いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

ついに腹部大動脈瘤の手術になった!医者に止められても禁煙できない父親をどうすべきか

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190907231037j:plain

実家から最近電話がかかってきて、何事かと電話に出たら、父親が手術することになったというんですね。病名は腹部大動脈瘤ということで、破裂すると命の危険があるので手術になったようです。そんな電話が来てもですね、驚かないわけです。

なぜならその危険は以前から、指摘されており、そのため毎回検査をしていたんですね。もう70歳なので、その危険があるのは当たり前ですし、定期的な検査も必要なのですが、問題のは喫煙習慣です。今回はそんな話をしたいと思います。

 

     スポンサーリンク

 

腹部大動脈瘤とは

まず腹部大動脈瘤というのがどのような病気なのか紹介します。これは歳を取るとなる確率が高いので、皆さんも知っておいた方が良いと思います。

 腹部大動脈瘤は、動脈の壁が一部弱くなり、異常に拡張をきたした状態のことを言います。その成因や形態、部位などにより種々に分類されています。動脈瘤が大きくなれば破裂する危険性を伴い、破裂性の腹部大動脈瘤は突然死の原因の1つと考えられています。

腹部大動脈瘤 - 主な対象疾患 - 慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター Keio University Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Intervention:患者さんに優しく最適な最高水準の低侵襲治療を

すごく危険な病気なんですよね。その危険性を指摘されていたのにも関わらず、たばこ吸い続けるという暴挙に出ていたわけです。

父親の喫煙歴と禁煙への挑戦

いつから喫煙を始めたのかはよく分かりません。ただ中卒で働き始めているので、未成年から吸っているのではないと予想しております。そんなに長く喫煙していればそれは症状おかしくなるわと思うのですが、さらに吸っているたばこがピースですよ。

それはダメだろ。強すぎだろという話になり、さすがにダメだとなったのか、アイコスを吸うようになりました。禁煙は無理だけど少しはマシなのかという話なのですが、あまり変わらないという話もありますね。

紙巻タバコに比べて新型タバコでは有害性物質が少ないことは、病気になるリスクが紙巻タバコに比べて低いことを意味するわけではありません。

健康に悪くなさそうな加熱式タバコが紙巻タバコと同様にダメな理由 | 「原因と結果」の経済学 | ダイヤモンド・オンライン

そのため本来は禁煙しないといけないわけです。しかし、禁煙すると精神的におかしくなるとかわめいております。かつて禁煙をしたことがあるのですが、すぐにダメになりました。少し我慢すれば何となるのにと思いますが、同もダメなのでしょう。

 

www.gerge0725.work

 

退院してたばこは吸わないでいられるか

病院にいる間は煙草を吸うことはできません。それが退院したらどうなのでしょうか。もうすでに退院しているのですが、退院したらまた煙草を吸うのではないかと常に疑われているわけですね。

ただひとつの希望は入院前は吸っていなかったらしいんです。さすがに医者も「たばこだけは勘弁してください」と手術の前にきつく言ったそうです。それはそうですよね。喫煙はリスク以外の何物でもありません。

それでそのときは吸っていなかったらしいので、退院してどうなのかという話になっております。どうでしょう、吸うんでしょうか。家族のほぼ全員が吸うであろうと思っています…。

言っても聞かない父親は放置しかない?

それで我が父親なんですが、本当に頑固なんですよね。言っても聞かないんですよ。以前からいのちの危険を指摘されていたにも関わらず禁煙できなかったわけですから、今回もどうなるか分かりません。そして周囲の意見は聞かないのだろうと。

こういう父親は諦めるしかないのでしょうかね。まあでも自分も同じようなところがあるのかもしれないです。それなので自分も強くは言えないかもしれないです。

生活上の注意

 以上のように、家族性に発生することも報告されているので、親族で腹部大動脈瘤と診断された方がいる場合や、腹部に拍動を触れるような方は、気軽にご相談にいらしてください。専門医が診察の上、現状をご説明いたします。
また腹部大動脈瘤が指摘された患者さんは高血圧に留意して、日々の生活を送ってください。そして喫煙は病状を進行させるため、絶対にお止め下さい。

腹部大動脈瘤 - 主な対象疾患 - 慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター Keio University Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Intervention:患者さんに優しく最適な最高水準の低侵襲治療を

こんなにしっかり書かれているんですよね。これ絶対ダメですよね。やっぱり何としてもやめさせるべきなのでしょうね…。

まとめ

自分もたばこは吸っていた時期があったのですが、禁煙に成功したんですね。ちょっと我慢すればいいんですよ。その我慢の積み重ねです。それができないわけです。「もう70歳だから好きにさせてあげれば」という意見も分かります。

しかし、喫煙が自殺行為なのに何も対策しないのも気持ちが悪いのです。もし禁煙方法で、何かいいアイデアがあれば教えてください。よろしくお願いします。

 

体が心配…でも時間がない人は「おうちドック」がおすすめ

自宅にいながらがんと生活習慣病のチェックができます。数滴の血液と尿でチェックできますので、これを機に検査してみませんか。

【自宅でできる人間ドック】