いつか朝日が昇るまで

子育て、受験~ビジネス、夫婦関係まで日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんのこれからの人生のヒントになればと思います。

MENU

「老害」って言っていて大丈夫?聞くべき先輩の意見とは

f:id:gerge0725:20190424214609j:plain

老害という言葉を聞いてどんなイメージをもちますか?若者にとって邪魔だという響きですよね。考え方が古いとか、特に新しいことを言わないとかいろいろあると思います。この記事では老害についての説明と先輩として聞くべき意見について説明してみます。もちろん全くの私見です。

老害とは?

そもそも老害とはどんな人でしょうか。簡単に説明すれば自分の意見を若者に押し付ける高齢者世代のことを言います。確かに自分の意見を曲げずに相手に意見を押し付けるのは困りますよね。

私たちの会社には最初は自分の意見を押し付ける人でしたが、それがだんだんということが無くなりまして、「積み上げたものが無い」と言っていた方がいました。これは素直になってくれましたので、良かったのですが、ずっとそこに居座っている人もいるんですね。

 

www.gerge0725.work

 

なぜ高齢者の意見を老害と批判するのか

老害と批判するのには理由があります。そこには老害の人の特徴が大きく関係してきています。

若い人に間違いを指摘されても、若い人が全面的に間違っていて、自分が正しいと思いこんでいます。理不尽な説教も、理不尽であることに気づきません。説教をしている本人は、自分がありがたい説教をしてやっていると考えています。

老害とはどんな人か・老害の10の特徴・老害の対処法-言葉・雑学・歴史を知るならMayonez

良いことを言ってやってる感はありますよね。それでそこに価値があると思っているんですね。以下の記事で紹介している方がそうでした。人事で働いていた方で、「自分が雇った」ぐらいの勢いがありましたが、実際には会社が雇ってますよね。

 

www.gerge0725.work

それで仕事を任せたのですが、やっぱり上手くいきませんでした。でも報酬はしっかりと請求してくる感じですね。この場合、老害というよりも、その人そのものの問題かもしれないのですが、とにかく偉そうなのは勘弁してくれと思うところです。

また近年のエンジニア不足のためにシニアエンジニアを活用すべきだという意見はたくさんあるのですが、それでも使いづらいとして使われない事例が多いです。その理由は以下のようになっています。

トップは「頑固で使いづらい」で35%を占めた。2番目は「リーダーや他のメンバーとの年齢差が大きい」の21%、3番目は「生産性が低い」の16%、4番目は「健康面に不安がある」で13%、5番目は「コミュニケーションを取りづらい」の9%だった。

シニアSEが嫌われる理由、IT業界団体の調査結果 | 日経 xTECH(クロステック)

頑固というのはよく聞きますね。なかなか人の意見を聞いてくれないということです。これはIT関係の仕事をしているとよく聞く話です。そのため、なかなか高齢者を雇うのは難しいです。ハローワーク経由で何人か面接したことがありますが、難しいですね…。

またシロクマ先生は以下のように述べています。ただこれが老人にとっても社会にとっても不幸であると述べています。

老人valueが低下する時代において、老人が以前ほど尊敬のまなざしでみられない事に、何の不思議があろうか。

p-shirokuma.hatenadiary.com

先輩として聞くべき意見とは

さて、ここまで書いてきて高齢者の意見は老害だとして切り捨てるつもりはありません。世の中には偉い高齢者がたくさんいます。むしろ聞くべき意見の方が多いかもしれません。ただそれをどのように見分けるのかが重要です。ここでは私が会った高齢者の方で「この人の意見を聞きたい!!」と思った方の特徴を紹介します。

1.謙虚な方

謙虚な方って多いようで少ないんですよね。特に歳をとると謙虚な姿勢で臨めない人が多いです。どうしても自慢したくなりますよね。そこでとても謙虚な人がいて、とにかく人の話を聞いてくれました。それでその意見を尊重しつつ、アドバイスしてくれる方がいて、「この人スゴイ」と思いました。で、実際に凄い人でした。

2.自分を育てようとしてくれている方

自分を育てようとしてくれる愛情を感じる人の意見は聞きますよね。多いのは自分の意見を言うだけの人。ほとんど自慢が多いのですが、本気でアドバイスしてくれる人もいます。そういう人の意見を聞くとうまくいきますね。若い人を育てようとしているので、お金取ったりもしません。そんな人が実際にいました。

3.挑戦する姿勢がある方

歳をとってくるとなかなか新しいことに挑戦をせずに、守りに入ってしまいます。そのため、自慢話をすることになるのですが、そうではなくて常に新しいことに挑戦する高齢者の方もいます。

「私は翼をもらったのです。その翼はパソコンを使う前には知らなかったような広い世界へ私を連れて行ってくれたんです」

「それにね、何かにトライして失敗しても、無駄になることは絶対にないんです。だって失敗から勉強できるわけだし、経験を積めるので、今後につながっていく。失敗はすごく貴重な体験です。だから、私は、若い人はいっぱい失敗した方がいいと思います」

https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/wwdc-masako-wakamiya

アプリ開発をした82歳の方の話です。この年齢で開発に挑戦する人の話は聞いてみたいですよね。他にも私は鶴見俊輔さんが生きている時に講演を聞きましたけど、本当に感動しました。今でも尊敬する人の一人です。

 

鶴見俊輔伝

鶴見俊輔伝

 
言い残しておくこと

言い残しておくこと

 

 

まとめ

老害」と簡単に片づけられることも多くなってきていますが、聞くべき人の意見もたくさんあって、要はどの人の意見を聞くかなんですよね。私は上記の3つの条件にあてはまる人の意見だけ聞くようにしています。皆さんも皆さんの基準で先輩の意見を聞いてみてはどうでしょうか。