いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

塾はどうやって選べばいいですか?プロが教える塾選びのポイントとは

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190530144514j:plain

私は中学受験だけでなく高校受験も教えたことがあって、数えてみるとまもなく20年ぐらい塾業界にいることになります。そんなにいるつもりはなかったのですが、そんなことになってしまいました。

それで最近もいろいろと質問されるのが、「塾はどこが良いですか?」ということなんですよね。これは中学受験に限らず高校受験についても同様で、いろいろな方から聞かれます。以前もちょっと書いたことがあるのですが、しっかりとひとつの記事で書いたことが無かったので、今回は塾の選び方について紹介します。

 

  スポンサーリンク

 

集団塾か個別塾か

塾でまず考えるのが集団塾か個別塾かです。集団塾は人数が多いですが、その分月謝は安いです。個別塾は先生1人につき2人ぐらいが一般的で、いろいろと質問もできる体制になっています。

大勢の中で切磋琢磨しながら勉強していくのが好きな子は集団塾、人と比べられたくない、たくさんいると質問できない場合は個別塾を勧めています。ただ個別塾の場合、受験のプロではなく、学生である場合も多いので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

ただし間違えていけないのは学生だからダメというわけではないという点です。相性もありますので、どんな先生が教えてくれるのかは確認しておきましょう。個別の場合、学力の向上だけでなく、意欲までも先生に左右される傾向があります。 

大手塾?中堅塾?個人塾?

塾の規模は特に関係ありませんが、大手塾の方が優秀な生徒が集まりやすいという傾向はあります。特に集団塾はそうです。できる子は皆さんある特定の塾に行っていますね。またこれも傾向ではありますが、規模が小さい塾の方が面倒見が良いと言えます。

そもそも通っている生徒の数が少ないわけですから、丁寧に教えてくれる塾が多いです。しっかりとケアしてほしいという方は規模が小さい方が良いでしょう。一方、トップ校狙いの人は大手塾の方がライバルも多くておすすめです。

中学受験と高校受験で見るべきポイントは違う

中学受験の場合、指導経験がどれくらいあるか、あと行かせたい学校の指導をしたことがあるかはとても重要です。集団塾の場合、上のクラスはそれなりの経験者が教えますので、それほど心配はないのですが、個別の場合は先生によって大きく違いますので、指導経験について確認しておいた方が良いでしょう。

高校受験の場合、内申点がとても重要になります。そのため自分が通っている中学校の定期試験の情報が手に入る塾の方が内申対策ができます。そうした情報は身近な中学生に聞けば分かりますので、どの塾に行っているか聞いて見るのも良いでしょう。

中学受験と高校受験で共通するのは志望校の選び方です。塾主導の志望校選びなのか、家庭主導の志望校選びなのかは塾によって大きく違います。どのように志望校を決めていくのかのプロセスはあらかじめ塾と確認しておいた方が良いです。そうしないと最後でもめる原因となります。

塾と家庭が同じ方向を向いていない受験は失敗する可能性が高いです。塾の言うことを聞けではなく、一緒にお子さんのことを考えてくれる塾を選ぶようにしましょう。

体験授業で見るポイントは?

体験授業で見るべきポイントは本人との相性ですね。本人が嫌だと言ったら行かせない方が良いです。あと授業を見せてくれるかどうかも重要です。意外と塾は授業を見せたがりませんし、先生の方も保護者の方が見ているのはイヤです(笑)。

実際に全部見る必要はないのですが、「授業を私も見て良いですか?」と聞いて「良いですよ」という塾は授業に自信がある塾です。その時点で見ても見なくても良いです(笑)。試しに保護者の参加が可能かどうか聞いてみてください。

すぐに決めるのはやめよう

塾はすぐに入れたがります。しかし、いろいろな塾を体験しないと、どこが良いかなんて分かりませんよね。その場ですぐに決めるのではなく、必ずいろいろな塾を体験した上で入塾を決めるようにしましょう。

世の中にはいろいろな塾があります。「この塾いいなあ」と思っても、それよりも良い塾があるかもしれません。受験まで一緒に頑張っていく塾選びですので、慎重にすべきです。

私も塾業界にいたので分かりますが、転塾というのはとてもパワーがいるものです。しかも中学受験の場合、カリキュラムも教え方も違うので、子どもが混乱する場合もあります。 もちろん全然できていないのにその塾に留まる必要はありませんが、なるべくなら転塾はすべきではありません。慎重に塾は選びましょう。

まとめ

ここまで塾の選び方について書いてきました。基本は体験していろいろな塾を比較して選ぶことです。現時点で思いついたことをこの記事には書いています。そのため、この記事は定期的に思いついたことを追記していく予定ですので、塾選びに悩んでいる方はしばらくしたらまた確認しに来てくださいね。ぜひ皆さんのお子さんにに合った塾を見つけてください。

 

塾選びに迷ったら…

塾を決めるときは体験授業を受けて、他の塾と比較してから決めましょう。塾は基本的に良いことしか言えませんので、塾選びは慎重にしましょうね。 

体験授業ができる塾を探してみる