いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

中学受験と高校受験はどっちが楽ですか?その違いとは

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191021212840j:plain

首都圏に住んでいると中学受験をするという方が多いです。私は地方出身なので、こちらに出てきてびっくりしたことでした。今は中学受験の指導もしているので、中学受験をする方たちの気持ちはよく分かります。

中学受験の大変さも分かりますし、最近話題になった教育虐待が起こる理由も分かります。中学受験については、実際にいくつか記事を書いていますので、興味がある方はぜひお読みください。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

それで今は中学受験に特化している教室で教えているわけではないので、多い質問が中学受験と高校受験はどっちがいいですか?という問題です。そんなの人によるだろうと言われればそれまでなのですが、今回は私が思う中学受験と高校受験の違いについて書きたいと思います。 

 

  スポンサーリンク

 

高校受験と中学受験の違いは?

高校受験と中学受験の違いとして考えられるのは以下の点です。思いついただけで5つありましので、それぞれ説明します。また何か思いついたら追記する可能性があります。

1.高校受験は内申点が関係する

高校受験は内申点が関係しています。東京の場合、内申点の割合が少なく、当日試験の点数で合格が決まりますが、それでも内申点が3割程度を占めています。中学受験の場合、内申点は関係ありません。

しかし、公立中高一貫校は別です。こちらは内申点が関係あり、内申点が高い方が有利です。内申点が取れないから中学受験の方がいいのではないかという方は結構多いです。

2.高校受験はほぼ全員受験する

高校受験はほぼ全員が受験するので、ライバルが多い半面、学校も多いです。高校進学を希望すればよほどのことが無い限り、高校に行けないということはありません。中学受験も選ばなければどこかの学校に進学することはできます。

ただ中学受験の場合、行きたい学校があるから受験をする方が多いので、合格すればどこでもいいという方はほぼいません。中学受験も首都圏では場所によって50%以上、受験する地域もありますので、そうすると中学受験が普通だとなるかもしれません。

3.高校受験用の塾の方が安い

実は塾代、高校受験用の塾の方が安いです。これは単純に人数の問題です。高校受験をする人数の方が中学受験をする人数よりも多いので、単価を安く設定できます。また、高校受験の場合、アルバイトの先生も多く活用できるというのがあります。

中学受験だとアルバイトはなかなか難しいという現状があります。個別指導の場合はまた別ですが。

4.中学受験は親子の受験、高校受験は子どもの受験

中学受験は親子の受験、高校受験は子どもの受験だと言われています。中学受験の場合、親子で面談して、親子で志望校を話し合います。ご家庭によっては一緒に勉強している方もいます。

それに対して高校受験は子どもが自分で勉強します。そのため進路についても基本的には自分で決めています。私立中学とかだと親に相談しないといけないですけどね。面談をしていても保護者の方に子どもの様子を説明することが多いです。

5.中学受験は落ちても行く学校がある

中学受験の場合、不合格でも行く学校があります。それは公立中学です。ところが高校受験はそうではありません。そのため、高校受験は志望校を下げる指導は結構行われます。

ただ中学受験も全滅は絶対に良くないと思っています。頑張ったのに受からないのは子どもにとって良くないです。進学するかどうかは別にして、合格できる学校を作ってあげるのも仕事の一つです。

高校受験と中学受験はどっちが楽なの?

高校受験と中学受験とどっちが楽なの?という話なのですが、両方指導して中学受験の方が楽かなと思っているんですよね。行かせたい学校に行かせてあげられる確率が高いと思っているんです。

ところが、高校受験の指導をしている先生に聞いたら、高校受験の方が楽だと言ってました。理由はどこかに行かせられるから。そういう考えになるのかとショックを受けたんですよね。

どこかに行かせられる高校受験は楽だという先生は、「この学校に行きたい」という生徒のことは見てないんだなと思ったんです。ほとんどの生徒は行きたい学校があるんですよ。その学校に行かせるのが塾の仕事では?と思います。

そういう意味で中学受験の方が第1志望校に行かせやすいかなと思っています。もちろん、個々のレベルがあるので難しい場合もありますが。あと中学受験の方が受験回数も多いので、受験する際の選択肢がたくさんあるというのもあります。

中学受験に向いている子どもとは

最後に中学受験に向いている子どもはどんな子どもかという話なのですが、学校選びさえしっかりとできるなら、特に向いている向いていないは無いかなと思います。もちろん大人になるのが早い子は成績が伸びやすいというのはありますが、そんな子どもばかりではありません。

やっぱり行きたい学校があるかどうかがもっとも重要だと思います。それが無いとただ勉強するだけなんて苦痛でしかないです。みんな遊んでいるわけですからね。

まとめ

中学受験と高校受験の違いについて簡単にまとめました。どっちが楽かと言われると、私は中学受験の方が楽だと思うのですが、見解は分かれるのかもしれません。いずれにせよ、受験生の皆さんが行きたい学校に進学し、幸せな人生を歩んでくれることを願っています。

塾選びに迷っているかたは体験授業を受けてから入塾するようにしましょう。塾はいろいろと良いことを言いますので、比較してから入塾したほうが良いですよ。

体験授業ができる塾を探してみる