いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

中学受験で家庭教師に頼むなら4つの基準で選ぶ!プロが教える家庭教師の選び方

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190827224725j:plain

中学受験をしたいと考えた時にまず考えるのが塾ですよね。私自身中学受験の塾経験が長いので、いろいろな塾に勤務したことがありますので、良い塾もあれば悪い塾もあるのはよく知っています。

以下の記事に中学受験の塾については書いていますが、基本的には体験をして合う合わないを判断してもらうのが一番だと思います。ひとつ体験してそこに決めてしまうのはもったいないので、いろいろと体験して見ることがおすすめです。 

体験して比較できる塾探しはこちらから

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

さてそれで塾だけでは間に合わないとなって、個別指導塾に通うか家庭教師を頼むかとなるケースも多いです。大手塾はほとんどが個別指導塾を併設していますので、そちらに通ってもらえればうれしいわけです。

しかし、個別指導塾の場合、先生がすぐに代わることもあるし、できれば自宅で勉強させたいという人もいます。私の知人でも家庭教師を頼んでいる方が意外と多いです。それでいつも「どうやって家庭教師を見つければいいですか?」と聞かれるのですが、家庭教師はさまざまなところに所属している方が多いので、どこで探すというよりもどんな人にお願いするかの基準を明確にしておいた方が良いと思うんですね。

それで私ならこんな家庭教師の先生にお願いしするという基準がありますので、今回はその基準を紹介します。もし家庭教師選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

 スポンサードリンク 

 

中学受験の家庭教師を選ぶ基準とは

私が家庭教師を選ぶとしたら以下の4点を基準に選びます。これはこれまで会ったり聞いたりした家庭教師像を参考に抽出しています。ぜひ参考にしてください。

1.豊富な塾経験がある方

中学受験に関していうと教えている経験が無いと厳しいです。どうしても東大卒などのブランドに引かれてしまうかもしれませんが、いろいろな塾での指導経験がある方の方が信頼があります。

中学受験の場合、小学生がやることですから、時にはやる気がないこともあります。そうした生徒に指導したことがあるかなど指導歴は本当に重要です。どんな塾で教えてきたのか、指導実績ではなく、その経歴を聞いてみましょう。

御三家に何人受からせたなどは御三家に行かない人には関係ないことなので、そうした実績に惑わされないでください。

2.偏差値で判断できる方

これは塾でも多いのですが、偏差値を無視した受験指導をする人がいます。偏差値が低いのに「受かりますよ」と言うのです。私の知人もそう言われて、ある学校を受けたのですが、見事に受かりませんでした。

あとで偏差値を聞いたら、とても受かるような偏差値ではありませんでした。しかし、中学受験では講師の感覚みたいなもので、受けさせる受けさせないを決める人がいて、そうした講師に教わってしまうと振り回されます。

もちろん偏差値を越えた合格というのはありますが、合格可能性20%以下で合格することはほとんどありません。受かるかどうかは偏差値を基準に決めましょう。そして偏差値や模試の成績に基づいて指導してくれる先生を選びましょう。

3.お子さんの志望校に入学させた経験がある方

中学受験の場合、志望校によって問題の傾向が違います。お子さんが行きたいと考えている学校に受からせたことがある講師を選ぶのが無難です。もちろん、ある程度指導経験があれば、過去問を見てレベルが分かるものですが、合格させた経験があれば、「以前教えていた生徒はこんな感じでしたよ」と比較してアドバイスをくれます。

志望校が固まっている段階で家庭教師の先生を頼む場合は、その先生に志望校の指導経験があるか確かめてみましょう。

4.金額相応の能力がある方

家庭教師なのですが、高いです(笑)。1時間1万円なんて言うことも普通にあります。塾代もかかって、+家庭教師代なのですが、本当に高いです。しかし、この値段に見合わない先生というのが意外と多いのがこの業界です。

私の知人も高いお金を払って家庭教師を頼みましたが、合格しませんでした。それなら私に頼めばよかったのにと思いましたが、それは仕方がないことですね。家庭教師の料金の場合、仲介業者が中抜きすることが多いので、仲介業者を入れなければ実際には安いという先生もいます。本当にお金に見合うのかどうか、体験授業を受けてから考えるようにしましょう。

合わないとわかったら変えた方がいい

家庭教師を選んで合わないと思ったら、すぐに代えた方が良いです。最後までズルズルといって、結局不合格ということも多いです。本人との相性もありますので、最初は良いなと思っても、あとでダメな場合はすぐにチェンジするようにしましょう。

中学受験の家庭教師は比較して選びましょう

これまで家庭教師を選ぶポイントを4つ紹介しました。中学受験は一度しかできません。後悔しないようにお子さんに合った家庭教師を選ぶようにしましょう。その際には必ず体験をして、さらに複数の家庭教師を比較したうえで決めるようにしてくださいね。 

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!