いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

首都封鎖で教室事業は死を迎えるかもしれない

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200326232047j:plain

首都を封鎖するという話が出てきているわけですが、実際に感染者数が東京は増えてきています。事態の重要性というのは非常によくわかっているわけですが、教室事業をしている人間としては、今回のコロナ騒動はかなり厳しい状況です。

振り返ってみれば、安倍首相が2週間が山だということで、3月に2週間ほど休講にしている塾もあります。しかし事態は何も良くなっていません。それなのにこれ以上、休講にすることできないので開校したわけですが、また自粛要請が出ているので、今回も休講にせざるを得ないという教室が増えています。

終わりが見えない戦いではあるので、なかなか難しいところですが、そんな教室事業の苦悩について書きたいと思います。

 

東京だけでなく神奈川・千葉・山梨も自粛要請

 神奈川県の黒岩祐治知事は26日、県民に対して不要不急の外出を控えるよう求める緊急メッセージを発表した。要請の期間は4月24日までとし、特に今週末の外出自粛を強く訴えた。

www.nikkei.com

実は今回ですが、東京だけではなく神奈川や千葉でも自粛要請が出ています。そのため知人の宿に聞いてみたところ、神奈川県の塾でも今週は休講というところが増えているようです。

しかも今週の土曜日なので、考える期間はほとんどありません。おそらく明日中に結論を出して通知しなければならないわけです。正直なところ、一日だけの休講であれば振り返ることは可能です。しかしこの自粛要請ですが、かなり長く続くのではないかと考えられます。そうするともはや振替は不可能になりかねません。

もちろんそんなこと言ってる場合ではないのですが、事業者としてはどのようにしたらよいのかというのは非常に頭が痛いところですね。 ただこれが完全封鎖となれば、平日も授業ができないわけですから、土日は協力していくという姿勢は大切だと思います。

 

現在は春期講習中で本来なら生徒募集の重要な時期だが…

塾業界にとってはこの春期講習というのは、生徒募集の重要な時期ではあるんですね。最大の募集時期は夏休みなんですけど、学年が変わるということで、塾を変えようとか、新たに塾で勉強しようと考える人が増える時期ではあるんです。

そういう時期に今回のコロナが直撃していますので、今後さらに影響が出てくると思います。そもそも塾業界はそんなに儲かる業界ではないので、社員の給料も安いですし、耐えるのは大変だなとは思います。ただ実感としては4月で終わればなんとかなるだろうと思っています。

リーマンショックの時は10%の給与減だったが今回は…

塾業界はもう20年ぐらいいますけど、これまでで最もひどかったのはリーマンショックなんですね。あの時はかなり給料が下がりました。首都圏の中学受験の割合を見ても、リーマンショックの時は下がってるんですね。それぐらい大きなインパクトがありました。

ちなみに私が働いていた塾は10%程度の給料減でしたね。それに匹敵するか、 それを超えるぐらいのショックがあるのかもしれません。ただ4月で本当に終わればなんとかなるかもしれないですね。この戦いが夏まで続くと考えた場合には、もう教室としてもたないところも増えてくるのだろうなと思います。

 

教室事業で生き残るためにはオンライン授業をするしかない

最悪のシナリオとしては、夏ぐらいまで厳しい戦いになるとすると、オンラインで授業をしていくしかないとは思うんですよね。ただオンラインというのは結構大変は大変なので、それで皆さんが続けてくれるかどうかという問題はあるんですよね。

どの塾もオンラインになればも選択肢がないので続けてくれる可能性があるというのと、期限が1ヶ月程度だと分かっていれば、1ヶ月だけならオンラインでもいいかと考えてくれる可能性はあります。

オンライン授業というのは意外と難しい面もあるんですよね。環境が揃うかというのがあります。自宅でパソコンがあり、無線 LAN に繋がって相撲使える環境になっているかどうかですね。

そうした環境が揃わないといけないということと、教師もオンラインで教えるやり方というの考えて行かないといけなくて、教室でやるのとは全然違うんですよね。そのやり方を理解してないと絶対うまくいきません。

自分はZoomで授業をやってますけど、ただ1対1位なんですよね。1対1だとそんなに大変ではないんです。ただこれが複数になると結構大変だと思います。首都封鎖があると考えれば、4月の頭にあるはずなので、それまでにオンラインの体制を整えて、4月を乗り切る。そして5月から正常にスタートというのがシナリオとして描けるのではないでしょうか。

 

何とか生き抜きましょう!

弱小ブログなので、教室事業をしてる方が読んでいるとは思わないんですけど、苦しんでいる人は教室事業をしている人だけではありませんよね。おそらく飲食店とかはもっと大変だと思います。

これからまだ大変な時期は続くと思いますが、必ず終わりはあると思うので、なんとか最後まで頑張りましょう。私もなんとか生き抜いていこうと思います。