いつか朝日が昇るまで

子育て、受験~ビジネス、夫婦関係まで日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんのこれからの人生のヒントになればと思います。

MENU

長男は小学生、次男は年少さんになりました

f:id:gerge0725:20190210141702j:plain

子供の成長は早いもので、長男は小学生、次男は年少さんです。育児はまだまだ大変で特に最近私は忙しいので、妻がワンオペ育児となっています。

4歳の次男は反抗期らしく、妻を叩いたりして暴れています。反抗期、何回あるんだね(笑)。子育てというものは休みがありません。しかも両方男子ですからエネルギーに溢れています。

benesse.jp

私は教育関係の仕事をしているので、小学校の授業も気になって授業参観にも行ったのですが、音読はみんなでやるんですね。声がそろっていると「よくできました」なのですが、ちょっと目的が違うのではと思います。

集団で何かをすることは必要ですが、小1はレベルに差もありますから、違うやり方があるのでは無いか、また、音読は各自が遅くても早くても読めるようになることが大切だと思います。 ただ1クラス30人ぐらいで、なかなかそんなことはできないのは分かります。個々の先生の問題ではありません。学校だけで解決することもできません。社会としてしっかり考えた方がよいです。

あと学童が大不評です。最初ボランティアなら仕方ないと思いましたが、給料出てますよね?最近、アルバイトの炎上案件がありましたが、学童も動画で撮ったら炎上するレベルです。子供たちに怒る態度がひどすぎて、子供が学童に行けなくなったとか。働いている親御さんはどうするのでしょう。じゃあ民間の学童にという話もありますが、月謝高過ぎ。働いてる意味無いよねとなりかねません。

小学校によってさまざまだとは思いますが、住む地域は慎重に選ばないといけないですね。保育園の件で思いましたが、小学校もそうでした。この少子化の時代でも、学校によっては1学年8クラスなんてところもあります。教室が足りずにプレハブで授業。運動場が狭いので運動会は大変なことになっています。

あと幼稚園や保育園でどのような教育を受けてきたのか分かりますね。これ、学校の先生大変だろうと。なんでも自由という教育を受けてきた子どもが多いと、授業中の立ち歩きも多くなります。それで先生の方がダウンしてお休み。先生が代わるということもあります。また幼稚園はひらがなも含め、足し算や引き算も教えてくれるところがありますが、保育園ではそんなことはありませんので、最初は差があるようです。

保育園時代は当然ですが、働いている親同士の付き合いなのですが、小学校に行くと働いていない親御さんもいますから、価値観の相違があったりもします。また、「保育園組は乱暴」みたいな偏見を持っている方も。まあ偏見ではなく、実際に乱暴な子もいるわけですが、こうした保育園VS幼稚園という戦いも小1ではあるわけです。

学校の先生は何か問題があったときはすぐに電話をします。けがしました、けんかしましたなど先生は名前を言わないのですが、子どもに聞けば誰にやられたのかすぐにわかってしまいます。それで菓子折りを持って相手の家に謝りに行くわけです。知っていると親なら問題ないのですが、女の子の場合はいろいろと問題ありますね。男子の親はとにかく謝る練習をしておいた方が良いでしょう(笑)。

こんな日々を送っていますが、なんとか生きています。人を雇って事業をしているので、自分の給料よりも社員に給料払うのでお金ないです(笑)。本業以外も頑張らないという今日この頃です。今日も更新できてよかった。いつまで続くかな(笑)。

 

スポンサードリンク