いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

あなたは夫婦同室?それとも夫婦別室?夫婦の寝室問題について

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190715001414j:plain

結婚されている皆さんは寝室は同室ですか別室ですか。「eclat2019年8月号」によれば、別室で寝ている人が40%でトップ、次いで同室だが別々に寝ているが39%、同室で同じベットに寝ているが21%という結果でした。

この数字を見て、皆さんは意外と同室多いねと思いますか。どうでしょうか。私は意外と多いなと思いました。ただその同室でも我慢している人がいるのではないでしょうか。すぐに思い浮かぶのがいびきですよね。いびきがうるさいと眠れません。

でもパートナーが同室を希望したら、なかなか断れないですよね…。そんな不満もあるはずです。ここでは先ほどの「eclat2019年8月号」の記事をもとに夫婦の寝室問題について書きたいと思います。

同室で満足しているのか

同室で本当に満足しているのか気になりますよね。アンケート結果がありました。同室の人の場合、満足しているのが52%、そうでない人が39%、どちらともいえない人が9%でした。満足している人が半分ですか。意外と多いかもしれないですね。

一方、別室の人はどうかというと88%の満足しているとのことです。やはり別室の方が満足度が高いですね。確かに別室で寝ていて不都合は何もありません。

同室の人の半数がYESなものの、その多くの理由は「安否確認ができるから」。また、同室同寝の人に絞ると半数以上がNO。別室の人でNOな人は全員、「もっと快適な個室」を求めるがゆえの回答。

そういうことだそうです。安否確認…。確かに重要ですね。別室にした人の事情も載っていましたので、いくつか紹介しておきます。

  • 3年前に子供の独立を機に、子供部屋を夫の部屋に、和室を洋室にリフォームして私の部屋にしました。理由は、冷房がつらかったのとお互いのいびきがうるさかったから。(54歳・主婦)
  • 10年前、娘が多感な時期にひとりで眠るのが怖いというので、私が一緒に寝るように。それで別室が定着しましたが、自分のペースで眠れるので結果的によかったと思う。(55歳・パート)

これはよくある話ですね。私は今、同室になったり別室になったりしていますが、ひとつはいびきですね。私のいびきがたまにあるので、それで迷惑をかけているのに同室というのは基本的にありえません。

また夏だとクーラーの温度ですね。これはどうしても合わないということがあります。結果として別室になります。最後に子どもですね。子どもが2人いるわけですから、子どもを挟んで同室になるか、子どもと妻もしくは私が寝るかのパターンです。

子どももいびきをかくことがあるので、妻は避難することがあります。私はあまり気にしないで寝られるので、子どもと一緒に寝ています。

寝室が別室になると夫婦関係は変わるのか

これ気になりますよね。「eclat(エクラ)」は50代の方向けの雑誌ですので、それを踏まえて読んでください。

  • 何かの本に、「寝ているときに”気”の交換をするため、同じ部屋で寝ないのは夫婦ではない」と書いてあり、あり得るかもと感じた。実際、寝る前が一番リラックスし、夫婦で話ができる時間だと思う。(44歳・会社員)
  • 別に寝ると、心が離れてしまう気がする。(54歳・主婦)
  • NO。肌の触れ合いは少なくなるので、寂しいと思う人も多いかと思いますが、相手に寄りかかりすぎず、自分と向き合うことを、今からしておくことも大切だと思います。(45歳・コンサルタント)

確かに夫婦別室だと心が離れてしまうかもという気持ちは分かります。でも寝られないのは辛いですよね。あと寝る前の時間。これは確かにあるかもしれないです。寝る前ぐらいしかゆっくり話せないということも。

でも生活習慣もズレてきて、私のように夜中に仕事しているとなかなか難しいですね。でも少しでも時間取れればいいなと思います。まあ妻の方が特に望んでいないということもあるかもしれませんが(笑)。

別室を避けたい人はどうするか

それで別室は避けたいけど、同室も難しいということありますよね。前述したように別室だと心が離れてしまうように感じることもあるかもしれません。「eclat」では建築家の天野さんのお話しが出ていました。これはなるほどと思いましたね。

…私が提唱するのは『夫/婦寝室』、お互いの寝床の間を引き戸などで仕切った寝室です。隣り合った部屋の壁を取っ払って引き戸を設置してもいいし、ひとつの部屋をアコーディオンカーテンやパーティションなどで簡易的に仕切るだけでもOK。…また、賃貸なら、天井や壁に穴をあけずにすむタイプに仕切りを選べば大丈夫。

これなら相手に何かあった時も気づくことができますね。うちは賃貸なので、以下のような仕切りを買えば工事もしなくて良さそうです。

 

まとめ

寝室の問題は年齢を重ねるにつれて、問題になってくるでしょうね。特に子供が独立したら部屋も空きますし、移動する人も多いようです。でも突然死などもありますから、建築家の天野さんの提唱する『夫/婦寝室』がベストかもしれません。

あらためて皆さんは夫婦の寝室どうしてますか?『夫/婦寝室』という方法もあるので、ぜひ試してみてください。