いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

次男が妻のお腹の中にいる時に長男とどう付き合ったか思い出したという話

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191116215041j:plain

最近長男は8歳になって、次男は5歳になりました。子育ても寝ないで大変という問題から、コミュニケーションを取る大変さ、遊びに付き合う体力の問題などへシフトしてきています。

そんな中でツイッターを見ていたら以下のようなツイートを見かけました。確かにこの問題あったなあと思ったんですよね。このブログは無駄に長く書いていますので、当時の記事もあります。

出産するときはとにかく泣いてましたね。お母さんと離すのが大変でした。病院に泊まることもできたのですが、やっぱり出産のことを考えると、妻の負担になるのでやめました。

 

www.gerge0725.work

先ほど紹介したはるさんは切迫早産でなかなか動けず、しかも長男はおかあさん大好き人間。これはデジャブか!!と思ったので、その時どうだったかなと思いだしながら、記事を書いてみようと思います。 

 

長男はとにかくお母さんが好き

長男はとにかくお母さんが好きです。今でも好きですね。次男の方が小さいのですが、次男よりもお母さんが好きなのではないでしょうか。私は面倒を見なかったわけでもなく、平日も昼間から子育て支援施設に連れて行くなどしていましたので、面倒を見ていた方だと思います。

それでもやっぱりお母さんが好きなんですね。そこは仕方がないので、自分ができることを徹底して行っていました。仕事がフリーランスでいろいろと融通が利いたというのもあります。おそらくフルタイムだったら我が家は持たなかったでしょうね…。 

www.gerge0725.work

寝ない子育児だったので、本当は自分が代わって面倒見ようと思ったのですが、おかあさん大好きだったので、夜はなかなか難しかったですね。次男も同じように寝ない子でしたが、抱っこしていればおとなしくしていて、まだ私が面倒を見られる部分があったので楽でした。

 

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

保育園に迎えに行ったら大泣きする

こちらも努力していたのですが、保育園に迎えに行ったら「お母さんが良かった!!」と大泣きした時は参りましたね。「そこまで泣くかよ」という想いが強くなり、嫌になったこともあります。

今は私が迎えに行っても大丈夫ですし、PTA会長していますから、小学校でも会うのですが、それが嬉しいみたいです。この変わりようは!!と思うのですが、そうなってくれるとは当時は思わず辛かったですね。

そんな状態で妻は妊娠、しかも切迫早産の可能性があるので自宅安静になっていました。長男の時も切迫早産になるかもしれないとのことで、自宅安静になったので、ある程度準備はしていましたが、長男は準備できてないですからね…。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work 

 

かわいそうだけどお父さんが連れだすしかない

長男は泣くんですけど、これはお父さんが連れだすしかない案件なんですね。お母さんが見えるところにいれば、絶対にお母さんです。お母さんは大変なんだよと言っても、分かってくれるわけがありません。

それは長男が悪いというわけではなく、そういうものなのですから、そもそもお母さんといっしょにいないという状況を作り出すしかないのです。そこでとにかく一緒にいろいろと出かけました。

時には泣いていることもありましたが、だんだんと慣れてはきたんですよね。それでも出産後の入院時は大変でしたけど、お父さんとお出かけするということが常態化すれば、長男としてもお父さんと出かけると思ってくれるようです。

水族館に行ったり、動物園に行ったりいろいろとしたわけですが、こうした時間も大事ではないですか。家族で出かけるのも良いですけど、子どもと一緒に出掛けるのも後から振り返ると良い思い出になるわけです。

もちろん当時は必至ですよ。自分がひとりで連れて行くわけですからね。泣くこともありますし。今は長男・次男ともに一緒にお出かけしていますけど、こうしたこともそんなに長く続くものではありませんよね。

そう考えるとお父さんの側からしてみれば、「妻が切迫早産で動けないのはチャンス!!」ぐらいでチャレンジするしか、この状況を乗り切る方法は無いと思うのです。やっている本人は大変ですよ。でもそれが最善の方法だと思います。

 

お父さんも大変だけど頑張りましょう

お父さんも大変であるのは確かなんですよね。育児してますと言っても「そこまでやってない」と言われることもありますし、休日はすべて育児になりますので、そもそも休む時間はありません。

これは子育てをしているお母さんも同じなわけですが、この時期は夫婦ともども頑張るしかない時期なんでしょうね。近くに祖父母がいれば別ですが、核家族だと本当に大変です。

 

www.gerge0725.work

ただ今思えば、その時にしっかりと関われたことが今につながっているのかなと思います。長男がどのように思っているのか分かりませんが、あの時にしっかりと向き合えて良かったなあと思います。

今は大きくなったので、いろいろと連れて行けるところが増えました。そのうち一緒に出掛けてはくれなくなるので、それまでお出かけしたいと思います。毎週予定立てていますけど、不評の時もあるんですよね…。頑張ろう、俺。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu