いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

選択に迷ったときはどっちが元気な自分でいられるかで選べばよい

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200209224341j:plain

選択に迷うということは誰にでもありますよね。自分がこれからどうやって歩いていったらいいのかっていうのは、人生において1度は決めなければならないことだと思います。

以下のブログの記事もそうなのですが、ゆうきさんはアラサーなんですよね。自分はもう40代なので、ある程度、選択を何回か繰り返していて、慣れているところがあります。

でも30歳ぐらいの時の選択は意外と大きな感じがするんですよね。今回は出世に関して悩んでいるということなのですが、とくに自分らしくいられるかどうかというのが問題視しています。

上は、「何も分かっちゃいない」なんてことは無かったのだ。分かった上で、様々な都合やバランス、多くの人のモチベーションがそれなりに維持されるよう、捻り出して決断されたのが「今の環境」だったのだ。

 

私もそうなってしまうのか。「立場」が「変化」を封殺してしまうのだろうか。そうなると、いよいよ仕事人としてのアイデンティティが危うくなってくる。自分なりに懸命に築き上げてきたプライドが崩れそうな予感がして、怖いのだ。

www.jigowatt121.com

たしかに今までの人生を振り返り、今後の人生を考える分岐点というものはあるわけですが、自分もそうですけど、考えるほど問題が複雑化していって結論が出ないということもあるんですよね。

 

思考は選択の問題を複雑化する

考えることというのはすごく大切なんですけど、選択という問題に関しては考えることで問題が複雑化することがあるわけですね。何故かというと選択に関しては、どちらがうまくいくかはやってみないとわからないからです。

ある問題を改善していくという場合は、考えることで改善策が出てきてより良くなることが多いわけですが、選択は結論が出ないので、考えることで選ぶのがより大変になるだけなんですね。

そのため選択に関して言えば、「えいっ!」ともう決めるしかないわけです。しかしサイコロ振ってどっちがよいと決めるわけにはいきません。いくらどっちがいいかわからないとしても、なんらかの根拠を持ってどちらかを選択すべきではあります。

選択の問題は元気になるかどうかで決める

ではどんな基準で選択すればいいかというと、まさに考えないことなんですよね。考えないということは、どっちが元気になるというだけなんです。すごくシンプルだと思うんです。

自分もフリーでやってきて、いろいろな人たちと取引をしましたけど、仕事するかどうかの判断基準は、お金だけでなくて一緒にやって楽しいかどうかなんですよね。

どんなにお金をもらえても、自分が辛くなることはできないと思うんですよね。ということは何かを選ぶ時も元気になるかどうかで選べばよいだけなんです。私はそうやって選択してきたんですけど、精神的にはかなりよい感じですね。

決して儲かっているとは言いませんけども、現在の仕事量にもう関わらず、元気に過ごせています。とくに趣味も何もないし何かやりたいことがあるわけでもないですが、満足して生きていけているわけです。ただ体力は落ちているので疲れは出しますけどね。これは歳です(笑)。

 

大切なのは選択することよりも続けること

それで選択してみて思うのは、選択してから先の方が長いんですよね。結婚も同じじゃないですか。結婚することが目的ではないです。結婚してからの方が長いわけですよ。結婚して安心していたら、離婚に至ることもあるわけです。

結婚を考えればわかりますけど、結婚生活を続けるのはすごく大変なんですよね。結婚生活を続けようとしたら、努力をするではないですか。仕事でも同じです。選択をしたら、その仕事を続けるために努力しなければなりません。

もしかしたらその選択を続けることで、元気ではなくなってしまう可能性もあります。また続けるためには色々と工夫も必要です。そこで思考が必要になるんですね。考えることをしなければ、その選択が楽しくなくなるだけでなく、その選択そのものがダメになってしまうこともあります。

続けた先にはまた選択がある

また続けていくことで、次に選択する場面が訪れるんですよね。選択することが連続で起こってきます。だからだんだん長く生きてくると、選択の繰り返しなので一つひとつの選択に悩んでも仕方ないなって思ってしまうんです。

そういう意味では、選択に悩むのではなく、続ける中で悩んだり考えたりしていくのが正解だと思うんです。だからどっちを選ぶかっていうのは単純に、「どっちが元気になれるかな」ぐらいでよいと思います。もし辛くなったらまた違う選択を探せばよいのだから。

 

まとめ

人生において小さな選択っていろいろしてきたと思うんですよ。それで大きな選択っていうのはすごく悩むものなんですけど、でも小さな選択と同じなんですよね。悩んでも答えが出るわけではないので、早く結論を出して先に進んだほうが得なんです。

そこで選ぶ基準は元気になれるかどうかです。この基準がとてもシンプルでいいと思っています。もしかしたら続けていくことで辛くなることがあるかもしれません。そうなったらまた別の選択を探してみればよいのではないでしょうか。

長く生きていれば選択が一度なんてことはありません。いつ何時大きな選択が再び訪れるかわかりません。選択に悩まずまずは選んで、歩みを進めながら考え、悩んでいけばよいのではないでしょうか。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu