いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

既婚者なのに女性を好きになって浮気の誘いに失敗し炎上案件

f:id:gerge0725:20190707005258j:plain

これはですね、結婚問題のカテゴリーなんですが、いわゆる浮気・不倫類の問題です。最近でもツイッターでDMをばらされた人がいて、それでそのアカウントは鍵付きになってしまいました。私はリストで見ていたので、見られなくなってしまったのですが、要するに既婚者がふられたということです。

しかし、問題はそれでは終わりません。その方がアカハラやセクハラを追及していた方なのです。

ひとつの行為がすべてを台無しにしてしまう恐ろしさ

これに関してはただのよくある話だよねという意見もあって、セクハラやアカハラを追及する姿勢とは別で考えないといけないという方もいたのですが、でもそう考えられない方も多いわけですよね。

私もこの方がセクハラやアカハラを無くしたいと思っていたのは本当だと思うんですよね。でも既婚者が相手女性を誘う。しかも相手が不快だとDM暴露するという流れになると、どうしてもこれまでの主張が疑われてしまうわけです。

先ほどのツイートにも書いているのですが、宮崎謙介氏の不倫騒動は記憶に新しいですよね。男性の育休だと叫んでいた本人が不倫をしていたなんてびっくりの事実。まだ別れていない。でも政治家は続けられず、今は何しているんだろうと思ったら、こんな記事が。

2016年2月に妻・金子恵美氏の妊娠中に女性タレントとの“ゲス不倫”が報じられた宮崎氏は、報道陣から原田へのアドバイスを求められると「まず最初に非をしっかり認めて反省すること。反省したあとにしっかり妻に対して謝り倒すこと。そこから悔い改めることです」と自身の経験から助言。「なかなか許してもらえるものではないので、反省しているということを見せ続けること」と加えた。

“経験者”宮崎謙介氏、不倫騒動の原田龍二に助言「反省を見せ続けること」 | マイナビニュース

なんかいい話になってるぞ、これ(笑)。まあ幸せならいいのかな。

なぜ浮気のDMを送ってしまうのか

これは結構信じられなくて、何で送ってしまうんでしょうね。ベッキーは仕方ないんですよ。当人同士は良かったのに第3者にLINE暴露されたわけですから。しかし、付き合ってもいないのに、誘いのDMしたら暴露されるリスクは当然あるわけですよ。

このような浮気の誘いだけでなく、数限りないDMの暴露はツイッター上で繰り広げられているわけで、しかも実名で活動されている方ならなおさら気を付けないといけないと思いますね。 

 

浮気がバレる男、バレない女 (フォレスト2545新書)

浮気がバレる男、バレない女 (フォレスト2545新書)

 

 

浮気を含めSNSでのやり取りは気を付けましょう

SNS、特にツイッターだとツイートだけを気を付けて、DMに関してはあまり意識が向かないのかもしれないですね。でもDMもツイートも特定の相手に届くか、不特定多数に届くのかの違いなので、どちらも気を付けないといけないです。

特にDMはこちらで削除しても相手方に履歴が残るんですよね。LINEは以前、そのような使用でしたが、今は違います。しかし、ツイッターのDMは相手に証拠がずっと残ってしまうわけです。

私はLINEやFacebookも使っているわけですが、こちらは基本的に顔見知り何ですよね。ツイッターはそれよりも関係が希薄な人たちともつながることが可能なわけですから、暴露される危険は常にあると思っておいた方がよいでしょうね。

まとめ

今回は既婚者の方が女性を誘っているDMが暴露されて、いろいろと炎上していたわけですが、だからツイッターは気を付けるべきですけど、あんまりルールが厳しくなると楽しくないですよね。DMで送る内容は精査すべきだとしても、あまりにも言っていいことと悪いことが区別されすぎるとツイッターの面白みもなくなってしまうとは思うんですよね。

もちろん相手が不快に感じることをすべきではないという主張は分かるのですが、基本的に相手を不快にすることが多いという認識を持っている私にとっては、相手を不快にさせないって難しいなと思うのです。

本来であればDM暴露の前に解決すべき案件だったのかなと思いつつ、既婚者の行動は厳しく監視されているのだと思いました。ツイッター厳しいw

 

浮気調査に失敗する人、しない人

浮気調査に失敗する人、しない人