いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

小学生が動画をアップしている?小学生のYoutube問題

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190715001143j:plain

 皆さんのお子様はYoutubeを見ていますか。私の息子たちはヒカキンが好きで、ヒカキンの動画を一緒に見ています。我が家の場合、「ひかりテレビforドコモ」でYoutubeのアプリが入っているので、テレビで見ている感じです。

 

ドコモユーザはドコモ光がお得です

さてそんなYoutubeですが年齢制限があるのをご存知でしょうか。この記事では知人のご家庭で発生した小学生Youtube問題について解説します。

Youtubeには年齢制限がある?

Youtubeには年齢制限があるのをご存知でしょうか。Youtubeの規約には以下のように書かれています。

12. 本サービス条件を受諾する能力
お客様は、お客様が20歳以上の成人であること、又は法的に効力のある親若しくは後見人の同意を有すること、並びに本サービス条件に定める条項、条件、義務、確約、表明及び保証を締結し、本サービス条件に従い、これを遵守する完全な資格及び能力を有することを確認します。いずれの場合も、本サービスは13歳未満の子供による利用を意図していません。あなたが13歳未満の場合、YouTubeウェブサイトを利用しないで下さい。あなたに、より適しているサイトが他にも沢山あります。あなたにそのサイトが適しているか、ご両親に相談してください。

利用規約 - YouTube

基本的には大人と一緒に見るべきものだというものでしょう。また年齢制限モードはオンにしておくべきです。ただ子どもの学習能力はすごいですので、小学校高学年にモなれば、こうした制限付きモードは解除できそうですね。

子ども用では「Youtube Kids」というアプリもあるので、こちらであれば13歳未満でもアカウントを作成し、動画を視聴することはできます。しかし、動画を投稿することはできません。

ファミリー リンクを使用して 13 歳未満のお子様用の Google アカウントを作成すると、サポート対象の国であれば、お子様が YouTube Kids アプリを利用できるようになります。ただし、YouTube の他のアプリ、ウェブサイト、機能は、お子様が 13 歳になり、Google アカウントを自分で管理するようになるまで利用できません。なお、保護者がお子様の既存の Google アカウントに管理機能を設定した場合、お子様は YouTube を利用できるようになります。

YouTube Kids、YouTube とお子様の Google アカウント - Google For Families ヘルプ

年齢制限があるのにアカウントを作れた?

ここまで読んでくると分かるのですが、小学生に勝手に動画を投稿した場合、考えられるのは親のアカウントで投稿しているか、年齢を詐称してアカウントを作ったかのどちらかです。

親が許可していないということを考えれば、本人が年齢を詐称してアカウントを作ったとしか考えれらません。本人確認したところ、やはり年齢を詐称してアカウントを作っていました。

本人に理由を説明し、アカウントを削除させましたが、小学生でもタブレットがあれば簡単にアカウントを作成できる時代です。タブレットスマホは持たせない、触らせないということもできないことはないかもしれませんが、それよりもしっかりと使い方を教えることが大切です。

使い方が分からない子どもが13歳を越えれば使い方が分かるようになるわけではありません。どうやって動画と付き合っていくのか、しっかりと理解してもらう必要があります。こうしたIT教育は本当に大切だなと思いました。

小学生のアップする動画は危険!!

 YouTubeは、米国時間6月3日付のブログ投稿において、「幼い未成年者」が大人の同伴なしで同プラットフォームでのライブ配信を行うことを規制すると述べた。YouTubeが規制対象とする「幼い未成年者」とは13歳未満の子どもで、YouTubeでは、13歳未満の子どもは大人を介さないとアカウントを作成することができない。このポリシーに違反したチャンネルはライブ配信の利用を制限される。YouTubeは、機械学習を使ってこの種のコンテンツを自動的に削除すると述べている。

YouTube、大人の同伴なしの13歳未満によるライブ配信を禁止へ - CNET Japan

日本でも学校行かないというYoutuberがいましたが、子どもを使ったコンテンツがあるわけですよね。保護者同伴の動画なら良いのですが、先ほども述べたようにアカウントは簡単に作ることができますので、子どもたちだけで動画をアップすることは可能です。

知人のお子さんも動画をアップしてしまい、しかも友達の名前も入ってしまっているようなので、これがずっと公開され続けたら問題になったかもしれません。内容はただのおしゃべり動画ですが、それでも13歳未満の子どもが年齢を偽って動画をアップするのは問題です。

実際に年齢を詐称してアカウントを作れる体制を見直さないといけないのですが、そういえば中学生のアカウントがツイッターにも登場しているので、年齢制限って難しいのだと思いますね。彼らは中学生ではない可能性も高いんですけどね…。

 

 

まとめ

小学生がYoutuberになりたいと言うのは理解できるのですが、そこにはルールがあることをしっかりと教えないといけないです。使わない、触らせないでは隠れてやるようになるだけです。なぜ小学生が動画をアップしてはいけないのか、なぜ危険なのか、しっかりと伝えられるようにしていこうと思った出来事でした。