いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

一生独身で老後が寂しいから結婚したい?結婚したい理由とは

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190517091816j:plain

老後について考えたことがあるでしょうか。結婚せずにひとりで暮らしている場合、老後も一人なのか…と寂しい気持ちになる方も多いようです。そしてそれが結婚したい理由の上位にランキングしているようなのです。

私も老後について考えたことがありますが、それはさびしいかどうかよりも、生活費いくらかかるの?という問題です。役員ですけど、フリーランスでやっているもので、年金は国民年金。自分でも年金をかけていますが、それでも生活できるのか分かりません。

同調査によると、夫婦2人で老後生活を送るうえで必要と考える日常生活費(最低限必要な生活費)は月額平均22万円。、ゆとりある生活のためには同12.8万円を上乗せしたいとしています。月にして約35万円になります。

老後生活に必要な月額生活費はいくら? 自分の状況や趣味・趣向に合わせて調整することが不可欠(1/3) | JBpress MONEY powerd by JBpress

しかも持ち家でないですから、どうなるか分からないですが、将来的も稼いで行ける仕事をしていくしかないですね。少しでもお金になる技術を持っていれば強いと思い、書く仕事もしているわけです。投資はなかなか難しいですが…。

友達がいなくて寂しいんですよ

「友達がいなくて寂しい」

この言葉は意外と聞くんですよね。私も友達少ないですが、寂しいとは思わないんですよね。それは子どもと家族がいるからです。今は家族がいない生活は想像できないので、その寂しさが分からないだけかもしれません。

実際に婚活をしている男性と知り合う機会が多いのですが、結婚に積極的である理由は以下のようになっています。こちらは平成26年度に行われた内閣府の調査「結婚・家族形成に関する意識調査」です。

f:id:gerge0725:20190517094720p:plain

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-2-2.pdf

意外かもしれないですが、30代女性の2位が老後に一人でいたくないとなっています。男性は家族がもちたい、子どもが欲しい、好きな人と一緒にいたいとなっています。しかし、こちら30代までの話です。40代はどうなんでしょうか。

明治安田生命の調査ではもう少し年齢が上の世代の結婚したい理由が出ています。こちらを見ると老後ひとりで生活するのは寂しいという理由が45歳以上では男女ともにトップです。一方、「寂しくなったから」の割合は年齢を重ねてもそんなに変わってないんですよね。寂しさを友達に求めるのではなく、家族に求めようとするのかもしれないです。そのために結婚したくなったと言えそうです。

f:id:gerge0725:20190517095310p:plain

https://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2017_03.pdf

老後、ひとりでは寂しい

では老後はひとりで寂しいのでしょうか。私はまだ老後を迎えていないので時間が湧いていないのですが、私の祖父は祖母に先立たれて寂しそうでしたね。

「70歳になり同年代の人たちを見ていていると、昔、仕事に振り回されていた人ほど、いま孤独であることに気づかされます」

そう話すのは、元トリンプ・インターナショナル・ジャパンの社長で、同社を19期連続で増収増益に導いた吉越浩一郎さんです。

定年後には、そば打ちや長唄などやりたいことを思う存分楽しめたら、孤独を感じることなどないのではと思っていたのですが、吉越さんによると現実は厳しいようです。「実際はそばを食べてくれる人もいなければ、長唄を聞いてくれる人もいません。『趣味が生きがい』といっても、実情はさみしいものです」

寂しい老後を避けるため40代ですべきこと | プレジデントオンライン

確かにこれまでなかった時間を持てるのですが、それを共有してくれる人がいないと寂しいですよね。料理が趣味でも誰も食べてくれなくて、一人で食べるなんて最悪です…。しかし、ここでひとつの問題があります。

結婚していたら寂しくないの?

結婚していたら寂しくないのではないか、趣味も一緒に共有できるのではないかと思うかもしれませんが、実際にはそんなことはないようです。

「2006年に退職後、妻と2人で世界各地のクルーズに10数回出かけました。船内で日本人の母娘二人組に出会うことはあっても、夫婦のカップルはまず見かけませんでした。家庭を顧みないと、結局、妻に相手にされないからなのです。日本人は老後のことを『余生』といいますが、私に言わせれば老後こそが『本生(ほんなま)』。寂しい本生を迎えたくなければ、普段から家族のコミュニケーションを取るべきです」

寂しい老後を避けるため40代ですべきこと | プレジデントオンライン

これ分かりますよね、老後になっていきなり一緒に人生を楽しもうなんて言われても、何を今さら言ってるんだとなります。そんなものなんですよね。だから結婚することってゴールではないんです。だってその先、一緒に長く暮らしていくわけですから。

結婚はあくまでスタートであって目的ではない。そのように理解しないと、コミュニケーションが不足して、熟年離婚になるか、パートナーに無視される人生になるでしょうね。人生って大変…。

まとめ

老後一人でいるのが寂しいので結婚というのは理解できるのですが、目的を達成するとふっと気が緩むのは誰にでもあるものです。結婚してからがスタートという気持ちでいないと、結婚していても寂しい老後が訪れる可能性が大です。私も気をつけないと!!

 

婚活を始めるなら