いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

満員電車席取り合戦

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190226094920j:plain

今日も満員電車お疲れ様です。電車によっては手も動かせないことありますね。そういう時は痴漢と間違われないように両手を上げるに限ります。そうしないと本当に危険ですから。痴漢に間違われた時のための弁護士サービスもあるので、契約しておいた方が良いかもしれないですね。以下のサイトだと月額980円。安いぜ。

keiji.vbest.jp

さて席取りの話に戻りますが、みんな早いです。席が空いたら駆け込んでいきます。前から乗っているのに後から来た人が座れると「クッソ、今日はついてないぜ」と思ってしまいますね。まあでもそれは良くあることです。あと微妙に隣の席にはみ出している人いますよね。ちょっと太っている方。体が大きいから仕方がないのですが、そのちょっとした空間を狙って、誰が座るかと様子を見ている乗客たちがいるわけですよ。それで勇気がある人がちょこっと座る。背もたれは利用できません。そこまでして座りたいのかと思うかもしれませんが、みなさんお疲れです。少しでも座りたいのでしょう。

気持ちは分かります。私も座りたい時あります。それで目の前で大きな口をあけていびきをかいている人も見るとですね、「口の中に水を入れたらどうなるのだろう」と変な妄想に駆られてしまいます。満員電車怖い。

座ったら座ったで寝ている人いるわけですよね。朝はあまりいないですけど、かなりこちらに寄ってきます。あとひじで攻撃してくる人。「スペース考えてくれ!!そんなに肘出したら痛いぞ」。私の心の声であります。

満員電車なのですが、優先席はあります。私はいつも優先席には座りませんが、座っている人はいます。そこに体が不自由な人が来て、誰が席を譲るのかと見ているのですが、だいたい譲らないですね。譲るつもりがある人は座らない(笑)。定番の寝たふりですね。さっきまで起きてましたよね…。それでだいたい座れないですけどね。結構面白いのが、外国人がいるとですね、「あなた席譲りなさい」と言ってくれるんですよね。なぜか外国人に言われると素直に席を譲る日本人。こんな現象が日々繰り返されています。

満員電車でさらに困っているのは子供連れの方ですね。確かに大きなベビーカーで乗ってくると場所が取られるので嫌がられます。これは個々の乗客の問題ではなく、スペースの問題ですので、行政や鉄道会社が解決すべき問題です。東京都では以下のような話が出てきているようです。まあ小池さんにどこまで力が残っているのかは分かりませんが…。

 

調査によると、多くの親が、電車・地下鉄に子連れで乗ることを断念した経験があるといいます。主な理由は「車内が子どもにとって安全でないから」「子どもが騒ぐから(迷惑に思われるから)」といったもの。混雑している車内では、抱っこひもで抱いても押しつぶされそうになり、ベビーカーは「邪魔」という扱いを受けやすいという声が。小学生になっても身長が低いことなどから、子どもが押しつぶされることがあるのだそうです。

 そもそもエレベーターなどの設備が充実していないことで電車での移動を断念したケースや、車内での嫌がらせの標的にされたというケースも挙がりました。特に満員電車ではストレスを抱いている人が多いため、子連れに対して舌打ち、怒鳴る、押すなどの行為に出る人もいるのだといいます。

 8割以上の人が「電車や地下鉄に『子ども優先スペース』や『子ども車両』のような取り組みが必要だと思う」と回答(「必要」「どちらかといえば必要」の合計)。「ラッシュ時にベビーカーや車いすのためのスペースを設けた方がいい。通勤者は『迷惑』というが、通勤者が通園や障がいのある人より優先される理由はない」「施策の実現によって一般からの理解度は上がる」といった声が寄せられました。

 

nlab.itmedia.co.jp

はっきり言ってあの満員電車で「お互いの配慮」では限界があります。専用車両を作るなどして対処すべきですね。そもそもですね、あの満員電車を何とかしたいですよ。ワークライフバランスとかの前にこっちではないですかね。みんなイライラしているので社内の雰囲気は悪いし。

「満員電車ゼロ」も小池知事の公約だったわけですが、なかなか実現されないですね。そもそも満員電車ゼロとは混雑率が100%のこと。でも国交省は150%を目標値にしているようです。それが目標とは、国交省…。

さて以下の記事ではさまざまな路線の混雑率とその解決策が示されている(この記事の筆者は混雑率120%が目標)。ここでは東西線を例にとってみよう。東西線は混雑率199%で日本一だそうだ。単純に定員の2倍の人を運んでいるわけです。辛いです、東西線

現在の東西線は定員の2倍を運んでいるので、混雑率100%にするには今の倍の本数が必要だ。120%なら18本増の45本運転。これは複々線化が実現していれば可能だったであろう数字である。

toyokeizai.net

辛いですねえ、東西線。目標値を達成するにはどの路線も厳しいようです。席取り合戦を行わないで済むように会社の近くに住むか、時間をずらすかしかないのかもしれないですね。まあしかし、席取り合戦すらできる状況にないのが、東西線のような気もしますが…。東西線を利用されている方はどう思っているのでしょうか。

 

スポンサードリンク