いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

何よりも自分の子どもたちに誇れる生き方・稼ぎ方をしたいなと思う

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200202235138j:plain

お金を稼ぐために倫理観も関係ない感じで、Brainというサービスに寄っていく様を目の当たりにして、人間の醜さというものをあらためて考えるきっかけになりました。私自身、お金儲けはまったく否定する気持ちもないですし、商売である以上、お金を稼ぐということが非常に大切なことであるのは間違いありません。

また事業として行っていれば、社員に給料払う必要も出てきます。売り上げを伸ばし、社員にたくさん給料払うということをまた企業としての義務である事は当たり前のことです。

しかし自分が常に考えるのは、その仕事は人に自信を持って話せることなのかということです。ブランドイメージがなんとかとかそういうことではありません。簡単に言えば、自分の子どもにこういう仕事をしているんだよとしっかり話せるかどうかなのです。

「自分がやっている仕事と同じことを子どもがしてくれたら嬉しい」ということはまったくありません。しかしお父さんと同じ事はしたくないと思われたら、悲しくないでしょうか。

 

www.gerge0725.work

 

 

子どもたちは字を読めるようになって自分のやっていることがわかるようになってくる

子どもが小さい頃はいいんですね。親が何をしていても子どもにはわかりません。しかし子どもは成長します。親が何をしているかわかる日が来るわけです。SNSも使います。本も読みます。そこで詐欺師とか評価が大変悪いものを目にしたときに、子どもはどう思うでしょうか。

やっている本人はいいかもしれません。自分の評判が上下しても関係ないでしょう。しかしお子さんは自分の親の批判を目の当たりにするわけですね。そういうところまで考えたときに、ただただお金を稼ぐ、しかも瞬間風速で稼ぐことに熱心になってよいのでしょうか。自分には、そうした行為は耐えられません。

ロングテールで稼ぎ、結果を残していく

瞬間的に稼ぐということは、それほど難しいことではありません。1回300万とかそういう仕事もないわけではありません。しかしそれだけなのです。たとえば他の会社で同じような仕事をもらう時に、300万円稼いだからと言って仕事がもらえるわけではありません。

あなたは一体何ができるのか、できることが常に問われるのです。そうした積み上げがなければ間違いなく10年後にはつみます。その時に何か仕事を取ろうとしてもまったく取れないというような事態になるはずです。

瞬間的に稼ぐとどういうことが起こるかというと、その稼ぎ方がなくなっても楽して稼ごうという思考回路が働いてしまいます。そうした思考から抜け出せなくなるのです。こうした現象は今回のBrain現象を見ていればよくわかります。あそこに一気に寄っていく人たちを見ていると、いつもと変わらないメンバーですよね。

 いざグアノが枯渇したとき、彼らが考えたことは「嗚呼、夢は終わった。我々はふたたび額に汗して働こう」ではありませんでした。すでに精神が蝕まれ切っていた彼らが考えたことは、「どうやったらこれからも働かずに食っていけるだろうか?」でした。すでに“末期症状”といってよいでしょう。

 そこで彼らがまず取った行動は、国ごとマネーロンダリングの魔窟となり、世界中の汚れたカネで荒稼ぎすること。それがアメリカの怒りを買って継続不可能となると、今度はパスポートを濫発してテロリストの片棒を担いで裏金を稼ぐ。それもアメリカから圧力がかかると、今度は舌先三寸でオーストラリアから、中国から、台湾から、日本から資金援助を引き出す。

 テロリストへのパスポート濫発などといったことに手を染め、ほとんど“ならず者国家”と成り下がった惨状ですが、それでも彼らはけっして働こうとはしません。

ナウル、世界一の贅沢に溺れた国の結末 (4ページ目):日経ビジネス電子版

これ界隈の人達の結末のように見えてならないのです。これは国の話ですけど、これを見てやっていることが同じではないかと思いますよね。だからこうした稼ぎ方は個人の稼ぎ方として、決してよいものではないのです。

私も20年ぐらいフリーランスで、今は役員をやっていますが、本を書いたり連載したりというのは、やはり今までの人生の結果だと思うんですね。

評価というのは難しくて、自分が決めるものではなく他人が決めるものです。そのため自分がいかにすごいと言っていても、その仕事が認められなければ意味がありません。

また評価の軸というのは変化していきます。そうした変化の中でも生き残っていくためには、時代の流れに順応するということでは、実は無いのです。何か新しいことにどんどん対応して稼いで逃げるみたいなやり方がよいと考えているのかもしれませんが、個人が稼いでいくために必要な事は、時代が変わろうが評価されるべき能力を鍛えていくということなんですね。

たとえば自分がやっているのは教育業なのですが、教育の形っていうのは変わると思いますが、教育そのものがなくなる事はあり得ません。そこで身につけるべき能力というのは時代が変わろうとも、必要なことは変わらないのです。

そしてそういう時代の変化の中でも、しっかりと自分なりの根拠を持って教育をしていくことが大事になるわけですね。その仕事の結果が実績だと思うんです。そこにはいくら稼いだとか過去の話は関係ありません。

今相手にしているのは、目の前にいるお客さんです。目の前にいるお客さんは、あなたが過去どれだけ稼いでいようが関係ないですよね。常に目の前のお客さんに何ができるのかというの考えながら、能力をアップしていくというのは非常に重要なのだと思います。そうすることで意味がある実績が残されて、自分の経歴にもなってくるわけですよね。

 

いったい何をこの世界に残したの?

瞬間芸ではなく、長くしっかり仕事を積み上げていけば、この世の中に何かひとつは残せるだと思うんですよね。もちろん炎上芸でマイナスのイメージを残せる人もいるかもしれませんが、そんな黒歴史が残っていても恥ずかしいだけです。

やっぱりよいものがひとつでも残せるといいなぁと思っているわけです。そこで残したものが人に誇れる生き方であり、稼ぎ方ではないでしょうか。そんなことを思いながら今回の騒動を見ています。皆さんほんとに今後どうするんでしょうね。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu