いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

極論で語る人に要注意!!選択肢が無くなる前に考えよう

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191031161632j:plain

日本人は返事がはっきりしないなんて言われることがありますね。「イエスですかノーですか?はっきりしてください」と言われたときに、なかなかはっきりとは答えられないことがあります。

そうしたことがあるので、はっきりしろみたいな話が出てきており、はっきりと決めた方がかっこいいとなっています。しかし、ちょっと待ってくれと思うわけです。そもそもそんなにAかBか分けられることがあるの?、そしてAかBに決めないといけない理由は何?という話です。

 

極論になる理由

いつも不思議に思うのはなぜ2択なのか何ですね。2択になるのは分かりやすいというのもあるのですが、無理に2択にしてどちらかを迫るのは押し売りに近いものがあります。会社員かフリーランスかではなく、副業も復業もあります。

こうした状況でもどちらかの選択をさせようとしている方が多いです。まあサロンに入れたり、教材売ったりしたいのかもしれないですが、そもそもが極論の2択で選択しなければならない状況がダメなのです。

政治の勉強をしていると、交渉は手持ちのカードの出し合いだと分かります。カードをどんどん切って相手を苦しめろという人がいますが、カードは切れば切るほど、手持ちのカードがなくなってきます。つまり、選択肢が少なくなるんですね。

それで最後に戦争というカードしか残らなかったら、そのカードを切らないといけなくなります。その際には、それを切らざる得ない状況なので、「追い詰められてやもなく切った」と説明はできますが、そもそも追い詰められるのがダメともいえるのです。

選択肢が無くなる前に手を打とう

先ほどのカードの例ではありませんが、手持ちのカードをどんどん切るのではなく、着る順番を考えたり、新たなカードを手に入れたりする必要があります。つまり、極論になる前に手を打つのです。

例えば会社員の事例であれば、ちょっとした副業であれば今から始めることができます。転職活動だってできます。フリーランスになりたいのであれば、そのための準備は会社員時代でもできるのです。

手持ちのカードを切るというのは、攻撃していると同時に追い詰められているとも言えるえるのです。そうならないためにも選択肢は常に確保しておきましょう。

 

界隈の人達に極論で迫られたらどうするか

そうは言っても界隈の人達は極論で迫ってくることがあります。先ほどの例がまさにそれですね。ここでは界隈の人を例にとりましたが、実際のビジネスでも極論で話したがる人が多いです。

最近は「AIで職がなくなる」という極論が気になります。歴史をさかのぼれば、新たな技術が発明されることで、旧来の職業が漸次的に消滅することはいくらでもありました。ジェームズ・ワットが蒸気機関を開発すると、馬車がなくなり失業した人はいましたが、鉄道や工場労働者へと転換していったのです。ガス灯が発明されれば、行灯持ちはいなくなったものの、違う職業に就いていきました。紡績機械が発明され、家内制手工業は壊滅しましたが、工場生産が新しい雇用を創り出したのです。

「極論」バカが、今のニッポンを蝕んでいる | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

これですね、AIによって仕事がなくなるからどうする?みたいな話はよく出てきますね。界隈の皆さんもこういうのが好きですから、これからは会社員オワコンとか言ってしまうわけです。

でも実際にはそんな風にはならないわけで、その前に選択肢も増えていきます。そもそも極論状態なることは無いし、そうなっているとしたら、それまでのやり方がおかしかっただけなのです。

だからもし極論で迫られることがあれば、いったん冷静になって、選択肢を書き出してみることをおすすめします。「もうAしかない」と思っても、選択肢は他にもあるはずです。

また、人に相談することもおすすめです。ひとりだとどうしてもテンパっているので、良い選択肢は浮かんできません。友達でも誰でも良いので、いろいろな人に話を聞いて見ることをおすすめします。

会社員はオワコンだと言われて、すぐに会社を辞めることが無いようにしてくださいね。それで大学をやめて今はどこにいるのか分からない人もいるので。

 

まとめ

ここまで極論で迫る人の話を書いてきました。世の中にはAかBかでしかないものはほとんどありません。でもAかBかって分かりやすいので、すぐに選択をしてしまいがちです。そうならないためにも冷静になって、他の選択肢を探すようにしましょう。他にも選択肢はたくさんあるはずですよ。

 

noteも始めました。いろいろなタイプの方に役立つ生存戦略不定期に書いていますので、ぜひお読み下さい。

note.mu