いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

ブログは意味ない?ブログ文化を楽しむ

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190817161138j:plain

ブログって何のためにやるんでしょうね。お金を稼ぐためですか。確かにそれもあるでしょう。多くの人に読んでもらうためですか?それもまた正しいです。でも最近考えていることはブログでやるなら、自分のやりたいやり方でやるのが一番いいのかなと思うのです。

note.mu

自分はいったいなぜブログを書いているのだろう。毎日ブログを書いていますが、ここにほとんど意味がありません。SEOに関していえば、むしろマイナスになるのではないでしょうか。それでもブログを書くこと。自分の中ではひとつの結論を得ました。今日はそんなことを書こうと思います。マネタイズ要素一切なしです(笑)。

 

ブログの中身とブログを届ける方法

ブログの中身もブログを届ける方法もいろいろなやり方があります。上手な人は本当に上手。月間報告が毎月なされていますが、みなさん素晴らしいPVをたたき出しております。「なるほど、そうやっているのか」と皆さん報告してくれますね。

そういうのを見ていると、自分とは全く別の世界の話に思えてくるわけです。戦う戦場がすでに違うのでしょうね。そんなことをずっと考えていました。それでひとつはブログの中身をどうするかということです。

ブログの中身を読まれる記事に合わせていく。しかし、それができません(笑)。物販もやる気が出ないのです。これでは売れる記事は書けません。人のwebサイトの記事は書けるんです。おそらくそれは仕事なんでしょう。仕事としてしっかりできる。

それが自分のブログはきっと仕事にならない。つまり別の意味がここには存在しているのです。そうだとすれば、その意味とは何なのだろうか。自分の書きたいことを書く。結局一周回ってそうなっているのです。

さてでは届ける方法は?ブログを好き勝手書いていても検索されるような記事にはなりません。ある意味さすがグーグル先生ですね。この程度の記事では検索結果に出さないのです。

でもブログを読んでもらうのはSEOだけではありません。もちろんそれは重要ですけど、はてなブログでは読者の皆さんもいるし、ツイッターで読んでくれている人もいます。RSSリーダーで読んでいる方もいます。

 

売れるブログ、読まれるブログ

売れるブログと読まれるブログは違うかなとも思います。PV少なくても売れるブログはありますし、PVは多くても売れないブログもいます。そうなんだな、どっちが良いんだろうと思うんですよね。

どっちもできればいいのでしょうけど、文章の中身を伝えたい人は読まれるブログを書くしかないのではないか。そのためにどう届けるはとても重要かなと思います。その手段はSEOに限られているわけではないですよね。

誰に読んでもらうのか

やっぱり読んでもらえる人に向けて書くのが一番かなと思います。もちろん検索流入してくる人も読んでくれるとは思うんですけど、たいした情報が書いてあるブログではないんですよね。好き勝手なことを書いているだけなんです。ほんとに戦場が違うわ、これ。

自分としては、暇つぶしに毎日読んでもらえるブログを目指しているんですよね。あとはそれをどう届けるかですけど、その辺りはいろいろと工夫しているところです。それとnoteですね。なんとなく始めてみましたけど、ブログとの差別化としてはいいかなと思います。

 

www.gerge0725.work

 

ブログのちょっとした効果とSNS

ブログやnoteそのものは全くマネタイズできていないのですが、本業の方で出版できたり、ライターの仕事が舞い込んできたりと副次的効果は存在しています。ブログを書くのが趣味の一環でもあるので、こんなにお金がかからない趣味無いなと思います。

そもそもが引きこもって作業するのが好きなのに、柄にもなく役員になってしまっ手会社経営に携わり、分不相応な感じがするわけです。それがブログを書いていると、そこに自分が存在している気がします。

SNSもそうなんですけど、何か実績がないといけないみたいなのはどうなの?とは思うんですよね。ブログやツイッターって実績が無い人が救われる場所ではないのかな?ツイッターの世界でもフォロワー数が多い方が偉いってつまらないな。

自分は匿名で馬鹿みたいにブログ書いて、馬鹿みたいにツイッターやっていくことしかできないと改めて思ったところです。そして誰にも役に立たないこんな記事を書いているわけです。

 

 

まとめ

最近、はてなでもブログ運営に悩んでいる人がいて、どうしましょうという文章を読むんですよね。長く続けているとそういうことがあるわけですが、結局、自分の好きなようにやるしかないよなと思うわけです。

こんな何の参考にもならない記事ですが、ブログは好きに書く。ただ多くの人に読んでもらうように工夫する。そんなブログ運営していこうと思います。とはいえ、ブログもいつまで続けられるか分かりませんが…。