと思っています。

どこまでできるのか分からないのですが、今できることを頑張ってやっていくことで、先が見えてくるのではないかと思います。これから消費税が増税されたり、景気が落ち込んだりと経営環境は厳しいことが予想されますが、まずは生き残ろう、そして今の社員たちに幸せになってもらい、大学院生の支援をしていきたいです。

まとめ

振り返り及び目標ですが、元号が変われど私は何も変わらず。でも消費税は気になります。どうなるんだろう。昭和・平成といろいろあって、結構大変なんですけど、令和はもうちょっとお金ほしいです。お金稼がないといかんですね。

お金なくても人の役に立つことはできますが、お金があればまた違った支援ができると思うので。こんな感じでほとんど人気のないブログも継続されますが、皆様よろしくお願いします。