いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

「私はあの人のお母さんみたいになっているんです」~不倫夫とその奥さん

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190523153109j:plain

「私はあの人のお母さんみたいになっているんです」

これ強烈な言葉ですよね。何が起こったかと言いますと、私の知り合いが不倫をしているんですよね。どうも同窓会で再会してそこから不倫を初めてもう10年ぐらいになるのでしょうか。相手の女性にも旦那さんがいるわけで、W不倫になります。

それで不倫がバレていろいろと揉めたわけですよね。どうも小さいころから抑圧されていて、今になって弾けてしまったらしいのです。その時に奥さんが言った言葉がこれです。

要するにお母さんみたいに世話をしているうちに、完全に女性として見られず。お母さんになってしまったらしいのです。それでも別れずに生活を共にしています。今後、どうなるかは分かりません。

貧しい生い立ち

その旦那さんが言う不倫に至るきっかけは貧しい生い立ちにあったとのことです。小さいころから我慢して生きてきたので、もう我慢の限界であり、それが弾けてしまったらしいんですよね。

確かに貧しい落ちたちでした。高校にも行けず、近くの工場に就職し、そこでずっと働いてきたわけです。おそらく幸せではなかったのでしょう。結婚もし、子どもも持ったけれど、それでも満足できない自分。それが不倫という形で現れたのかもしれません。

兄よりも苦労したという自負

その方には兄がいるのですが、長男って田舎では優遇されるんですよね。だから次男は貧しい中でもさらに下に見られているわけです。だから幸せな感じがしないわけで、そのもめた時に同席していた兄に向けて、「兄貴には分からないんだ」と言っていたようです。

何か不幸を全部背負い込んでいたという考えがあったんですね。確かに会社の規模だけを比べれば、兄の方が良い会社に就職しています。比較されれば、自分の方が下に見られてしまうし、実際にそう見られてきたのかもしれません。

今が一番楽しいという旦那さん

さてこんな不倫関係が10年続き、結婚生活も続いているわけですが、不倫相手と別れる気はないようです。むしろ今の生活が人生で一番楽しいのだと。子どもはすでに家を出ています。奥さんがいる家に帰ってはいるのですが、不倫相手と遊ぶ日々。

お金は家に入れているのかどうか分かりませんが、これからもこの不倫関係は続いていくのでしょうか。ちなみに相手の方もご家族に不倫がばれているわけですが、不倫は続いています。

相手の旦那さんは「悪い女にひっかかりましたね」と言ったそうです。「おいおい他人事かよ」と思いますが、そちらの家庭も冷め切っているのかもしれないですね。そうするとこのW不倫はこのままずっと続くのでしょう。子どもにもバレているようなので、それこそなぜまだ一緒にいるのかという話になってきています。

同窓会不倫は多いのか

今回、同窓会で再会して不倫に至っている家族なのですが、同窓会で再会して不倫する人は多いのでしょうか。同窓会では初恋の人に出会う可能性が高いようです。

ある生命保険会社の『初恋に関する調査』によると、“初恋相手と再会したことがある”と答えた22.5%の人のうち、再開したきっかけの第1位は“同窓会”で、なんと37.3%を占めました。
その他は、偶然再会したが34.7%、成人式が22.2%と続き、ソーシャルメディアmixiは2.2%、Facebook1.3%、Twitterは0.9%という結果に。

同窓会と不倫の関係|再会した同級生と不倫にハマる理由とリスク|厳選 浮気調査ナビ

ではそもそもなぜ同窓会で出会った女性と不倫にまで至ってしまうのでしょうか。同窓会で出会った女性と不倫してしまう理由は以下の通りです。

  • お酒(アルコール)が入るから
  • 当時の好意的な気持ちが再び生まれるから
  • 「割り切り」の関係を作りやすいから
  • 相手を信用しているから
  • 緊張感が恋心と錯覚するから

同窓会と不倫の関係|再会した同級生と不倫にハマる理由とリスク|厳選 浮気調査ナビ

その男性も以前の感情が蘇ったと言っているそうで、まさに「焼け木杭には火が付き易い」というやつですね。それで不倫ってスリルもあるようで、そうした会えそうでなかなか会えないみたいのも楽しいそうです。

また同級生なので、しばらく会ってなかったとしても、何となく気心も知れているし、話の中身を合うわけですよね。同じ時代を同じ場所で生きてきたわけですから、それは共通の話題があります。ただそんなことのために利用される同窓会ってヤバいですよね…。

それで本当にもう10年で、いろいろ家族を巻き込んではいますが、本人たちは別れるつもりはありません。奥さんの側も生活を考えて、別れる気はないようです。この先どうなるのか、私はよく分かりませんが、泥沼にだけはなってほしくないものです。

まとめ

不倫関係というのはなかなか終わることはないようです。特にお互いに公認?の不倫だとなおさらでしょう。「不倫は良くないからやめなさい」というわけではなくて、不倫で迷惑をかける人がいるということを自覚しましょうねということです。そしてそれが相手を不幸にさせるのならしっかりと責任を取る覚悟があるのかということ。それだけはしっかりと考えてほしいものです。

 

 

仕事も家庭もうまくいく夫のトリセツ (イライラからご機嫌に!)

仕事も家庭もうまくいく夫のトリセツ (イライラからご機嫌に!)