いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

金が悪いから仕事を辞める?金だけを追っていてはいずれ仕事はこなくなる

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190427224258j:plain

仕事をしていると「この仕事をしたらいくらになる」とすぐに計算しますよね。私は副業もしているので、副業で時間かけても稼げないのは意味がないので、結構単価を気にします。副業の場合はあまり次につながる仕事という認識があるので、お金を追っていますが、本業ではそうではありません。

人間の本性が見えるお金の問題

お金はとても重要です。お金がないと人間は怖くなって、いろいろなことをし始めます。「あの人があんな人だとは思わなかった」ということもよくあって、これまで温厚だと思われていた人が豹変しているわけです。

でもお金がないときに見える姿の方が本当のその人だなとも思えるので、隠れていたものが表に出てきたのかもしれないんですよね。結構、嘘っぽい笑顔の人いるではないですか。嘘っぽい言葉ばかりをfacebookに出している人もいますよね。そういう人で豹変した人を見たことがあります。怖いです。

お金だけを追うと仕事が来なくなる

それでお金がなくなると人間の本性が出てしまって、あまり良くないのでお金はとても大切です。だからといってお金ばかりを追っていると仕事が来なくなることもあります。今回中川さんが自画自賛していました記事を読んで、確かにと思ったんですよね。

だが、これが積み重なっていくといつしか、常に「格上か格下か」という尺度でしか物事を見なくなっていく。そして、言葉遣いは尊大になっていき、連載第三回で書いたように、知らぬ間に多くの人からの恨みを買われ、失脚を望まれるようになっていく。凋落した時にもはや助けてくれる人はいない。

(省略)

ここで言う「実績」とは、自分の経験、という意味での「実績」でもあるが、「苦しい時に寛大な心で接してくれた」という「恩義」や「義理」も含めた発注主が抱く「義理」である。こうした実績を積み上げて、自分に声をかけてくれた人に報い続けることを考えるべきである。

中川淳一郎 結局、低姿勢こそが最強のビジネススキルである 第5回「「エラソーな人」「カネで仕事を選ぶ人」はいずれ消える。結局、生き残るのはどんな人?」 | アルファポリス - 電網浮遊都市 -

仕事って調子のいいときばかりではないんですよね。調子の悪いときもありますし、急に仕事が来ないときもあります。そうした時に手を差し伸べてくれる人は本当にありがたいです。

私も前の取引先とうまくいかなくなって悩んでいた時に、今回の役員の話があったので、何とか生き延びています。10年近く知り合いで仕事をくれたんですね。私に仕事あげても何も得しないのにくれたのですから、それは感謝です。

人とのつながりは最強

それで結局人とのつながりを大切にしていくことに尽きると思うんですよ。この人に何かを教えて意味があるのかなんて考えていたら、何もできません。ほとんどのことはサービスです。よく「これは本当は有料の情報なんだけど」と言う人がいますが、そういう情報に限ってたいしたことがない。

世の中で本当に金を払ってしか得られない情報がどれだけあるのでしょう。情報なんて得ることは簡単です。問題はそれを実際に行って成功できるかです。そこでサポートが必要だし、その段階でお金を取ればいいのに、「ここからは有料だから教えられない」とか言うわけですね。

私のイベントに出ることは何のステイタスにもカネにもならない。それなのに受けてくれた「心意気」ってものを、私は一生感謝する。だからこそ、目先のカネに囚われず、一生の感謝を獲得できるような振る舞いを自分も普段から心掛けるべきなのである。

中川淳一郎 結局、低姿勢こそが最強のビジネススキルである 第5回「「エラソーな人」「カネで仕事を選ぶ人」はいずれ消える。結局、生き残るのはどんな人?」 | アルファポリス - 電網浮遊都市 -

私も講演を頼まれることがありますが、とりあえず交通費が出ればいいかと考えていますね。私が話すことで何かのヒントになればいいなと思うので。もちろんお金払ってくれる人からはいただきますけどね(笑)。

自分の力で上手く行っていると勘違いしないこと

成功すると「俺が凄いからだ」と言って謙虚でなくなる人が多いです。これは普段から気を付けていないといけないです。成功してくると周りの態度が変わります。「すごいですね」と太鼓持ちみたいなのがたくさんくるわけですよ。

そうした人がたくさん来た時こそ、「これは自分だけの力ではない」と自覚しないといけないですね。そうしないと必ず失敗します。

少し調子良くなり、色々な人が「寄ってきた」状態になった時こそさらなる低姿勢を貫き、声をかけてくれた人に感謝すべきなのだ。

中川淳一郎 結局、低姿勢こそが最強のビジネススキルである 第5回「「エラソーな人」「カネで仕事を選ぶ人」はいずれ消える。結局、生き残るのはどんな人?」 | アルファポリス - 電網浮遊都市 -

本当にその通りだと思うし、自分も意識しないといけないと思います。これは強烈に意識していないと、調子に乗ってしまうのが人間です。自分が偉いと思ってしまいます。そうならないように気を付けようと思います。

まとめ

中川さんの本は何冊か読んでいて好きなんですよね。それでこんな文章を書かれたらますますファンになってしまいます。人に感謝は重要です。私も人に感謝してビジネスの成功を目指します!!

 

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

 
ネットのバカ (新潮新書)

ネットのバカ (新潮新書)