いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

ツイッターで集客したいのにブロックしまくる人たち

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190826214957j:plain

ツイッターでブロックする行為そのものは全く否定しないんですよね。ツイッターは私も長く運用していますので、私自身はブロックはほとんどしませんが、ブロックさせることはあるわけです。

しかし、ブログで集客したい人がブロックをたくさんするとそれは集客にならないと思うんですよね。そうした現象が今回もツイッターで見られたわけです。今日はそんな話をしてみたいと思います。界隈に詳しい方は「あれね」となる方と思いますが、それ以外の方はどうでも良いかもしれないです(笑)。

 

     スポンサードリンク

 

ブロックする派の言い分

ブロックをするのは自分のツイート見てくれるなという意志表示ですね。それとその人のツイートを見たくないというのもあります。見るだけで不快な気持ちになるということです。「そんな気持ちにさせたことないのに!!」と思うかもしれませんが、実際にそれでブロックされることはあります。

世の中には先回りしてブロックするということもありまして、絡んでもいないのに、このツイートは目にしたくないからという理由でブロックすることがあります。私もそれでブロックされることがあります。界隈の人達は特にそうです。

 

ブロックすることは全然かまわないのですが、私はしてないですね。クソリプもたまに来ますけど、フォロワーが多くないので、そんなに多くはありません。ただフォロワーが多い方と絡むと、たまに凄いのがきますので、「これはブロックしたくなるな」と思いますね。

ブロックしない派の言い分

見たくないものはブロックするのは当然ですよね。私もそれでいいと思います。ブロックするかどうかは自由です。このまとめ、読んでみるとブロックを「悪意の塊」としていますが、それはおかしいという意見が大半ですね。ですから、ブロックしない派は小数なんだと思います。

togetter.com

そもそも先ほども述べたようにブロックは相手に見られたくないという意志表示の方が強いので、「お前はもう見るな」ということを意味しています。それはツイッターというやり取りの中では正しい行いです。

基本的にはこちらの方のようにブロックしない派というのは少数なのだと思います。まあ自分の場合はブロックされる方なので、自分ですることはほぼないのですが(笑)。

ブロックばかりしていると集客にならないのでは?

ブロックすることは別に構わないのですが、ツイッターを集客として利用している場合はマイナスになると思うんですよね。だって悪評しかたたないですよ、それ。

もちろん個人名で検索してくれる人は関係ありません。そもそもツイッターは必要ないわけです。しかし、ツイッターで集客しようとしている人はそうはいきません。自分で敵を作りに行っているようなものですよね。

ビジネスをやっているといろいろと言ってくれるお客さんの方が大切なんですよね。何も言ってくれない人はファンにはなりませんし、すぐに去っていきます。いろいろと言ってくれる人は意外と去って行かないです。それは多少なりとも気にかけている証拠です。

もちろん完全なアンチもいて、何を言ってもお前が嫌いという人はお客さんではないかもしれませんが、そういう人はごく少数なんですよね。だいたいが好きでも嫌いでも無い人なのに、そういう人まで巻き込んでブロックしていくのですから、それはファンははなれるでしょうね。

そんな問題はサロンでもあったようですので、固定ファンはともかくとして、新規ファンの獲得は難しいでしょう。新規ファンの獲得が難しいから今、polcaなどやっているんでしょうけど、ブロックしまくったらそれはダメだよねとなりますよね。

まとめ

ツイッターを商売に使っていなければブロックは自由なんですが、それを個人でしかも商売でやっているのにブロックしていると悪評立ちますよという話です。すでに悪評立っているとか悪評立とうが関係ないぜという突っ込みは無しでお願いします。

あくまでもビジネスをやる立場から言えば、ブロックは無しですね。個人でやるなら自由ですし、どんどん嫌な人はブロックすればいいと思いますけど。まあ中にはアンチは養分と言ってブロックしている人いますけどね(笑)。

 

ブログを始めるならはてなブログがおすすめ!!

はてなブログは読者登録機能など、コミュニティー内のやり取りがさかんなので、多くの人に見てもらえる可能性があります。また「はてなブログPro」にすると、無料プランと比較して、独自ドメインが使える、はてなによる広告を非表示にできるなどの得点が利用できますのでおすすめです!!

はてなブログproの詳細はこちらから