いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

コロナウイルスすら利用しろ!インフルエンサービジネスに思うこと

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191213191011j:plain

やはりというべきか、コロナウイルスでブログ書けというインフルエンサーが出てきましたね。こうした発言があると、その発言に対して賛成・反対というものが出てくるわけですけど、いつも賛成するのは変わらないメンバーなんですよね。

もしくはお仲間が賛成していれば、自分は沈黙するだけという最悪な状態になるわけです。そんなインフルエンサービジネスについて、今までも以下のようにいろいろ書きましたけど、最近見られる傾向について書いてみたいと思います。

 

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

www.gerge0725.work

 

 

稼げれば何でもいいという思考回路

コロナの件がまさにそうなんですけど、稼げればいいという思考が多いんですよね。ノートの値段がどんどん上がる、 Brainも同じでどんどん値段を上げてくわけですよ。誰が書いてましたけど、中身が変わらないのに値段だけあげるっていいのっていう話なんですよね。

商品の価値は変わらないのに、値段を上げるってどういうことだと思いますよね。まあそれでも買う人がいるから仕方がないといえば仕方がないです。ただBrainを批判している人がBrainで商品を販売してたりするので、この界隈の人達の思考回路は本当に信じられない所が多いです。

今回のコロナウイルスの件もまさにそうした考えですよね。コロナで書けば PV が集まるというわけですよ。さらにその主張をかばうかのように、「海外の情報を翻訳したら役に立つよね」みたいなフォローする奴がいるんですよね。

まずその海外の情報があっているかどうかもわからないし、その翻訳が本当に正しいかどうかもわからないですよね。みんながそんなことをやりはじめたら、間違った情報がどんどん拡散する可能性高いじゃないですか。

いわゆるデマですよね。原発の時にその危うさを感じなかったんですかね。あの時海外の情報だとかなんとか言って、信頼できない情報が普通に回ってきましたよね。メールでも来ましたよ。親戚から送られてきたこともありました。

一般に知識がなければ、情報が正しいかどうかの判断はできないはずですよね。そういうところを考えて発言しないといけないのに、何も考えずに言っているわけです。正直デマを生産するとしか考えられません。

そういえば少し前に Twitter でも話題になってましたけど、子供の事故死を記事にしている人もいたんですよね。「いやこんなことよく書けるな」と Twitter で話題になってました。それでもお金稼ぎたいんでしょうね。

 

責任転嫁が大得意

この話もですね、少し驚いたんですけど、あの血液クレンジングの人ですね。自分が流したデマよりも、コロナで流されたデマの方がまずいとか言いはじめたんですね。「いやいや、コロナの話であなたのことが免責されてるわけじゃないから」と思うんですけど、そういう感覚はなさそうです。

ステマ問題っていうのはネットビジネスではかなり多く見られるわけですけど、その問題を責任転嫁したらいけないんですよね。「自分は知らなかった」では済まされないですよね。報酬をもらったらとくにダメなわけですよ。

インフルエンサー同士で戦っているけどどっちもどっちの場合も

こういう問題が起こるとですね、別のインフルエンサーがいきなりたたきに来るわけですよ。しかしもどっちもどっちだっていう時があるんですよね。「お前がいうな」っていう感じのことがあって、まあほんとにインフルエンサー界隈というのは闇だなと思います。

Brainが出た時に「なんでこんなので稼いでるんだ」と言ってた人が、普通にBrainで教材売ってますからね。指摘されたら「実験だ」とか訳のわかんないこと言ってましたけど、結局同じ穴の狢なんですよね。ただ立ち位置が違うだけという感じです。

人間誰しもお金が欲しいのは間違いないんですよね。でも最低限のルールは守りましょうよ。批判するなら、自分の立ち位置がはっきりさせましょうね。炎上ビジネスだと言いながら炎上して稼ぐのはやめましょうよ。本当にそう思います。

 

それでBrainはどうなりましたか?

インフルエンサーと言えば最近始まったBrainですね。みなさんこぞって教材を売りに走りましたね。その様子を見ていてどうしようもないと思ったんですけど、健全化に向けて動くらしいですよ。

 

健全化するって何するのって思うんですけど、事前審査をするみたいなんですよね。さらに全コンテンツをチェックすることもはじめるようです。実際にアカウントを BAN されてる人が出てきています。

さてここでお友達はどうなるんでしょうか。以前に「いい加減煽りタイトルはやめろ」と運営から言われ、タイトルだけを変えるという情けない対応をしていた人がいましたけど、そういう人は残り続けるんですかね。

健全化するというのはいいんですけど、何が「健全」かかを定義しないから、まったく見えないんですよね。そもそも目的が知識の共有なわけですよね。はたしてあの教材の中で知識と呼べるものがどこまであるのかですよ。

「その情報ってネットで拾ってきただけじゃねーか」っていうようなものもあるわけですね。あとエロコンテンツめちゃくちゃ多かったですけど、どうもアカウント BAN されてるみたいですね。やっぱり決済会社からクレーム来たみたいです。

 

あの決済を行う会社は情報商材に厳しいみたいですね。それでアカウントを消す依頼がきて消しているようなんですけど、結局決済会社がルール作ってますよね。運営は何を考えてんだっていう話にならないですかね。

エロも知識の共有なのであれば、別の決済会社を使えばよいだけですよね。だから運営は結局何を共有したいのかよく分からず、そのルールを決めているのが決済会社という笑えない状態にあるわけですね。どうすんでしょうね。

 

まとめ

あいかわらずのインフルエンサービジネスなわけですけど、 いつまでそんな事やるのって思うんですよね。結構インフルエンサーでいるのも大変で、自分でしっかりビジネスやらないとたぶん駄目ですね。最後まで続いていかないです。

まあそうした不安が「コロナでもブログかけ」なんて話になるんでしょうけど、人の道を踏み外さないように自分は生きていきたいなという風に思います。コロナウイルス実体経済にも影響は出ていますけど、頑張りましょう。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu