いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

結婚して10年が経ったので結婚生活を振り返ってみる

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190802214759j:plain

結婚して10年が経ちました。誰も祝ってくれませんので、自分でブログに書きます(笑)。結婚というのはしない方が良いという方もいますけど、結婚はした方が良いですね。もちろん事実婚でも良いとは思うのですが、でも一度ぐらい結婚してみないかと思うのです。

結婚はこれまで育ってきた環境が違う二人が一緒に暮らすわけですから、いろいろな出来事があるわけです。子どもも生まれると夫婦関係も変化します。そこで誰も望んでいないかもしれませんが、勝手に結婚生活を振り返ろうと思います。これぞ、ブログですね。誰も望んでないけど勝手に記事書くぜ。

結婚までの道のり

 結婚パーティーをした時の記事が残っていました。これこそブログの良さですね。これを見ると分かるけど、正確に言うと結婚して11年ですね。去年記事を書けという話です。

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

上の記事でも書きましたけど、家族には結婚しないと言っていたのに、その後すぐに結婚してしまったんですよね。家族にとっては衝撃だったでしょう。でも結婚したいと思ったから結婚したというのが正直なところです。交際期間はほとんどありません。

そんな結婚生活がスタートしました。でもあの時結婚しなければ間違いなく結婚してないです。本当に妻には感謝です。全然収入がない自分と結婚してくれる人なんてほとんどいないと思いますからね。

 

www.gerge0725.work

  

結婚~子どもを持つまで

結婚した時には子どもを持とうとは思わなかったんですよね。自分の遺伝子が残るのって不安ではないですか。自分のような人間が生まれてしまって大丈夫だろうか、自分が子育てできるだろうかという不安があったわけです。 

www.gerge0725.work

それでも子どもを持ったのはこのまま二人の生活で良いのかなと思ったから。これも子ども持ってみようと思って持つことにしました。そういう意味では子どもを持つということを軽く考えすぎていたかもしれません。

子どもを育てるということに対してどのようなイメージを持つか。子どもって寝ている印象ありませんか。もっと楽に子どもを育てられると思っていませんか。育ててみたら全然違いました。最初からトラブルの連続でした。

 

www.gerge0725.work

 

子どもが1人の時代

子どもが1人の時はとても大変でした。2人の方が大変だろうと思うかもしれませんが、とにかく夫婦ともに初めての子育てですから、本当に悩みながらの対処です。以下の記事にも書きましたが、寝ない子育児は大変でしたね。おまけに母乳育児。妻は寝れませんでした。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

自分もあまりにも役に立たない感じで、電車の中で涙が出てきたのを覚えていますね。本当に育児大変だった。いろいろな人に「いつになったら楽になりますか?」って聞きに回ったのを覚えています。

そんな意見が助けになるとは思わなかったけど、藁にもすがりたい思いだったんですね。実際にはただ乗り切っていくしかないということだったのですが、「いつか楽になるよ」なんて言葉は言わないでほしかったですね。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

あの時は出口が見えず本当に大変だったので、安易なアドバイスは逆につらいですね。子どもっていろいろなので、子どもによっては楽な場合もあるんですよね。「よく寝てくれる子なので」と言われると、「なんでうちだけ寝ないのか」と本気で悩みましたね。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

子ども2人時代に突入

そんな大変な時代を過ごしたわけですが、それでも二人目を持ったんですよね。やっぱり一人だと寂しいかなと。でも本当にそれで良かったのか。今は良かったと思うのですが、生まれた時はまたも寝ない子で大変でした。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

体は結構ではあるのですが、やっぱり寝ないんですよね。長男は早起き型だったのですが、次男は夜、なかなか寝ない型でした。だから私も抱っこしながら仕事して起きてましたね。この時は仕事を変えて家にいたので、それはそれでよかったと思っています。 

現在

現在、長男は小学2年生で次男は年中です。いろいろと楽しく生活もしていますが、まだいろいろと大変です。特に次男は保育園行きたくない病を発症しておりますので、いつも説得するのが大変です。

結婚だけでなく、子どもを持つということは想像を超える世界です。私も全然イメージと違いました。それでも結婚して家族ができて、自分が生きる意味がそこにあるのかなと思っています。

自分自身は特にやりたいこともなく、特別な才能があるわけでもありません。それでも生きていこうと思えるのは家族のおかげです。いろいろ大変なことはありますが、そんな生活をくれた妻にはありがとうを伝えたいです。今後も何とか頑張ろうと思います。

 

www.gerge0725.work

素敵なパートナーはどこかにいるとは思うので、無理せず婚活もして言ったら良いかなと思います。私の弟二人も婚活中です。そのためにもいろいろな異性に会うのが必要かもしれませんね。

 

婚活を始めるなら