いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

「友達がゲームの話しかしなくてつまらない」という長男にどう答えるかという問題

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200222003844j:plain

長男も小学校2年生になりまして、Nintendo Switchも購入し、ゲームを楽しんでいます。ただゲームはいろいろな種類があるわけで、自分が持っているものと友達が持っているものが違う場合も当然あるわけです。

小学生の中では、スマブラからフォートナイトに移っているようで、スマブラが好きな長男としては、なかなか仲間に入れないという状況だそうです。私は子供にゲームをやらせてないということもなく、例えばMinecraftを楽しんでやっているわけですが、学校にいる時がつまらないと言い始めているんですね。

確かに話題に入れないのは辛いかもしれないです。しかしフォートナイトの話ばかりしているわけでもないと思うんですね。本当はもっといろんなことをやっているはずだし、スポーツもやっている時があるわけですが、それでも会話に入れない時があるんでしょうね。

 

フォートナイトは小学校2年生にはまだ早いという家族の意見

フォートナイトは無料なんですよね。だからダウンロードすることは非常に簡単なわけですよ。もちろん課金が上手に仕組まれていて、お金を稼ぐ仕組みができているので、お金がかからないというわけではありません。

ただフォートナイトは本来、15歳以上が対象年齢なわけですよね。もちろん親が許可すればできるわけですけど、やっぱりその内容が気になってしまうわけですね。あと意外と言葉が汚いですよね。普通に「死ね、死ね」とか言いますからね。

あとチャットがいろいろできるので、全然知らない人と会話しかねないということもあります。さらにフォートナイトをやってる人は、なかなか時間になっても終われないといいますよね。あとちょっとと言って時間が過ぎていくとも言われています。

そんなに無理して禁止する必要は無いだろうと言われるかもしれないんですが、ちょっと今は様子見段階であるのは間違いないんですね。他の親御さんでも、これらの理由でフォートナイトはやらせないよと言う方もいるわけです。

長男もどうしてもフォートナイトがやりたいというわけではない

長男の話を聞いていると、無料だからやらせてとはいうんですけど、よくよく話を聞いていくと、フォートナイトをやりたいというわけではないんですよね。会話に入りたいということなんです。

以前に青鬼オンラインもやりたいということがあったんですね。友達が青鬼オンラインをやっていて、話に入れないと言っていたわけです。その時は青鬼オンラインを入れたんですけど、今、全くやってないですね。さらに言えばその時、青鬼オンラインができなくて友達と話ができないと言っていたその友達とは、もう遊んでないんですね。

そういうことを考えると、自分の気があった友達がしっかりとできればそんなに問題もないし、おそらくフォートナイトもそんなにはまらないんだと思うんですよね。いろいろ話してると「じゃぁ弟と一緒にゲームできればいいなぁ」とも言ってるわけです。マイクラのアカウント2つ作って、iPadで遊びたいって言っています。

だからゲームを与えて解決するというよりも、別の友達を作る方法を模索しようという話をしているわけです。友達は別に同じ学年でなくてもいいわけですね。同じクラスでなくてもいいわけですよ。

4月からのクラス替えで趣味が合う友達と一緒になりたい

そんな話をしていたところ、「〇〇くんと一緒のクラスになったらいいなぁ」と言ってるわけですね。その子とは全然クラスが違っていて、休み時間に少し話す程度なんですけど、妖怪ウォッチの話ができるらしいんです。

長男は妖怪ウォッチが好きで、今は妖怪学園が放送されていますが、おそらくそんなに妖怪学園は人気がないはずなんですよ。その中で妖怪学園の話ができるその子となら、話が合うだろうと思っているのです。

ちなみに男子じゃなくてもいいんじゃないかと言ったんですけど、それは却下でした。女子と遊ぶのは嫌だそうです(笑)。実はいろいろ習い事も行っているので、それぞれのところで友達ができてくるとは思うんですけど、学校の休み時間に誰と遊ぶかってすごい重要なんですよね。

結局学校は友達と遊ぶために行っているみたいなもので、休み時間に友達と遊べない=学校つまらないになっちゃうんですよね。だからそれで学校嫌になっちゃうともったいないなぁと思います。

だから4月からクラスが変わるので、そこでちょっと期待ですね。クラス替えまであと少しだから、いろいろ対策を考えようと本人とは話しています。ゲームも流行廃りがあるので、ずっとフォートナイトの話はしてないとは思うんですけどね。

 

ゲーム以外のことにも興味をもっと持ってもらえれば

親としてはゲーム以外のことをいろいろやってほしいわけですよね。そのため図書館に行って一緒に本を借りたりとか、一緒にアスレチックに行ったりとかいろいろしているわけです。

そういう意味では休みの日もゲームばかりしていることもなく、時間を決めたらすぐに止めることもできるのでいいんですけど、まだまだゲーム以外に面白いことがたくさんあると思うんですよね。

美術的センスを磨いてくれというのは無いですけど、今いろんなところに行って一緒に遊べたらいいなと思います。というのもそのうち一緒に行ってくれなくなると思うので、今のうちにいろいろ楽しいところいきたいわけです。

いろいろなことに興味を持つということはすごく大事だと思うので、興味を持って楽しく生きていってくれたらいいなぁと思います。

 

まとめ

子供を持つ親なら誰しもが悩むと思うんですけど、ゲームやらせないっていう方は少ないと思うんですね。でもどのゲームをやらせるかとか、どのくらいやらせるかって管理してあげないとわからないんです。

でもだんだん大きくなれば、今度はスマホが出てくるわけじゃないですか。スマホなんてもう自分で使い始めたら、親が管理できなくなっちゃうわけですよ。つまりスマホを持つ前に、自分で管理できるようにしてあげないといけないですね。

自分で管理することがゲームでもできるように、今のうちにしてあげて、ゲームばっかりの生活にならないようにさせたいなぁと思います。まぁ色々とやっぱり戦いですね。子育てはそういうもんだと日々学んでおります。

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu