いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

「ブログで文章を書くこと」から見えてくるもの

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191130212913j:plain

ブログを毎日書いていますが、はっきり言ってこれまでにないほどPVは下がっております。「ひえー恐ろしい」。12月はアプデの季節なので、これからまだ下がるのか!!と戦々恐々としております。

ブログに関してはSEOがとても重要です。それで検索上位に上げるためには記事の構成を見直さないといけないし、毎日記事を書いていてはダメです。ダメな記事が増えていくわけですからね。

そうやって考えた時に自分はやっぱり上位表示させるためだけにブログ書いてないんだなと思ったんですよね。文章を書く人間として多くの人に読んでもらいたいと思うのは当然なのですが、それが一番ではないのかもと。

お金を稼ぐことも否定しないし、稼げるなら稼いだ方がいいのですが、「稼げるように書け」と言われると書けない自分がいます。ただそれは自分のブログだけで、お仕事としての文章は稼ぐための文章として書いています。

note.com

 

グーグルで上位に出る文章が書きたい文章だったのか

それでいろいろな意見があります。SEOオワコンだからSNSに力を入れろ!!インスタだYoutubeだといろいろ言われるわけです。私はビジネスにおいて大切なのは中身と販売方法だと思っていて、販売方法が同じだと中身も同じに見えてしまうんですよね。

それはどんなに中身がオリジナルなものであっても、そう見えてしまいます。ただ検索している人はそんなにたくさん比較してみていないので、検索上位にあるページを見て判断しているので、「同じような内容だな」と思わないのかもしれません。

グーグル先生に合わせる販売方法を選択すると、どんなに中身で差別化しようとしても、同じに見えてしまうなと思うんですよね。ということは別の販売ルートを構築していくしかないのですが、それがSNSYoutubeなのかというと、それもまたハードルが高いのです。

そう考えた時にそもそも読まれるために書いているのかという問題に行きつくんですよね。特にこのブログのように雑記型のブログはそう思うのです。

伝えたいことがあるからブログを始めたのではなかったか

ある出版社にお邪魔した時にペルソナの話になったんですけど、「うち、ペルソナなんて考えてないから」と言っていたのが印象的でした。それなりの出版社なのですが、その理由としては「自分たちが面白いと思うものを売るから」だそうです。

それでそこの出版社の雑誌はマニアックなものが多いんですよね。そのマニアックな情報に読者が付いてくるイメージです。つまりこの出版社は伝えたいことがあるから本を作っていく形です。それはマニアに届いていくのだそうです。

この話を聞いたときにブログも伝えたいことがあるから、書き始めたよなと思ったんですね。最初の記事なんて読むとひどいものです。言いたいことをただ書いているだけです。でもそれがブログの原点なんでしょうね。

もちろん書いていくうちにもっといい文章を書こうと工夫はするのですが、中身が自分勝手に考えているものなので、それは読まない人も多いよなと思ってしまいます。検索エンジンで検索をするのは必要な情報を得るためですよね。

でもブログなんて必要な情報書いていますか?そもそも必要でないくだらない情報ではないですか?でもそれが意味があるし、それが人生ではないかなと思うんですよね。そんなに毎日、知的生活していないので、くだらないことを文章という形で吐き出しているだけです。

もちろん、そこにはその書き方が上手な人がいて、そうしたくだらない情報でも人の目に留まる人がいるわけですが、自分はそんな文才があるわけではないです。ただ吐き出すだけですね。

 

文章を書くことから見えてくるもの

文章を分かりやすく書く、伝えやすいテーマで書く、となってくると、無個性になってくるんですよね。「検索上位させるのに文章上手でなくてもいい」というのはまさにその通りだと思うのです。

また「あなたの人生になんて誰も興味がない」ということも言われます。確かに、情報を得たいのに誰かの人生論を読みたいとは思わないというのは当然でしょう。そしてそうした「どうでもいい人生論」はグーグルでは評価されません。

それでそうしたどうでもいい文章は今、ツイッターにあふれているわけですね。ツイッターが日本で人気なのはどうでもいいからではないかなと思うんです。有益な情報を得るという使い方もできますが、どうでもいい会話が繰り広げられるのがツイッターであり、どうでもいいブログの縮小版のように感じられてなりません。

それで自分の場合、note、ブログ、ツイッターの全部がくだらない文章を書くツールになっていて、その差は文章の長さでしかないんですよね。ただそこには自分が感じたことや伝えたいことが書かれています。それが読み手に取って意味があるかどうかは分かりません。

ただ文章を書いていて見えてくるのは自分自身なんですよね。文章書いていると、自分の考えも整理できるし、自分ができていないところも分かります。文章にすることで初めて自分に向き合うこともできるのです。

このブログは書きながら考えているので、いつも最後は全然違う方向に向かって終了する場合もあります。そんなブログなので、グーグル先生が怒るのも無理がありません(笑)。でも、文章を書くという行為そのものが自分にとっても意味があることなんだなと思っているところです。

 

まとめ

相変わらずよく分からず、結論らしきものは見えないのですが、もうちょっと自由な表現媒体としてブログも残っていってほしいなと思うところです。そしてそれが自分自身にとってもプラスになると感じています。相変わらずPVは低いですが(笑)。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu