いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

名刺交換はいらない!Facebookを名刺代わりにしよう

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190622201945j:plain

皆さんはfacebookを使っていますか。私、こちらのブログは匿名でやっているわけですからこのアカウントではfacebookはやっていません。しかし、実際のビジネスではfacebookはかなり役に立ちます。

SNSと言えばツイッターをメインで行っていると、facebookなんてほとんど使っていませんでしたが、ビジネスを始めると使うようになったんですよね。ここではfacebookがなぜ役に立つのか紹介します。

名刺交換って意味ありますか?

ビジネスで最初にやることと言えば名刺交換ですよね。皆さんも名刺交換したことがあると思いますが、あれ、必要あると思いますか。もちろん、これから連絡を頻繁に取る可能性がある相手であれば名刺交換をして連絡先を覚えておく必要があります。

しかし、交流会などで名刺交換してもほとんど連絡を取らない場合もあります。またもらった名刺フォルダに入れて取り出さないということもあります。そのため交流会では名刺交換をするのではなく、facebookのアカウントを交換するのが一般的です。

facebookのアカウントを交換しておけば、やり取りが簡単にできますし、会が終わった後のお礼もすぐに行うことができます。facebookは他にも利用としているととても便利なことがあります。

Facebookの何が便利?

facebookが便利なのはメッセンジャーを使ったやり取りだけではありません。友達になっておけば、相手がどんなことをしているか知ることもできます。「いいね」をつけることもできて、現実のビジネスではほとんどやりとりがなくても、付き合いがあるかのようにやり取りができます。

またfacebookで電話することもできますし、とても便利です。facebookを使っていると、LINEはほとんど使わないので、私はLINEの方が使いづらいです。LINEはPTAのやり取りぐらいです(笑)。

LINEと同じようにグループも作ることができますから、メッセージのやり取りも便利です。集合場所など、メッセンジャーでグループを作っておけば、スムーズに連絡できます。あとfacebookの特徴は実名ですね。そのため実際のビジネスでも利用されているわけです。

あと最近ではfacebookライブを使っている人もいます。facebookライブをすることで、友達にも知らせることができますし、そこで保存した動画をYoutubeにアップすることもできます。この動画をビジネスにおける集客に生かしている人もいます。

 

これからの中小店は「動画」で販促・集客しよう! (DOBOOKS)

これからの中小店は「動画」で販促・集客しよう! (DOBOOKS)

 

実は私自身はライブ動画がこれから重要になってくると思っています。というのも今のテレビは生放送をほとんどしません。ライブの面白さが伝わらないのです。Youtubeも編集している動画多いですが、ライブの方が面白いのは間違いありません。

これからライブ動画はビジネス集客でも役に立ちます。録画したものをYoutubeにアップしていもいいのですが、コメントを入れてそれにリアルタイムに答えるライブ動画は可能性があるでしょう。

この場合、名刺交換の代わりという意味とはズレますが、個人事業主などでファンを増やしたい人にはひとつのチャンネルとして重要になります。ライブ動画、チャレンジしてみてください。

Facebookの友達自慢に要注意

facebookはとても便利でビジネスに役立つのですが、友達自慢をする人も意外と多いんですよね。友達が3000人いますとか言われても困りますし、3000人いても「いいね」がほとんど付かないなんてこともあります。

あと「同じ友達がいますね」と言われて、「へえ、そうなんだ」と思いますが、それ以上にはなりません。まあビジネスの世界って意外と狭い世界なので、誰かとつながっている可能性は高いんですよね。だからそれを言われても…という思いはあります。

また「リア充アピール」が嫌という人もいます。

Facebookの機能のポイントは、日記のように日付をつけて出来事を書き込めること。それを他人が見ているページに挿入できるので、お互いの近況を確実に共有するには便利だが、他人から押し付けられたと感じることもある。

Twitterのように140字という制約もなく、思う存分書き込める。写真を掲載できる機能もあるので、「楽しかったこと」「嬉しかったこと」を他人と共有したい気持ちに火を点ける。

他人のリア充アピールなんて「どうでもいい」

それ自体は悪いことではないが、行き過ぎるといわゆる「リア充アピール」につながりやすいのだ。特に悩みを抱えた人や、退屈な休日を過ごさざるをえない人には、それを目にすることは煩わしい。

最初は楽しんでいた人も、いつしか「他人が何食べてるとか何してるとか、どうでもいい」という心境になってしまうのである。

増える「Facebookやめた宣言」 「リア充アピール」がうざい理由

確かに実名なので、悪いことは書かずに日々の出来事や良いことを書くことが多いんですよね。だから、どうしてもリア充アピールになってfacebookが嫌になるという人がいるんです。

ただビジネスであればそんなのは適当に置いておこうとなります。友達同士だとうざいかもしれませんが、ビジネス利用なら気になりません。またあまりにも気になる場合はミュートもできますので、こちらも推奨です。

まとめ

これまでfacebookの名刺代わりの利用について紹介しました。facebookがうざいという人もいますが、ビジネスでは名刺交換するよりも気軽で楽です。皆さんもぜひfacebookをビジネスに利用してみてください。

 

Facebook Perfect GuideBook 改訂第5版

Facebook Perfect GuideBook 改訂第5版