いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

成長したくない人がいるわけではなく、仕事が一番ではない人が増えているだけではないの?

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200104085338j:plain

今更ながらなんですけど、向上心を仕事に対してもつ人は、そんなに多くないんですよね。仕事に対して向上心をもつのって、向上心を持たせるシステムがうまく機能していただけだと思うんです。

そもそも転職するという思考がない時代においては、そこの仕事がんばることに意味があるわけですよね。会社のために頑張るというのもあるわけですよ。もう会社が家族みたいになってた時代があるわけですね。

そうした時代、会社は終身雇用や年功序列の制度で社員に報いてきたわけですね。しかし今、会社は終身雇用も年功序列も何もしないわけですよね。そういう会社において向上心を見せて頑張ったところで、何も報われないわけです。

だから向上心を見せる場というのが、仕事である必要は無いわけです。結局仕事の将来も不透明なんですよね。1つの会社に就職できれば最後まで勤め上げられるなんていう保証はもうないので、そんな不透明な将来のために何かを頑張るよりも、今の自分の生活を楽しむことの方が重視されるんではないでしょうか。

togetter.com

 

将来の自分よりも今の自分

年金払っていても将来は、年金だけでは足りないのでお金をしっかり用意しましょうと言われるわけですよね。でも普通に考えて用意なんかできないわけですよ。子どもの教育費もかかるのに、最後にお金が残っているわけがないですよ。

それでそんな不透明な将来のために、何かをかけるよりも自分がどうしたいかを重視するのではないでしょうか。だから会社の仕事に対しては向上心が見られないかもしれないですけど、たとえば趣味とかですね、そういうものに対してはかなり向上心を持っている場合もあるわけですよね。

仕事で向上心を見せて成長しても評価されもせず、給料も増えないのであれば、仕事をやる意味ないですよね。でも趣味だったら成長したらおもしろいことができるだろうし、楽しい人とも会えるかもしれません。

仕事に関しては、「今のままでもいいので、俺の大切な趣味の時間を奪うな」っていう人はほんとにいるわけですよ。でもその趣味に関しては、向上心がすごいあるんですよ。

たとえばスノボーやスキーには足しげく通い、その技術の向上に関しては、向上心をかなり見せているわけですね。だから仕事以外っていうものを考えるなら、向上心がまったくないって事はないと思うのです。

もっと楽に稼ごうとかだって向上心と言えば向上心ですよね。今よりも少しでも良くなろうっていうのが向上心なのであれば、何か1つは皆さん持っているんではないでしょうか。

 

キャリアの積み方が難しい時代かもしれない

仕事のところに戻ると、やっぱり仕事についてはキャリアの積み上げは難しいんだと思うんですよね。キャリアの積み上げが難しいというのは、先が見えないんですよ。先が見えないのでどう努力していいかわかんないんだと思うんですよ。

先があるけど、その先が見えるので、やるべきことって決まってくるんですよね。人生どこで何があるか分かっていれば、その時までに英語を勉強したりだとか、資格を取ったりしたりだとかするわけです。

今の場合、仕事においてこうなりたいっていう設定を自分でしない限り、率先して何かを積み上げていくということはしないと思いますね。とりあえず今この会社にいると、将来はわからないと。そして今やるべきことがよくわからない。

そういうのが一般的なんじゃないかなと思いますけどね。自分も人を雇っていうとやっぱりそういうふうに感じます。キャリアを築くために何かしろって言っても、「えーと何やりたいかわかんないですよ」みたいになります。

仕事以外で積み上げが必要なので向上心は大切だ

時代も大きく変わっているので、将来どういう仕事が評価されるかっていうのはわからないわけですね。そういう中でこうしたキャリアを築くという目的がない場合に、とりあえず何か英語でもやっとくみたいにはならないんですね。

「何が大切かなぁ」っていうと、仕事以外で積み上げたほうがいいと思うんですよ。将来役に立つというのが理想だと思うんですよね。こんなのが仕事になると思えないみたいなものを、少しずつ積み上げていく事が大切です。

今も自分はいろいろやってますけど、やっぱり積み上げって大切だと思うんですよね。たまたま今の時代で本業として積み上げてきたものが、また別の仕事に行かされていくわけですけど、なんでもいいので何かあと1つやり続ければいいと思うんですよ。

そのやりたいことが別に仕事である必要はないんですけど、ただ仕事になる可能性はありますね。そういうものの方が、将来的には意味があるとは思います。そうしないと将来どんな仕事が評価されるかわかんないですからね。今の仕事はなくなってしまうかもしれません。

 

まとめ

仕事で向上心見せろなんていうのは、もう使ったことがないし、小学生にも言えない発言ですね。自分のためとか将来のためとかってわからないじゃないですか。わからないことを言って向上心が必要と言っても意味がないんですよ。

だからむしろ「何か楽しいことを続けなさい」ぐらいのほうがよくて、会社であれば、その能力をどうやって会社として生かしていくかと考えた方がいいんですね。その能力を社員の専門性だというふうに考えてて、うまく会社の業務にマッチさせる必要があると思います。

でもそもそも考えるとマネジメントってそういうことなんですよね。そういうことやんないと管理職の意味ないですよね。まぁそんな過激なことを思いながら、役員として私も頑張りたいと思います。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu