いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

会社の役割とは~障害を持つ方を雇って気づいたこと

f:id:gerge0725:20190418223803j:plain

会社の経営に携わっていると会社って何なのかと思うんですよね。経営って苦しいし、場合によってはフリーで働いた方が稼げるのではないか?と考えることもあります。会社を作ることで社会に貢献するんだという人もいますが、社会に貢献の前に会社の売上を上げることに全精力を注ぐことになるわけです。

そんな感じですので、会社の役割が何かをしっかりとイメージできていなかったのです。売上を伸ばすのは社員の給料を払うためですね。せっかく働きたいという人がいるのに、雇えないのがもったいない。そんな気持ちで考えてきました。経営って自分の給料が最後になるからきついですね…。

 

www.gerge0725.work

障害を持つ方の一言に体が震えた

私たちの会社は小さい会社なのですが、毎年採用をしているんですね。採用の募集をしているわけではないのですが、働かせてほしいという方が来ます。うれしいですよね、そういう方がいるのは。金は無いのですが、何とか雇おうと雇っていて、結果として成功しています。

それでシステム系の事業の方は、精神障害者保健福祉手帳を持っている方が三人働いています。プログラミングが好きだという二人なので、もくもくと作業をする姿は「俺、働くの嫌だし」と言っている大学生に見せてあげたいくらいです。

そんな彼らの一人が電車で1時間30分ぐらいかかるところから通勤しています。それでやっぱり通うのが大変なので、一人暮らしをしたらどうかという話が出ているんですね。会社の近くになれば、あの混んでいる通勤電車にも乗らなくて済むし、精神的にも楽だろうと思ったのです。

彼はとても寡黙なので、ほとんどしゃべらないのですが、「はい」とは言ってくれて。前向きなんだなと思ったんです。それで最近、彼の家族の方と話す機会がありました。彼が病気で休んだので、自宅に連絡したからです。

その時に家族の方と話していて、一人暮らしさせたいと言われました。最近、会社でもそんな話になっていますと話したのですが、彼がひとり暮らしをしたいという理由は「もっと仕事がしたい」ということでした。

確かに会社に近くなればたくさん働けますよね。有給は使ってねと指導しているのですが、「大丈夫です」の一点張りでなかなか使ってくれない彼ですが、今年からは法律が変わるので有給しっかりとってほしいと思います。でも「もっと仕事がしたい」には震えましたね。そんな働いたらうちがブラック企業になってしまいますが、「仕事がしたい」ってあまり聞いたことが無いセリフだったので、雇って本当に良かったなあと思っています。

社会で必要とされる自分

彼は就職活動が上手くいかなくて、知人紹介でうちに来たのですが、就職活動がうまくいかなくてつらかったと言っていました。障害者採用のある会社も何社か受けたようですが、ダメだったのでとても落ち込んでいるように見えました。

それで私たちの会社は幸か不幸か社員が少ないですからいきなりの即戦力ですよ。いきなりの実践投入です。もう彼がいないと成立しない開発現場になっています。みんなに必要とされていると言われている彼はとてもうれしそうです。笑顔も増えてきました。

人間誰しも人から、社会から必要とされたら嬉しいですよね。彼にとっては好きなプログラミングで、社会に必要とされ、お金ももらえる満点の職場だということです。給料は申し訳ない感じですが…。

会社の役割とは

会社の役割って社会に対して貢献することかもしれません。でもその前に働いている社員を幸せにすることが大切だなと思ったんですね。働きたくても働けない人がたくさんいます。お金がなくて苦しい想いをしている人がたくさんいます。そうした人に働く場を提供することが会社の役割かなとも思うのです。

将来的には大学院の博士課程を出て苦労している人に働いてもらいたいと思っているんですね。自分も生きていくことに苦労したし、周りで命を絶っている人がいるからです。お金さえあれば細々とではありますが、研究をつづけることができるはずです。

 

www.gerge0725.work

  

www.gerge0725.work

立派なビジネスモデルもありませんし、お金もありませんが、せっかく会社の経営に携わっているので、しっかりと売上を上げて、「この会社で働けて良かった」と思える会社を作っていきたいと思います。この先、まだ長そうですが、何とか頑張らねばと思うところです。そういえば、最近フリーターで就職したいという人が来ました。彼も頑張れるかな。

まとめ

自分は正直、働くということにそれほど意味を見出していないというのがあります。それは彼と違って、やりたいことをやっているという自信がないからです。私は以下の記事でも書いているように、できることをやっている、社会に必要とされることをやっているだけです。だから一層のこと、この道を究めて、人のやりたいことを応援できるようになりたい。そんな気持ちで、これから頑張っていこうと思います。

 

www.gerge0725.work

 

転職・起業を考えるなら