いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

子育て中の旦那さんも友達が欲しい?ではオヤジの会を作ろうか

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190615224428j:plain

突然ですが、最近友達出来ましたか?会社では付き合い程度の友達はいると思いますが、それ以外でいますか。各自家庭を持って子どもがいると、あまり遊びに行く友達っていないと思います。私はそもそも友達が少ないので、参考にならないかもしれませんが、実際にPTAでも聞くと、旦那さんに友達は少ないようです。

どうやらパパ友が欲しいという方は多いようで、今回はそんな話を書きたいと思います。またPTAでオヤジの会も作ろうと画策中です。

パパ友が欲しいけどできないという現状

「パパ友」ができない父親たち
子どもと一緒に公園で遊んでいると、子連れの父親を目にするのだが、話しかけにくいのだという。BuzzFeed Newsにこう話す。

「子育てに対するスタンスが、わからないんですよね。休日に奥さんから『あんた公園に連れてってよ』って言われている人なのか。『行ってくるわ』って子どもを率先して連れて来ている人なのか」

スタンスがわからないが故に、話しかけて良いのか、何を話せば良いのかを考え、結果として話さないで終わってしまいがちだというのだ。

それは、子どもが通う幼稚園や保育園でも同じ。子育てに主体的に関わる父親がまだまだ少ないとされるからこそ、「パパ友」がなかなかできないのだという。

https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/yuruyuru1

実はこれを見て衝撃を受けたのですが、皆さん、公園で他のお父さんに話しかけようとしているんですね。結構びっくりです。私の場合、子育て支援の場に出入りしていたので、むしろ女性の知り合いの方が多いです。しかも普通に声を掛けられました。

それが原因でPTA会長やっているような気がするのですが、ひとりで公園に連れていって遊んでいるということはありませんでした。子育て広場も同じですね。確かに女性同士とは全然違いますが、「パパ友欲しいぜ」とはなりませんでした。

子育て支援をしているとパパ友の会は意外と多い

子育て支援の場所に通っていると分かりますが、パパの会はとても多いです。ほとんどの子育て施設で企画されています。私もそのメンバーになっていましたし、飲み会も企画されていたので、行ったことがあります。

ただ子どもは大きくなるのが早いです。そうした子育て施設って小さい子が通うんですよね。私の長男は小学生ですから、もうそういう場には通わないんですよね。そうするとお父さん同士のつながりってほとんどありません。PTAを見ていただくと分かりますが、お父さんはほぼ参加しません。

小学校に上がるとパパ付き合いが減る

PTAを見れば分かるのですが、男性参加率はとても低いです。男性の会長は多いんですが、一般の役員や委員になる人は少ないです。そもそも活動時間が日中など働く男性が参加できる時間帯ではありません。

男性は「副会長から本部に入って、会長をやりました」という人が多いですよね。僕はこれを「キャリア組」と呼んでいます(会場笑)。キャリア組は、お母さんたちがやるような“ふつうの委員”を経験していないので、現場をわかっていません。これからは「ノンキャリ」の男性が増えていかないと。だから僕は今年度、敢えて、ヒラの学年委員と運営委員をやっています。

父親もPTAで活躍を──会長・副会長ではないノンキャリアも増えていく!? | サイボウズ式

私はキャリア組なのでノンキャリの方はいないんですよね。かといっていきなりノンキャリの男性を増やすとなるとなかなか難しいです。でもPTAを大胆に変えるにはそこからだと思うんですよね。女性だけの会にしてはいけないと思うのです。

オヤジの会を設立しようと思う

それでオヤジの会を設立すべく動いています。近隣の小学校のPTAにはすでにオヤジの会があるところも多いんですよね。地域の友達って本当にいないようで、誰に聞いても「いない」と言っています。

もちろんサッカーなど習い事が同じで友達になる人もいるようですが、意外と試合も身に来ないようで、各家庭のつながりはないようです。お母さん同士の結束は強いんですけどね。

こうした会って難しいのは参加するとPTAをやらないといけないんじゃないの?なんて思われることなんです。それはノンキャリの男性を出したい自分としては、そこからPTAに来てほしいですが、まずはそんなことではなくて、学校に関心を持ってほしいですよね。

私はPTA会長をしているので、いろいろと学校の行事を把握していますが、他のお父さんは把握していないし、プリントも読まないと言っていました。家族の会話もないと言っている方もいました(笑)。

少しでも学校に関わることで、そうした意識も変わるのではないでしょうか。そこに期待しているところもあります。あんまり私は飲み会得意ではないですが、仕事ですから、飲み会も企画しないと(笑)。

まとめ

子育て中の旦那さんが友達が欲しいという話から、オヤジの会に飛んでしまいましたが、男性も積極的に学校に関わることで、学校も地域も変わるのではないかなと思っています。そんな期待をしつつ、オヤジの会を立ち上げたいと思います。集まるのがゼロだったらどうしましょうね…。

 

オタク主夫、PTA会長になる: パパと世間をつなぐコラム48 (主夫の友社)

オタク主夫、PTA会長になる: パパと世間をつなぐコラム48 (主夫の友社)

 
「パパは大変」が「面白い!」に変わる本 (扶桑社BOOKS)

「パパは大変」が「面白い!」に変わる本 (扶桑社BOOKS)