いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

40代になると人生で積み上げたものが問われる

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20191130212913j:plain

木村幹先生にさまざま言われてしまっている大学生ではありますが、まだ彼は20代であります。これから勉強していくことになると思いますが、審判のように登場してジャッジをしても、ろくなことは無いということは覚えておいた方がよいでしょう。

そんなことをするよりも、とにかく勉強する方がよいです。せっかく大学生なんですから、ただひたすら勉強すべきですね。そんな風に思わせてもらった1連のやりとりなわけですが、自分は今40代です。

40代になるとどういうことが起こるかというと、今までの人生が問われる年齢になってくるわけです。つまり甘えが許されないんですね。30代でも甘えられないだろうと思うかもしれませんが、30代がまだ若いという認識もあるんですよね。

30代でも管理職になって、どんどん仕事をしている人もいますが、まだ上がいるわけです。40代も上がいるわけですが、40代は会社の中心になっている年齢なんですよね。

そのため40代でどういう評価を受けているかというのはとても重要だと思います。しかしその評価は、40歳の頑張りによって判断されるわけではありません。20代、30代の努力が40代で評価されていると最近本当によく思うわけです。

それでちょっと人生を振り返りながら、どんなことがやれたかなと書きたいと思います。おそらく誰も関心ないと思いますが、勝手に書きます。

 

20代はひたすら勉強だった

私の20代は研究でした。大学院の博士課程まで行っていたので、仕事よりも研究だったわけです。そもそも大学は理系の大学に行っていて、数学の勉強してたんですけど、なぜか政治系の勉強がしたくて、文系の大学院に行きました。

文系の大学院でも自分なりには勉強したと思いますが、研究者の域には到達しなかったので、そのまま研究職は諦めました。しかしこの時勉強したことというのは、今もかなり生きています。

何が生きているかというと、知識ではなく、勉強の仕方や考える方法だと思います。そうしたものを学ぶことで、社会に出てからも役立つわけです。そのため本当に勉強して良かったと思っています。

 

www.gerge0725.work

 

 

30代で仕事と子育てを頑張った

30代は結婚もして子どももできたので、研究ではなく仕事と子育てのほうに行きました。ブログもはじめました。20代の頃もブログを書いてましたけど、そのブログはすでにありません。このブログは2009年からのものなので、ちょうど30代にはじめたものです。

仕事をするといっても、開業してフリーランスでやっていただけで、とくにどこかの会社に勤めたわけでもなく、フリーターに近い仕事環境でした。色々と仕事をもらいながらやっていたんですけど、限界を感じたんですね。

限界を感じたっていうのは稼ぎ続けられないという意味ではなく、稼ぎが上がっていくというイメージがなかったわけです。稼ぎが上がっていかないとこれからすごく大変になるなと思って、事業をはじめることにしました。その事業が40代に続きます。

40代は今までの人生が問われている。

そういう風に考えると40代で事業をはじめていて、今までやってきたことがすべて問われているような気がします。40代になって稼げる金額は上がっているとしても、それでもさらに稼ぐ必要があるわけですね。

しかも会社を経営する方になるということは、人の給料を払う必要があるわけですから、相当大変です。自分が事業を回していく必要もあるので、さまざまな可能性を探りつつやっていかねばなりません。

はっきり言って苦しい部分もあるしツライこともたくさんあります。でもいろいろな人に支えられてやって来れています。こちらのブログは、匿名でやっていますが、実名でもいろいろやっていて、連載や出版をするようになりました。

そうすると今までの経歴ややってきたことが、人に見られるようになるわけですね。そうした時に人からどう見られるかというのはほとんど考えてこなかったんですけど、最近は自分が外に出ていろいろ連載などをしている関係上、自分のキャリアというものがどうやって人に見えるかがよくわかったんです。

その結果は自分が思っていたよりも評価していただけることが多くて、嬉しい限りなのではありますが、キャリアという意味で積み上げるってことを意識してやってきた成果ではあると思います。

とは言え、人に評価されるということは、人の評価に応える必要があります。そのためには今までの蓄積だけでは足りません。常に勉強していかなければダメだと実感があります。

若い時にどれだけ学べるかがとても重要です!!

それで今40代を迎えて本当に思うのは、若い時に学ぶっていうのがすごく大切だと思うんですね。脳が若いというのもありますし、若い時の方が時間があります。大学生はとくにそうです。YouTubeなんか見ている場合ではありません。

20代でがんばっている人といない人は、20代ではそんなに目立たないんですけど、40代になると如実なさが出てきます。

全然勉強してきてない人は、一緒に話していてもほとんど愚痴しか出てこないという最悪の事態になります。勉強して積み上げていくと、話していても楽しいわけですね。

こうしたことが若いときにはわからないわけです。だから40代の自分はあえて言いますが、若い人は勉強したほうが絶対によいです。勉強の必要性だけは間違いなくいえます。人脈を作るとかそういう変なことをしないようにしましょうね。

 

まとめ

ここまで「お勉強がんばりましょうね」という話をしてきましたが、40代の方々は皆さん共感してくれると思います。勉強というのは別に学校の勉強ではなくて、仕事の勉強でもよいわけですね。そこで積み上げてきたもの学んできたものが、40代になるとかなり問われます。

40代でそうした積み上げがない人は、リストラの対象になってくるわけですね。ずっと会社に勤める時代ではなくなったというのは、能力のある人にとってはよいかもしれませんが、そうでない人にとってはツライ時代です。

自分がすごく能力があるとは思わないですけども、それなりに頑張ってきたら評価してくれる人は必ずいます。とにかく少しずつでもがんばって勉強しましょう。若い人はとくに頑張ってください。

 

noteでネットニュースマガジンを連載しています。ツイッターで見られる面白い話がチェックできます。初月無料なので中をのぞいてみてください。

note.mu