いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

オンラインサロンサービスで思う教育に対する考え方

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190927215257j:plain

オンラインサロンがブームとなり、でも怪しい人たちがたくさん出てきて、オンラインサロンオワコンだという主張もあります。基本的に新しいビジネスは怪しいよねという意見が増えてくるわけで、それは真偽をしっかりと見極める必要があるとは思っています。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

しかし上で書いた記事にもあるように「情弱ビジネス」と言われる情弱である人をだまして、オンラインサロンに入れようとする人たちが後を絶ちません。簡保のオンライン版ですね。簡保は高齢者をターゲットにしていましたが、オンラインサロンの場合は主婦などが対象になっているようです。

それでオンラインサロンにもまともなものもあるだろうし、それはそれでやってもらっていいのですが、オンラインサロンって参加者を育てるという目標があるんですよね。それに対して本気で取り組む気があるのかと怪しい面々が多いわけです。 

 

 

人に何かを教えてできるようにする難しさ

人に教える仕事をしている身としては教育を舐めるなと言いたいですね。そんなに簡単にできるようにはならないし、また、自分ができると思っていても大してできていないということも多いです。

自分がやるのと実際に人にやらせるのとでは大違いです。こうしたことを理解していれば、そんなに簡単にサロンビジネスに手を出さないはずです。このビジネスは安いから責任取らなくて良いわけでもないし、信じて入っている奴が悪いともなりません。

某界隈の人達は「私は発言に責任取りません。責任取っていたら発言できません。判断は自己責任でお願いします。大人なんだから」と一見するとまともな発言に見えますが、同じことを詐欺師が言ったら犯罪で捕まります。

「騙しておいて何を言っているんだ」となるわけです。こうした詐欺師見習いのような人たちのサロンに入ったり、情報商材を購入したりすることは控えるべきです。

まじめにやれば実際には儲からないのが教育ビジネス

クロネさんの言う通りで教育ビジネスというのは儲ける方法はありますが、まじめに取り組み始めると「割に合わない」と思うところはあります。自分は経営に関わっているので、社員の生活を守るべく銭勘定はしますが、それでも自分はいろいろと引き受けてしまいますね。

そうした熱心な教育が人を引き付けるので、生徒は口コミで増えていきますが、それでも時間がかかります。ITベンチャー企業のように一気に爆発ということはありません。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

そうした仕事をしているので、オンラインサロンを開いて楽して稼ごうなんていう某界隈の連中には本当に頭にくるわけです。教育ということにだけは少しウザイぐらい熱いところが自分にもあります。 

 

ツイッターで信頼できそうな人と飲んだ方が意味がある

塾や教室と同じで、お金払うと何か学んだ気になるというのもあるんですよね。それもまたダメです。ではどうすればいいかというと、独学で勉強するんです。ただオンラインサロンに入りたい人は独学は大変だからという人も多いでしょう。

その場合は勉強する仲間を自分で作ることをお勧めします。具体的にはイベントに出る、ツイッターで面白そうな人と飲んでみるなどやり方は様々です。ただし、注意すべきはツイッターには怪しい人もいますので、よく検討してから飲み会をするようにしましょうね。

 

www.gerge0725.work

ツイッターで信頼できる人を探す場合は、とにかく長く観察することです。最近では実名だから信頼できるというわけではありません。実名なのに経歴詐称するなんてことも普通にあります。

いろいろとやり取りをしていくと何となくその人のことが分かってきます。しかし、いきなり二人で会うのは危険。何らかの飲み会やイベントが開催されているところに会いに行きましょう。まあ、私はいきなり2人で会ってしまいますが、真似すべきではありません(笑)。 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

まとめ

どんなサービスもそうなのですが、一部の悪い人たちがそのサービスを使うために、悪い評判が立って、終わってしまうということが多いです。オンラインサロンは今、その岐路に立たされていると思います。まともに運営している人もいるわけですから、そうした人に迷惑が掛からないように、ダメな運営者はどんどん告発して追放していくべきですね。もしオンラインサロンで騙されてしまった場合は専門家に相談してみましょう。皆が声を上げればそうした悪い運営者は追放されると思いますよ。

法律の無料相談窓口

 

noteも始めました。ブログの増刊号的な役割で不定期に書いていこうと思いますので、ぜひお読み下さい。

note.mu