いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

フリーランスが優秀とか誰が決めたの?世の中に優秀な人はたくさんいる

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200215083644j:plain

ある方と話して「大企業行けば優秀な人はたくさんいて、フリーランスが優秀みたいに言っている人たちはそういう人たちに会ったことが無いんだろうね」という結論に至った。

そうなんだよなと思う。世の中には自分には勝てないだろうという圧倒的な差を感じさせる人間たちがいて、そうした人に会うと「自分が優秀である」なんて思えないわけです。さらにフリーランスを必要以上に持ち上げ、会社員は無能みたいにも言えないわけですね。

そういう人たちは本当に優秀な社員の人に会ったこと無いだろうし、そもそも会社で働いてない(笑)。一流企業がなぜ一流かといえば、一流の人材が集まっているからで、まあ中には変なのもいるけど、総じて優れている人が多いと思う。

官僚批判も出るけど、官僚も総じて優秀だし、「あなたよりはできる人たちだと思うぞ」となるわけです。一部ダメなのが政治家になることがあって、そのダメさ加減が可視化されてしまうのは、官僚に対する風評被害だと思う。

 

優秀な皆様の特徴

私のようにダメダメ人間では優秀な人たちは、以下のような特徴があると思います。これは私が実際に会った人たちの特徴です。

1.視野が広い

優秀な人には視野が広い人が多いですね。いろいろな分野に興味を持っている人が優秀です。もちろん専門分野も持っているのですが、それ以外の分野に対する造形が深すぎる。そこまで知っているのか…という話になります。

そうするとどんなことが起こるかというと、話が早いんです。分野が違う話をする場合、基本情報の共有が必要になるのですが、そうした共有をしなくてもいいとなると、結論まで持っていく時間が短縮されるわけです。

全然知らない分野の話をいきなりされても分からないですよね。自分はよく分からないことは、事前に調べていきますけど、そんなの調べなくても知っている人もいるわけですね。

あとビジネスの細部の知識は分からなくても、ビジネスを大枠で把握している人は、その大枠に基づいて話せるので強いですね。アドバイスとしては有益なことが多いです。こうしたビジネスの大枠は、理論的な部分なので、実践だけでなく勉強しないと身につかないです。

そのため、優秀な人は勉強もすごくしていることが分かります。優秀な上に勉強家…。それは勝てないですね(笑)。

2.相手のことを考えられる

相手のことを考えられるかどうかはとても重要な要素です。優秀なことを勘違いして、自分で何でも決める人いるではないですか。それでうまくいくこともありますけど、限界もあります。

あとビジネスをやる以上、お客様の存在は前提としてあるわけですよね。「自分がこれはいい!!」と言ったものが必ず売れるわけではないんですよね。それはアマゾンでも何でも同じなんですよね。

市場調査をして商品を販売するとしても、それでも売れないことがあるんですよね。ペルソナとか言いますけど、それも「そんなペルソナあるかよ」ということを平気で説明する人いるんですよね。

「それはあなたの妄想でしょう!」と思うんですけど、本人はいたって真面目なんですよね…。

あと仕事一緒にしていて、相手のことを考えられない人と仕事をするのは思った以上に大変です。一緒に仕事をしているのに相手のことを考えてないので、要求がひどいです。よくあるんですけど、金曜日の夜に頼んで月曜日までというやつ。

「それ休まないで仕事しろってこと?」となるわけですよね。そういう人と仕事すると本当に大変わけです。夜中でも連絡きますしね…。

 

www.gerge0725.work

 3.適切な自己評価

自己評価を適切に行うことも重要なんですよね。何の根拠もなく、自信だけある人いますよね。「お前、いい加減にしろよ!」と思うんですが、自分の評価と周りの評価がずれている人の相手は大変なんです。

 

www.gerge0725.work

でも意外とそういう人は多くて、ツイッターで見られる「俺が、俺が」みたいな人はほとんどダメですね。リアルでもああいう人はいて、すごい自信満々で来たので仕事を任せたら全然ダメだったこともあるわけです。

自己評価高すぎる人は地雷なので、逆に疑ってかからないと仕事できないんですよね。あとで「全然できませんでした」と平気で言われることもあります。自己評価が低すぎるのも問題かもしれないですけど、低いぐらいの方が丁度いいと思うんですよね。

だって評価って人がするものですよね。自分の評価の方が人の評価よりも高いということがそもそもおかしいわけです。こうした「俺、すごいぜ」という人に騙されないようにしましょうね。ツイッターは特に多いですからね。

 

優秀な人とたくさん会うことが大切

世の中には優秀な人はたくさんいて、自分の位置を知るためにも優秀な人とはたくさん会った方がいいですね。それは大学でもいいし、会社でも良いんですけど、会いに行かないと会えないです。

そうした人たちと会って、自分との差を実感することはとても大事です。そうすることで自分の能力も客観的に見えてきます。自分は「○○の専門家」ってなかなか恐れ多くて使えないです…。そんなことを考える週末でした。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu