いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

小学校受験で大学附属~僕は何も決められなくなったという後悔

f:id:gerge0725:20190511231840j:plain

私立の小学校へ入学させて後悔したという話を聞いたことがありますか。「いやいや受験させといて何を言っているのだね」と思いますよね。しかし、入ってみたら思った感じと違ったというのはよくある話です。

せっかく入った私立小を辞めさせてしまいました。
理由は進学校にうちの娘がついて行けなくていじめにあってる事がわかったからです。
またその最中夫と離婚問題が持ち上がり学費を切り出す事が難しくなる為学校と相談し辞め公立小へ行っています、娘は今は伸び伸びしていますが学力は伸びずまた幼稚園からエスカレーターの小学校だった影響がどれ位残るのかわかりませんがその頃と今の娘はまるで育ちが異なってしまったがごとく違います。

辞めさせるべきではなかったのかと今さら悩んでいます。
やはり私立小学生のお子さんを見ると正直やはり公立の小学生のお子さんと違う感じがします、そう考えるのは未練からだからでしょうか…親として間違いな選択で子供の人生をオモチャにしているかのような罪悪感がいっぱいです。

私立小学校を辞めました : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 読売新聞

今回はそうした親側からの後悔ではなく、実際に附属小から大学まで行った方の後悔を紹介します。私の話ではありません(笑)。ここでは仮にX君とさせていただきます。また多少のフェイクも入っていますので、フィクションとして読んでいただければと思います。

親が決めた小学校受験

小学校受験ですので親が決めます。その時に自分の意志なんてないわけですから、気づいたら受験していたという感じだそうです。だから「何でその学校に入ったの?」と聞いても答えられません。しいて言うなら「親が決めたから」でしょう。

高校でやる気がなくなる…そして反抗期

X君ですが小学校時代は親にやりたくもないのにいろいろとやらされたようです。クラブ活動などいろいろなことに参加させられたのだとか。そのたび「こんなのやりたくない」と思ったそうです。

そうした思いが高校で爆発します。反抗期、ひどい反抗期です。物は壊れ、学校には呼び出され、家は大荒れ。「このままでは大学に行けません」と面談で言われても、「まあいいんじゃねえの」と反抗的だったようです。

まあそれでも何とか高校は卒業できたのですが、人気のない学部へ進学。大学進学は学校の成績で決まるので、成績が良くなければ選べる学部は少ないんですよね。X君もそうした不人気学部に行くことになりました。

就職活動が初めての選択

前述したように小学校受験は親が決めることです。その後は大学までいけます。つまり自分で何かを決めるというのは就職活動が初めてなわけです。これまでは親が決めてきたのに、いきなり「さあ、もうあなたは社会人。今から自分で決めてね」となったわけです。

本人は「これまで全部あなたたちが決めてきたではないか!!なぜ今回は自分が決めないといけないんだ!!」となったんですね。なるほど確かにそうなのかもしれません。確かに人生の選択をする機会は与えられていなかったかもしれませんが、普通に大学に進学したとしても、それほど選択する機会ってないですよね。大学を自分で選ぶことはできるのですが、それでも社会に出ることとは大違いです。

さてX君ですが、就職活動は失敗に終わり、何とか親の知人の会社に紹介で入ったようです。結局自分で決めてないじゃん!!という突っ込みは無しにしてくださいね(笑)。それで現在も元気に働いています。反抗期は何だったのか…。

自分が決められなくなったのは親の責任?

それで皆さんはこれをどう思いますか。親がこれまでほとんどのことを決めてきたのが悪いのでしょうか。それとも最初はそうだったけど、もう大人なのだから自分で決めて当たり前なのでしょうか。

自分は結構自分で決めてきた感じがあるので、こうした感覚は分からないのですが、自分で決める術を奪われると、それが親に対する恨みとして出てしまうのかもしれません。だからと言って、決められない自分を親のせいにしてはダメですよね。そこから一歩踏み出さねばなりません。

大学附属でも別の大学に進学する人もいる

実際に大学の附属なのに別の大学に進学した教え子もいます。理由としてはその学校が合わなかったから。このまま大学に行ってもこのメンバーとやっていく自信がなかったそうです。

そうやって自分で選べる人もいるわけですから、親が決めたから行くというのも違うのかと思うのですが、この彼の場合、中学受験であり、自分で決めたというのがあったようなんですね。ではやっぱり小学校受験をすると決められなくなってしまう子もいるのかなあとも思います。

まとめ

自分が決められなくなったことを親の責任にするのは甘えであると断じることは簡単ですが、自分で決める機会が与えられなかった場合、こうした言葉を発してしまうのかもしれません。一方で附属小学校にいる子どもが自分で選択する機会が与えられないかと言えばそうでもないと思うのです。いずれにせよ、自分で何か選択する機会を与えるというのは教育として大切だなと思った次第です。子育て難しいですね…。

 

子どもと接するときに ほんとうに大切なこと

子どもと接するときに ほんとうに大切なこと

 
名門も、難関校も!小学校受験を決めたら

名門も、難関校も!小学校受験を決めたら