いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

同じ中学に行きたくない!!双子で中学受験をする理由

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190908224046j:plain

中学受験の指導を長くしているとさまざまなお子さんの相談を受けます。もう15年以上やっていますので、これまでたくさんの経験をしました。その中にはもちろん双子の方もいるわけですね。

双子の方は当たり前ですけど、二人とも同じ時に受験するわけですから、全部普通の人よりも2倍かかるわけですよ。2倍ですよ、ちょっと信じられないですが、それぐらいお金はかかります。それでも中学受験をするには理由があるのです。ここでは双子の中学受験に絞って紹介します。

 

 スポンサーリンク

 

同じ中学に行きたくないから中学受験をする

だいたいの子の中学受験の理由はこれですね。同じ中学に行きたくないんですよね。でも先ほども述べたようにすべて2倍かかるので、それなりの経済力がないと難しいというのが現状です。

あと最近は公立中高一貫校があるので、どちらかはそちらの学校に行ってほしいという親の願いがあります(笑)。それでも簡単にはいかないのが中学受験ではありますが、私が知っている双子はだいたい上手くいっています。

やっぱり「一緒の学校に行きたくない!!」というパワーが働くからなんでしょうか。あとあいつには負けたくないというのもあるかもしれませんが、うまくいった事例が多いですね。

もう比較されたくない!!別々の人生を歩むんだ

これまでずっと一緒なんですよね。習い事は別にできますけど、10年以上一緒だとさすがに嫌みたいです。よくよく考えれば名前間違えられるのも嫌ですよね。「あれ、お前とっち?」みたいなことも言われるわけです。

小学生は人の気持ちを考えずに発言することが多いですから、名前間違えられたり、比べられたりするのはイヤですよね。そうしたことが多いわけですから、それはもう別の学校に行きたくなるはずです。

子どもだけでなく、学校の先生も親も場合によっては比較しますよね。それは仕方がないことなのですが、本人たちは当然嫌なのです。

双子で中学受験をする際の注意点

双子で中学受験をする際には以下のような注意が必要です。これは今、私が思いついたものなので、追加があればさらに追加していこうと思います。

1.受験校が被らないようにする

中学受験をする理由が同じ学校に行きたくないということなのですから、別の学校を選ばないとダメです。1校ぐらい被ることはあるんですよ。でも第1志望だけは絶対に別にしないとダメです。

同じ学校を受けることの何が問題かというと、どちらかが受かってどちらかが落ちると受験が大変になるんですよね。それは精神的な問題です。家族に合格者と不合格者がいたらどうでしょうか。しかも同じ学校を受けて結果が異なるのは大変問題です。

そうならないためにも全く別の受験であると、お互いにしっかりと思ってもらうことが重要です。

2.とにかく比べない

先ほどの受験校とも関係がありますが、とにかく比べないということが大切です。分かっていてもやってしまうことが多いのですが、受験をすると決まったら特にすべきではありません。

ふたごの育児の中で、ふたご自身が嫌なことに「比べられる」というのがあります。多胎児と単胎児を比べるのも条件が違いますからあまりしない方が良いですし、ふたご同志を比べるのも、ふたりがいるところでは避けた方がいいと思います。特に、叱るときに、「○○ちゃんはちゃんとしているのに、△△ちゃんは何でできないの」と比べられることほど嫌なことはありません。片一方が何かいけないことをした時には、純粋にその子のその行為を叱ればよいのであって、もう一人は関係ないのです。いけないことをした子にしっかりと向き合って、その子をしかるとふたご本人も納得します。ふたごもほめられたり、叱られたりしながら、段々と成長していきます。

ふたご(多胎)に関するミニ知識:ほめ方・叱り方 | JAMBA|一般社団法人 日本多胎支援協会

じつはこれを書いた方も双子です。だからこのようなことが書けるのだと思います。比較するのは本当に良くないことなので、自分もいつも気を付けています。ただ子どもから聞いてくることも多いんですよね。

「俺、○○よりしっかりやったよね」と聞かれます。こういうのは正直に答えるようにはしていますが。

3.公平に教える

教える側としてはこれです。とにかく公平にすることです。どちらか一方に偏ると、すぐに機嫌を損ねます。自分の方を見てほしいという思いは小さいころからあって、それは顕著に見られます。

だから同じ時間に教えないようにして、親には違う時間に授業をさせてくださいと伝えています。その方が本人たちも良いようです。あとは先生をマンツーマンですね。それぐらいしかないですね。お金かかりますが…。

まとめ

双子の方で中学受験を考えている方も多いと思います。中学受験でなくても高校受験はあるわけですから、そうした時に「同じ学校には行きたくない」となるケースは十分考えられます。

本人たちがどのような人生を歩みたいのか、そのために親として何ができるのか。そして教える側として何ができるのか。いつも考えています。みんな成功してほしいなと願って教育をしているところです。

 

塾選びに迷ったら…

塾を決めるときは体験授業を受けて、他の塾と比較してから決めましょう。塾は基本的に良いことしか言えませんので、塾選びは慎重にしましょうね。 

体験授業ができる塾を探してみる