いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

良いブログって何ですか?勝手に良いブログを考える会

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191219143634j:plain

皆さんブログを書いてますか。私は一応ブロガーにあたるので、誰も読んでくれなくてもブログを更新しています。もちろん間が空いていたこともあるので、もっと長きにわたってブログを書き続けておりますが、それでも私は長い方ではないでしょうか。

ブログについて考えてくると、必ずといっていいほど良いブログとはどんなブログなんだろうという話が出てきます。もちろんブログでお金を稼ぐということがメインであれば、お金を稼ぐブログが良いブログになるわけですよね。

しかし、ブログでお金を稼ぐことだけが目的ではありません。特に読み手にとっては、自分が読んだブログが稼いでいるのかどうか興味がないわけです。ということで、今回は勝手に良いブログについて書いています。

書き手にとっての良いブログとは

書き手にとって良いブログっていうのはどんなのなんだろうなぁと考えるんですね。お金を稼ぐことが目的であれば、お金を稼ぐことができるのが良いブログだと思います。

ただ記事を書くという意味では、良いブログっていうのはどういうブログなのかなぁと思うんですね。基本的にはブログを書けば、多くの人に読んでもらえるのが良いブログなんでしょうね。

ただ長く続けてくると、読まれるから良いブログというイメージもなくて、毎日読んでくれるのが良いブログかなぁと思ってしまうんですね。書いている側としては、新聞のように読んでもらい、何か気づきがあればいいなと思っているわけです。

そういう意味では、検索されて読まれるというよりも、購読している人が読んでくれるっていうのが理想です。

 

読み手にとっての良いブログとは

読み手にとって良いブログというのは、検索して入ってくる場合は、必要な情報が書いてあることですよね。ただそれはブログである必要もなく、企業のページでも良いですし、個人のウェブページでもいいわけです。

読み手としては、ブログということを意識して検索して読んでいるわけでもないと思います。ただし、ブログを購読して読む側としては、検索して読む人とは目的が違うんですね。そこには、書き手そのものの個性のようなものが見える方が良いブログになるわけです。

私もいろいろとブログを読みますが、「これは検索しても出てこないだろうな」というブログに会うことが多いです。

PVが無くても良いブログ?

ブログの話をする際には、必ずPVが出てくるわけですよね。確かに多くの人に読まれるブログは良いブログの定義のひとつになります。では、PVがなくても良いブログというのはあるのでしょうか。

基本的には多くの人に読まれた方が良いブログだと思うんですよね。でも読み手としてはそんなことは無いわけです。つまり自分が読みたいものがそこにあれば、そのブログが多くの人に読まれていようがいまいが関係ないわけです。

ただ多くの人に読まれるブログは、PVがあるブログなわけで、PVがあれば多くの人が読んでいることが証明されるわけですから、そういう方たちから良いブログと思われる可能性が高くなります。

つまり、ブログ村のようにブログの投票すれば多くの人に読まれたものが良いブログとして上位に上がってくるわけですよね。ただブログの面白さって、一期一会みたいなものがあるんですよね。

自分が思っていたようなものが、そこに書かれていると言う奇跡的な状況も見受けられるのです。そういうブログに会うと、感動することがありますね。ただ多くの人に読まれているのかどうかは分かりません。

いちいちこのブログがどれくらいのPVがあるんだろうと確認することはありませんよね。

 

私にとって良いブログは人生が見えるブログ

それで私はどういうブログが好きかというと、人生が見えるブログが好きなんですよね。人生が見えるというのは、その書き手がそこに見えてくるのが好きなんです。だから金太郎飴みたいなブログは読まないですね。

ただ情報を提供するという意味では、そこに書き手が見えなくてもよくて、面白い知識が入っていればいいわけですよね。ただブログだと書き手が見えないと全然面白くありません。

特に自分が今人生で悩んでいるようなことが、ブログでその答えが書かれていると嬉しいですよね。子育てに困っている方たちは、子育てブログを結構読むと思うんですよね。何か正しい答えを教えて欲しいというよりも、自分と同じ悩みを持ってるんだと思うだけで、嬉しくなると思います。

ただこの人生が見えるブログというのは、意外とみんな続かないんですよね。その原因としてはネタ切れもあるのかもしれませんが、ブログを続けることそのものが非常に難しいですね。続けなくても何も起こらないので、そういう意味で続かないまでです。

自分の場合ははてなブログばかりを見ているので、その中でいくつかそうした書き手が見えるブログがあって読んでいるわけですけど、今ネタ切れになっているところもあるのかもしれないですね。

ただまぁそうしたブログを書くことは、良いことではなくて、あくまでも自分にとって面白いなと思うだけですね。だからこういうブログを書いても読まれない可能性もあるし、稼げない可能性も高い。

だから続かないというのもあるんですかね。普通のブログでお金を稼ぐというのは、最近はほんとうに難しくなっているので。

 

 

まとめ

勝手に自分にとっての良いブログについて書いてみましたけど、ブログは人それぞれの目的があって良いんですよね。少なくとも書き手にとってはそうです。ただ読み手のことを考えた場合は、読んだ人が分かりやすい文章で書くことはした方が良いですね。

中身についてはその書き手がそこに出てくるわけですから、書き手そのものが面白いかどうかだけです。面白い人なら面白いブログになるので、自分の人生を楽しむことがブログを面白くする最も良い方法かもしれませんね。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu