いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

はてなはどこへ向かっているのか~はてなブログを考える

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191030103558j:plain

はてなブログを始めてもう6年ぐらいが経ちました。このブログはFC2の時代から始めていますので、10年ぐらい続けています。途中、更新できない時期もありましたし、しょうもない記事は消しているので、記事の数は1300ぐらいです。

はてなブログはいろいろ言われていて、そのデメリットも述べられていますし、それはその通りだと思うのですが、「あなたワードプレスだよね」と思うことも多いのです。はてなブログをやっていて、「デメリットが○○」というのは分かりますが、ワードプレスなんだから関係ないよねと思うわけです。

それではてなブログを続けている私としては、「はてなはブログサービスをどうしたいんだ!!」といつも叫んでいるわけです。というのも個人でのSEOが難しい現在において、はてなのようなコミュニティーは大変重要になってくるんですよね。

はてながブログ文化を支えて、さらにブロガーを育てる気があるのかどうかということが一番気にあるわけです。

 

はてなブックマークの問題

はてなブックマークはてなブログが新着で上がらないという問題は結構言われているんですよね。さらに10ブクマまでは「nofollow」になっているようです。新着に上がらないことで嫌になってしまう人もいるようなんですよね。

私は上がったらラッキーぐらいで続けているので、気にならないのですが、どういう風に新着に上げる上げないを判断しているのかは気になりますね。「はてぶの被リンクの効果が下がっているからワードプレスだ」という方もいるので、説明したほうがいいのでは?と思います。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

 

アフィリエイト解禁とトップブロガーの書籍化

今年示された方針としてはまずアフィリエイトの解禁です。解禁と言っても、すでにアフィリエイトは利用できていたので、それが公式にアフィリエイトとしてブログを利用しても良いですよとなったわけです。

はてなブログ個人営利利用ガイドライン(2019年10月1日施行) - はてなブログ ヘルプ

これはひとつの時代の流れなので、ある意味、現状を追認しただけかと思います。もちろん禁止事項もあるのですが、かなりアフィリエイトとして利用しやすくなっているとは思います。相席屋の記事でバンされた人もこれなら大丈夫なのでしょう(笑)。

それともうひとつが角川と組んでのブロガーの書籍化です。今回はフミコフミオ氏の本が書籍化されますが、こうした発表は私のような底辺個人ブロガーにとっては、ほぼ関係のないお話しです。

はてな、「はてなブログ」のユーザー支援でKADOKAWAと連携。ブログ書籍化などユーザーの活躍機会を増やす - プレスリリース - 株式会社はてな

アフィリエイトもしっかりとできていないし、書籍化の予定もありません。何か一部のブロガーのみに適用されるサービスではないか?

     思いは言葉に。
はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです。
ささいな日常も、忘れられない出来事も、はてなブログに書き残してみませんか。

はてなブログとは - はてなブログ

この文章をもう一度思い出してほしいわけですよ。はてなブログは何に答えるためにプラットフォームとして存在しているのかということです。

グーグル・ディスカバー対策で個人ブログ救済?

 そんなことを考えていましたところ、以下のような記事が出ていました。

Google Discoverは、多くの人にブログを読んでもらう上で重要な要素の一つになりました。はてなブログでこのアクセスが得られるよう、「フィード」と呼ばれていた数年前から調査を続けていまして、今では多くのはてなブログGoogle Discoverからのアクセスが得られるようになっています。

blog.hatenablog.com

なるほどこっちも考えていたのかとちょっとはてなを見直したぞ。ただグーグル先生相手ではどこまでいけるかは分からないですけど。ちなみに私は全然グーグルディスカバーには発見されません。

発見してほしいよ、グーグル先生。ということで、個人のブログにどこまで適用されるのかは分からないのですが、個人ブログに対してこうした対策を会社としてしてきたのでしょう。 

noteの代わりになる?クリエイターの収益化支援

それで最近発表されたのがカクヨムの収益化です。ただカクヨムの場合、小説を書く方向けのサービスなので、noteのようには利用されなさそうです。 ただこればかりは分かりません。

はてな、クリエイターのための収益還元プラットフォームを開発。KADOKAWAと共同開発した「カクヨム」で提供開始 - プレスリリース - 株式会社はてな

作家活動に新しい収益支援を──カクヨムロイヤルティプログラムが本日から始まります - カクヨムからのお知らせ

ここで終わるのか、それとももっと枠を広げて、noteのように収益化できるサービスになるのか、カクヨムは利用したことがないので正直分からないです。ただnoteは業績が悪いみたいなので、サービスが突如止まるかも!!という不安はあるかもしれません。

またUUUMとの提携もしており、こちらもどこを向いて商売しているのか…という感じはしますね。本当に個人クリエイターのためになっているのかな…。

当社が目指すのはあらゆる個人クリエイターのインフラとなることです。個人がコンテンツを発信し、直接ファンと結びつき、そこに対して直接ビジネスをしていくという、新しい商流が生まれつつあり、今後その動きはますます加速していくと考えています。当社はそのインフラとして、個人クリエイターが苦手な分野をサポートし、個人クリエイターとともにこの新たな「個人経済圏」を広げていきたいと考えています。

株式会社ピースオブケイクとの資本業務提携に関するお知らせ

 

まとめ

はてなブログは長く続けているので、これからも続けていく予定なのですが、個人ブロガーが増えてきている中で、もっと個人のブロガーが活躍できるようにしてほしいと思うんですよね。 

はてなコミュニティーがいいかどうかは別にして、ブロガーを育てるプラットフォームとして頑張ってほしいなと思います。あと最近、自分が読んでいるブログでも「PV少なくて辛い」「PV落ちた」という方が散見されます。そんなものは無くても大丈夫です。他にもブログの良さはありますのでぜひ続けて欲しいものです。

note.mu