いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

子どもと病気~これまで経験した病気一覧

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190723225703j:plain

現在、長男7歳、次男4歳なのですが、これまでさまざまな病気になりました。また妊娠中にある病気を疑われて検査したこともあります。無事に生まれるかの若干の不安もありました。そこでこれまでの病気をブログとともにふり返って見たいと思います。

妻編

育児過酷ですよね。そのため妻もいろいろ病気になりました。また子供から病気を貰うということも多かったと思います。ここに書いているのは特につらそうに見えたものだけで、それ以外にも風邪や熱やといろいろありました。

1.乳腺炎・乳頭が裂ける

 乳腺炎はとても大変で、乳腺が詰まって起こるんですよね。それでひどいと発熱が起こったりします。それで解決策は「あかちゃんに吸ってもらってください」なのです。それは困ったなあと思うのですが、近くで腕のいいおっぱいマッサージに行って乳腺が開通しました。

でも乳頭って裂けるんですよね。裂けると痛くて吸わせるのがつらくなるんです。ここまでして母乳育児をしなくても良いと思うのですが、ミルク飲まなくなってしまって、母乳育児を継続しなければダメな状況でした。

本当に妻は辛かったと思います。これについてはいろいろ記事を書きました。

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

2.風疹の抗体ができにくい

次男を妊娠する前に風疹の予防接種を受けたんですね。でも抗体ができにくい体質らしく、風疹にならないことを祈るくらいしかできませんでした。なるべく外出は避けたのですが、何がどうなるか分からないですからね。

ちょうどその時に風疹に罹った妊婦さんのお話しが出ていたので、怖かったですね。妊娠をしたいと考えている方はぜひ予防接種を受けておいてください。

3.花粉症

 妻は花粉症になっていて、授乳中は薬を飲まなかったんですよね。だから授乳中は花粉症で眠れないは授乳で眠れないわでとても大変だったわけです。対策としては花粉症に聞くと言われるべにふうきのカプセルを飲んだくらいです。でもこれは意外と効きました。

 

www.gerge0725.work

 

長男編

長男はもともと肌が弱く、アレルギーも持っているので、病気によくかかりましたね。0歳児のころは鼻水を吸いにほぼ毎日病院に行ってました。本当に大変だったなあ…。今でも思い出すとその大変さで涙が出そうになります。

1.おしりかぶれ

おしりかぶれになって病院に行ったんですよね。と言っても1歳の時だったので、言葉が話せないので、何が原因か分からないのですが、火が付いたように泣き出したのです。焦りますよね、これ。

今でも覚えていますよ。しかも休日だったので、急いで開いている小児科にいったのですが、そこで受けた診断がなんと誤診。そして近くの病院に行ったらかなりひどい言葉を投げかけられました。今でもあの医者は許せないです。

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

2.アレルギー

長男にはアレルギーがあって、特にゴマに強い反応が出るんですね。今も小学校の給食は除去食になっています。こうしたアレルギーの数字は下がらないようなので、今後を気を付けないといけないなあと思っています。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

3.鼻づまり・喘息気味

 鼻がよく詰まるので、なかなか治らないんですよね。喘息気味だと言われてもいるので、鼻が詰まっているとかわいそうです。それで今はヴェポラップを足の裏に塗っています。あと玉ねぎも有効ですね。

www.gerge0725.work

  

www.gerge0725.work

 

4.水いぼ

肌が弱いのもあって水いぼに結構なってしまって、出席停止にはならないのですが、あまりにもたくさんできてしまったので、何度か治療に通いました。ピンセットで取るのは痛いらしいので、窒素で固める方にしました。そちらの方が長男は良かったようです。

次男

次男は今はとても元気なのですが、生まれるか前から病気の疑いがあり、かなり心配しました。

1.トキソプラズマ感染症

トキソプラズマ感染症については以下の記事で詳しく述べていますが、最初の診断結果をもらったときは「まさか」と思いましたね。二度目の検査でも陽性だったので、三井記念病院まで行って調べました。そんな次男も元気に生活しています。良かったなあ。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

2.インフルエンザ

次男は生まれてすぐにインフルエンザになったんですよね。生まれた直後なので、治療ができないんです。長男からこれは大丈夫かなとかなり心配になりました。なんとかすぐに熱が下がって大事には至りませんでしたが、小さい時のインフルエンザは本当に心配ですよね。

 

www.gerge0725.work

 

3.歯の形成不全

どうも歯が弱いなと思っていたら、形成不全でした。小さい時から虫歯になってしまい、かわいそうだなと思っています。まだ乳歯なので大人の歯では虫歯にならないように注意したいと思っています。

4.下痢

0歳児の時に3か月ぐらいずっと下痢で、保育園にまともに行けませんでした。特に原因もなく「おなかが緩い」というものだったんですよね。下痢だと保育園は預かってくれないですから、とても大変でした。今はすっかり元気なんですけどね(笑)。

まとめ

ざっと妻と子どもの病気について振り返りましたが、他にもいろいろと病気になりましたね。私自身は潰瘍性大腸炎になってしまいました。これは治らないです…。何でも体が資本ですから、皆さんもぜひ気を付けて生活してくださいね。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work