いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

アニメは素人が批評すると怒られる可能性が高いと感じる

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20200224103817j:plain

今まではあまりアニメを見ることはありませんでした。正確には以前、見ていましたけど、間が空いていたという感じでしょうか。最近では大人が見ても結構楽しめるアニメが多いですよね。

ただあんまりアニメの話をすると素人が何を言っているんだと怒られそうなので、みんな感想書けないんじゃないですかね。アニメといっても娯楽の一部だと思うんですが、熱狂的なファンの人にとっては許せない批評というのもあるのかもしれません。

そんなことを考えてアニメを見ていたら、以下の増田が出ていました。こういう人たちに責められる可能性があるんだなと思ったんですね。一方でそんな風にアニメを見ていない層もいるんだろうなと思い、せっかくの休みなのでアニメの話でも書こうと思って書いています。

anond.hatelabo.jp

 

最近は移動中で見るようになったアニメ

以前はあまりアニメを見なかったんですね。その理由はテレビを見る時間がなくなったからです。でも今は dアニメなどでダウンロードすれば、アニメをいつでも見られるんですよね。このアプリはすごく便利です。

自分はドコモを使っているので、 dアニメを見てますけど、他にも便利な動画配信アプリがあるのかもしれません。しかもこのアプリは安いですよね。この値段で昔の作品だけではなく、今の作品も一週間遅れではありますが見られるというのはすごいことだなと思います。

ダウンロードして見られるので、移動中の時間潰しに最適なんですよね。ちょっとした休憩に見るには、アニメは30分ですので、時間的にもよいと思います。そんな感じでここ最近見たしたということです。

今見ているアニメ一覧

アニメも色々見てるわけですけど、 何を見ているのか確認してみたところ、以下のアニメでした。

とくにこだわりもなくむしろそうなの見ているわけですが、見続けているのやっぱりおもしろいものですかね。毎日何かしら更新があったりするので、そういう意味では移動中も楽しく見られます。

もちろん鬼滅の刃とかDr.ストーンとかも見ていたわけですけど、今は放送していないですからね。あと炎炎ノ消防隊とか 盾の勇者の成り上がりも面白かったですね。進撃の巨人も見てましたよ。また始まるみたいですけど。

 

絵は似た感じだけどストーリーは多様化したと思う

このようにいろいろ見てみたんですけど、ストーリーはかなりおもしろいと思いますね。絵はちょっと似たようなのが多いと思いますが、「盾の勇者の成り上がり」とか「ゼロから始める異世界生活」とか、弱い系の主人公が活躍するものはおもしろいものが多いですね。

そういう風に考えるとスポーツものも、スーパースターではない人が活躍するというのが定番なのかもしれません。 そういう風に考えると、自分の好みはちょっとハンデがあるとか、ちょっと弱っちいのが頑張るみたいなのなんですかね。

七つの大罪」とかはちょっと違うかもしれないですね。ただ全体的にそういう傾向が多いのか、自分がはまっているのがそういうアニメなのかはよくわかんないですけど、やっぱりリアルではないのがアニメの良さだと思うんですよね。

リアルで遭遇できるような物語ってそんなに面白くないと思うんですよ。「ゼロから始める異世界生活」もそうですけど、そんなこと現実には起こらないわけで、ストーリーはかなり斬新ですね。

盾の勇者の話もそうですけど、盾が一番強いってすごいことですよね。そういうなんか現実にない面白さが楽しいのかもしれません。途中まで見て行ったけどあんまり見なくなるっていうのもあるんですよね。たとえばダイヤのエースとか。

なんであまり見なくなったのだろうと思うんですけど、その理由はちょっと自分でもよくわからないです。なんとなくストーリーがわかるからですかね。そういうのが関係してるのかもしれないですね。

 

素人がアニメの話を書いたら怒られそうである

自分はアニメもう楽しく見てるんですけど、先ほどの増田ではないですけどファンの人からしたら何もわかってないって思うかもしれないんですよね。映画とかは自由に感想を述べられるイメージなんですけど、アニメはいろいろ怒られそうな感じがします。

はてなだからかもしれないですけど、こだわりがあるんでしょうか。先ほど出てきたオタク的な批判が出てくるのかもしれません。でも純粋にアニメで見たら楽しいものが多いですよね。

考えてみて思うのは、キャラクターのファンなのかストーリーが好きなのかで随分立ち位置が違うのかもしれないですね。もちろんアニメを見てる時にそのキャラクターが好きかどうかというのは重要なんですけど、ストーリーを置いといてキャラクターが好きという風に自分はならないわけです。

つまりアニメグッズとか買わないね。あくまでも位置づけがストーリーの中でのキャラクターと位置づけで、どのアニメもストーリーを楽しんでるっていう感じなんだと思います。

今そういうストーリーを楽しむにも、そこに政治性を見出して自己の主張を展開する人もいるわけですよね。まあ制作物なのでなんらかの主張はあるんですけど、常に政治的であるかというと、そんなことはないと思います。

自分としては、アニメはアニメのストーリーとして楽しみたいですよね。先ほども述べたように、現実感が出すぎるとアニメの良さがなくなってしまうと思うんです。そういう意味でその主張が強すぎる物って、すごく苦手な部分もあるんですね。

だから自分は宮崎駿とか好きじゃないんですよ。何かそこに作者の主張が色濃く出すぎていて、解釈の幅が狭くなりすぎている気がするんです。みんなが同じ方向を向いて楽しむよりも、各自がそれぞれ解釈できるアニメの方がおもしろいなあと思います。

 

まとめ

最近そこそこアニメ見て思ったことを書いたわけですけど、やっぱり見るアニメ系統が決まってくるんですかね。他にも色々おもしろいアニメがあるとは思うんですけど、また新たに面白そうなアニメを探してみようかなと思います。政治的主張頑張りないアニメで、みんなが楽しめるようなアニメありますかね?もしあったら教えてください!

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu