いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

「教養がある」ってどんな意味?教養がある人と教養がない人の違いとは

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190522224018j:plain

「あの人は教養がある」

そんなことを言われたことはありますか。言われたことがないにしても、そう言われている人を見たり、聞いたりしたことはあるのではないでしょうか。例えば池上彰氏。教養がある人の代表のように言われていますよね。私たちが学生の頃は立花隆とか筑紫哲也とか教養があるなあと言われていました。

 

  

知的ヒントの見つけ方 (文春新書)

知的ヒントの見つけ方 (文春新書)

 

 

若き友人たちへ ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書)

若き友人たちへ ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書)

 

 私自身は鶴見俊輔が好きでよく読んでいましたが、彼の場合、教養があるとかないとかそういうレベルではなく、生き方そのものが面白いというか、そういうあこがれの存在でした。亡くなる前に一度だけお会いできたのでそれが良かったです。

 

言い残しておくこと

言い残しておくこと

 

 あと勉強会に参加させいただいた加藤典洋氏。最近お亡くなりになりました。本当にびっくりしました。もう一度お会いしておけば良かったなあと後悔してしまいました。

  

対談  ──戦後・文学・現在

対談 ──戦後・文学・現在

 

こんな感じでざっと教養あるなあと思った人を挙げてみたのですが、自分には遠く及ばない存在ですね。こればかりは能力の差に脱帽です。少しでも近づけるように頑張っていくのですが、どこまでいけるかは分かりません。

それで前置きの方が長くなってしまったのですが、『PRESIDENT2019.6.3』号で銀座のママが教養がある人と見分けられるという記事がありまして、それがとても面白かったんですね。それで今回はご紹介します。

教養があるように見せる人たち

「俺教養あるぜ」という人はめったにいないのですが、教養がある風を装っている人はいますよね。インテリみたいに見せる人です。話すと残念な人たちのことですね。

教養を「幅広い知識」くらいに考え、難しい本をたくさん読み、懸命に勉強して、多量の情報をインプットしてみても、一夜にして教養は磨かれるわけではないということだろう。知識は豊富だけれど話してみると残念な人も多い。本当の教養とは、学問・知識などによって培われる品位や立ち居振る舞いといった人の内面までも表すものだ

(40頁)

やばい、教養ないです、資格無いです、育ち悪いです…。確かに品位や立ち居振る舞いは重要ですね。

お酒の飲み方や酒席での立ち居振る舞いに、人間としての素の部分がそのまま表れるということです。

(40頁)

これは本当にそう思います。飲み屋に行くと態度が悪い人って必ずいます。店員に対する態度が悪い人、女性に対して上から目線の人など、こうした人と付き合っても良いことはありません。

ビジネスでも必ず悪いことをします。私は一緒に仕事をするときは必ず宴席を設けることにしています。お酒の席でどのような態度を取るのかみたいからです。酒席の印象が悪い人はだいたいダメですね。ビジネスはいっしょにしません。

人の話を横取りする「会話ドロボー」

いますよね、勝手に会話に入って来て自分が話を始める人。大変困った人だと思うのですが、こうした人のことを「会話ドロボー」というそうです。

会話ドロボーをやめられない人は、基本的に自尊心や自己顕示欲が強く、「いつでも自分が話題の中心にいなければ気が済まない」「ほかの人が会話の中心にいて楽しげに話しているのが気にいらない」といった性格の持ち主のように思えるという。

(中略)

「いろいろ知識を持ってらっしゃるのはわかりますが、上から目線の発言をする人は、女の子から好かれません」

(41頁)

会話を取ってしまうだけでなく、上から説教する人もいますよね。それはすでに今日以前のような気もしますが、自分が知っていることを人に伝える時って偉そうになってしまう可能性は高いです。私ももしかしたらそうなっているかもしれません。注意が必要ですね。

もっと聞かせてほしいと思わせるのが教養人

「知識を深く理解しているお客様は、女の子に合わせて自分の幅広い知識の中から興味のある話題を上手に取り出してくださいます。こちらが『もっと教えてください』とお願いしたくなるくらい、いつの間にか話に引き込まれてしまいます。そういう人は、ご自分のほうが詳しい事柄でも、私たちがちょっと知っていることに対して『おっ、すごいね、素晴らしい!』と褒めてくだされるので嬉しくなってしまいます」

(41頁)

確かにこれはありますよね。知っていると話したくなってしまうのですが、相手のことを立てて聞き役に回る。その中で、上手に自分の知っていることを披露する。これはできるようでできないなあ。しかし、ここまで見られて教養があるかないかを判定されたら自分は教養人にはなれそうもありません(笑)。

まとめ

「教養がある」人間になりたいと思ってはいるもののダメ人間なので、なかなか難しいです。話し方とか品位もないんですよね、私。でも少しでも勉強することで、ビジネスにもその知識を役立てていきたいと考えています。ただですね、私、銀座で飲んだことないです。まずそのレベルに行くのが先なのかな(笑)。

 

PRESIDENT(プレジデント)2019年6/03号(会話に使える「教養」大全)

PRESIDENT(プレジデント)2019年6/03号(会話に使える「教養」大全)

 

 ※2019年10月3日追記

教養があると思っている人が多いということにも気づきました。これは騙しているわけではなくて、実際に自分に教養があると思っている人ですね。だから何か反論されたり、指摘されたりすると怒るんですよね。

あと教養を身につけたいと考えている人は多いのですが、身につけたい教養とは何かという質問には答えられません。何となく物知りになりたいと考えているのかなと思います。博学という感じでしょうか。

確かにさまざまなことを知っていることは重要なのですが、知っているだけという人も多いです。それが自分の中でしっかりと定着していないので、言葉が軽いんですよね。先ほども述べましたけど、教養がある人の話は聞きたくなります。そうならない人も多いです。

自分も教養レベルとあげられるように努力していかないとなと思います。また何かありましたが追記していこうと思います。