いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

まさかあの人が…犯罪者と会社経営

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190721221411j:plain

今回宮迫さんと亮さんの会見が話題になっていますね。反社会勢力との関係という話なのですが、その関係が問題というよりも報酬をもらっていたのにもらっていないというのが問題になったわけです。

宮迫と亮の「不本意な告発」が起こした巨大衝撃 | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

動画も見ましたが、闇営業の話が出ているんですね。それで本人が反社会勢力であるとは分からなかったと言っているわけです。私も実は誰が反社会勢力かを見分けろと言われるとなかなか難しいと思うんですよね。

 

怪しい人はどこにでもいる

怪しい人はどこにでもいます。これはビジネスの世界でも同じですよね。私が一緒に仕事していた人で、とてもいい人だと見えていた人が、全く家に帰っておらず、家族から調査してほしいという話がきたことがあります。

調査するとしても私は探偵ではありませんから、調査できませんでしたが、すぐに会社を辞めてしまって、今は何をしているのか分かりません。他にも気づいたら生徒に手を出す塾講師などどこかで何かしていてもおかしくない人はいます。

もちろんそういう人を遠ざけることはできますが、完璧にできるかというと難しいです。そんなに自信がある人がいれば教えて欲しい感じです。

 

www.gerge0725.work

 

 

おかしい人を見分ける心理学―PTSD、ウソつき、多重人格 あなたの身近な人の心の闇をのぞく

おかしい人を見分ける心理学―PTSD、ウソつき、多重人格 あなたの身近な人の心の闇をのぞく

 

 

後から犯罪者になるケースも

 私の知り合いにも多いですが、後々犯罪者になるケースもあります。詐欺で捕まって、「あれ、あの人は!!」みたいなこともありました。女子生徒に手を出して新聞沙汰になる人もいます。詐欺で訴えられた人もいます。

もともとそういう資質があったのに分からなかったのかと言われると反論できませんが、後付けて「あの犯罪者と付き合っていたのか!!」と言われても対応ができないわけです。

ちょっとおかしいと思ったら断る勇気が必要 

こういう人が来たわけですが、やっぱり全然仕事にならなかったんですね。自分から何かできるという人はなかなか難しいです。できる人は他人が評価してくれる人であり、そんなに評価が高いのであれば、私たちのような中小企業に来ません。

またどんなに経験があったとしてもその分野での経験がなければ、自分の実力を生かすことはできません。特にバブル期で運良く生き残ったような人は技術がないので、なかなか大変です。

 

www.gerge0725.work

ちょっとダメだなと思ったら断っていく必要があります。そうしないといつの間にか犯罪に巻き込まれたりすることもあります。ビジネスの中では名前を貸してほしいなんてこともあります。不動産投資を持ち込んでくる人もいます。みなさん、現実にいますので注意しましょう。 

まとめ

今回の宮迫さんと亮さんの問題。芸能界の問題は芸能界の方で解決してもらえばいいのですが、怪しい人は世の中にたくさんいます。そうした人には近づかないようにしていても、向こうから近づいてくることもあるわけです。

そうした人は人に近づくのがとても上手です。怪しいと思ったら、しっかりと断ることが大切です。そうした勇気を持ちましょう。

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え