いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

傷つきやすさ、生きづらさの中で働く方法とは

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190512223942j:plain

「僕は人の心無い一言で傷つくんですよ」

そう言われたことがあります。確かに相手は自分ではありません。あなたのことを分かっているわけではないので、知らない間に傷つけることもあるわけです。もちろん意識的に傷つけてくる人もいて、そうした人は論外なのですが、様々な人間が生きている社会で傷つきやすい人間が生きていけばいいのでしょうか。ここでは私の実体験に基づいてそうした社会の中で生き抜く方法を紹介します。

私もメンタルは強くない

 実は私もメンタルが強くありません。打たれ弱いですし、すぐに落ち込んでしまいます。その原因は小学校時代に受けたいじめにあります。このいじめによって相手の顔色を常に窺うようになってしまったのです。だから今でも人と付き合うのが苦手で、今の仕事も向いているとは思っていません。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

人と関わらない生活もしてみた

人と関わるのが好きではなかったので、人と関わらない仕事をしようと自宅で仕事することにしました。でも人と関わらない仕事なんてないんですよね。仕事を取るためには外に出なければいけませんし、人付き合い苦手だと営業がダメなんですよね。だから仕事がとれませんでした。

 

www.gerge0725.work

それで今の仕事を始めるわけですね。今は子どもたちに教える仕事をしているのですが、これは以前からもしていたことで、人付き合いが苦手なので、いったん辞めた仕事です。

でも一体何の仕事ができるのかと考えた時にこれしかなかったんです。能力ない人間辛いです。子どもたちに教える仕事が一番必要とされ、お金ももらえる仕事であるという事実。これを受け入れて今の仕事をしています。

 

www.gerge0725.work

 

自分の味方を探す

一人で生きていくのは結構辛いです。そのため結婚はおすすめです。私は本当に結婚してよかったと思います。なぜなら妻だけは自分の味方だと思えるからです。どんなに外で傷ついても家に帰ってこられるというのは精神衛生上とてもいいです。

自分の味方はたくさんいなくてもいいです。たくさん増やそうとすると、その行為そのものが辛いことになってしまいます。これは奥さん出なくても良いです。家族でも良いです。同僚でも良いです。そうした自分の味方を探してみましょう。

ストレスを発散する方法を探す

これこう書いているんですが、自分はあまり上手ではありません。でもストレスって無くなるものではありませんよね。それでストレス解消法があまり実践できないんですよ。それなので上手にサプリを使ったり、にんにく注射したりして、ストレスを発散しています。

私の場合、お酒はダメなんですよね。だからお酒飲んでもストレスは発散できないですし、好きなことも特にないんですよね。こういうのがダメなんですよ、きっと。ストレスが溜まったらこれ!!みたいなものが無いんです。

www.gerge0725.work

いろいろ考えた結果、やはり睡眠が一番のような気がしてなりません。よく寝ると体調が良いです。当たり前ですよね。今もそんな感じでストレスと向き合っています。何か良い方法があれば教えてください!! 

期限を決めてみよう

私はひょんなことから経営側になってしまったのですが、期限を決めるとストレスが軽減されます。「あと〇年頑張ろう」と考えると少し気分が楽です。今の時代、一生ひとつの会社に勤めるのは稀です。「辛くなったらやめよう」と思えば会社でも働けます。気持ちの余裕を持つのが大事です。

技術を磨きましょう

会社に属さなくても生きていくためには、自身の技術を磨くことが必要になります。私は教育とライティングですね。この技術を磨いているので、仕事はありますし、次の会社に移ることもできます。こうした技術を磨いておけば、「会社辛いぜ」「社会に出るの大変」と思っても何とかなります。

もちろんできる人はかなりできるので、その中で生き抜いていくのは大変です。はっきり言って会社員の方がフリーランスより楽です。でも傷つきやすい人は「いざとなったら会社をやめても大丈夫」と思えるように技術を磨くと、楽に働けます。

まとめ

 私自身の結論としては、社会に属している以上、傷つけられない、ストレスを感じないということはないんですね。ですから、それとどう付き合っていくかが重要だと思うのです。私は技術を磨くことといざとなったらやめても良いという逃げ道を残しつつ、ストレスと付き合っています。

それでも時々辛くなるので、ストレスと上手に付き合っているとは言えないかもしれませんが、会社員で働いているよりはマシなのかなと思えます。これからも辛くなる時もあると思いますが、そうしたらブログかツイッターに書きます。頑張ろう、俺。